服に興味のなかった友達を秋服で全身コーデ。女の子から「お洒落だね」と言われたらしい

今年の夏に、大学時代からの友達の服装を全身コーディネートしてあげました。

 

これまで何度も話題に出てきているし、きっとこれからも出てくるので、今後はO君と呼ぶことにします。

 

9月に入って秋の気配が近付いてきたので「そろそろ秋服でも買いに行こう」と声を掛け、今度は吉祥寺のGUへ。

夏服に引き続き、彼に似合う秋服を全身コーディネートすべく買い物へ出掛けたのでした。

 

それが2週間くらい前の話。

9月も終盤に差し掛かって気温も下がってきました。

そろそろ買った服を着れる頃かな、なんて思っていると、彼からこんな連絡が届きました。

 

 

スポンサーリンク

O君、人生で初めて女の子から「お洒落だね」と言われる

唐突にそんな連絡をくれた彼に会うと「そうそう、あの連絡をしたときなんだけど」と話し始めます。

 

「あの連絡を送ったときは人といたんだけど、人生で初めて「お洒落だね」って言われてさ」

 

O君、人生で初めて女の子から「お洒落だね」と言われる。

彼は性格がいいので、ぼくとは違って男女複数人のワイワイとした飲み会にもたまに顔を出すそう。

 

その場にいた女の子はもちろん、男友達にも「お洒落だね」と言われたという報告を、コーディネートを組んだぼくに報告してくれたのでした。

 

O君、今まで以上に顔がイキイキしていました。

そしてぼくも、彼に似合うような全身コーディネートを提案した甲斐をとても感じた瞬間でした。

 

「着る服に気を遣うと、何だか変われる可能性があるんだなって思った」

 

今まで色々な話をしては「でも結局、俺にはできない」とネガティブな思考に陥ってしまうことの多かった彼。

そんな彼からこの言葉を聞けて、ぼくは何だかとても嬉しかったです。

 

まさにそんな可能性を感じてみて欲しかった。

「どうせ無理」なんていうのは自分が思っているだけで、ファッションは自分を変えるきっかけになる。

それを確かに感じてみて欲しかったんです。

 

スポンサーリンク

ファッションはコスパの高すぎる自己投資だと改めて思った

O君に提案した秋の全身コーディネート

少し服装にこだわってみると、自分でも「今日はいい格好をしているな」と胸を張って歩けたりする。

それを周りの人に褒めてもらえると、少しずつ自信にだってなってくれる。

 

周りの人に褒めてもらえると、服装に気を遣うことが楽しくなってくる。

ポジティブな循環を繰り返して、確かに自分のことを好きになっていける。

 

ファッションって、そんな循環を回す最初のきっかけになってくれます。

改めて考えてみると、これってとんでもなく費用対効果の高い自己投資だな、と思いました。

 

ちなみに今回、ぼくがO君に提案した全身コーディネートの場合なら・・・。

 

【コーディネート詳細】

・アウター: ライトカットソージャケット (1,609円)

・シャツ: オープンカラーシャツ (2,149円)

・ボトムス: レギュラーチノ (2,149円)

 

※全てGUの商品 (ジャケットは大型店限定)

※靴はO君私物

全身コーディネートを計5,907円で組むことができる。

正確に言うとチノパンは夏に買ったものを履いているので、秋服の購入品はジャケットとシャツだけ。

 

多くても数ヶ月に一度、季節の変わり目に5,000円ちょっとの出費をして服を買う。

たったそれだけでポジティブな循環が回り始めて、少しずつ自分に自信を持てるようになれる。

 

そう考えると、ファッションって本当にコスパの高すぎる自己投資だなと改めて思いました。

 

夏のビフォー写真と比べてみると、こんな感じ。

今回も彼がお店で見て気に入っていたライトカットソージャケット (黒とネイビーを2色買いしていた)を軸にコーディネートを提案。

 

GUではテーラード型のジャケットが何種類か販売されているので色々と着てもらいました。

その中でも彼の体型的にライトカットソージャケットが最も似合っていたんです。

 

その人にとっての似合う、似合わないを真剣に考えた上でコーディネートを提案する。

相手としっかり向き合って提案をすることは、ぼく自身にとっても楽しい経験です。

 

もはや当ブログの常連ゲストとなりつつあるO君。

 

彼がファッションを通じて自信を持てるようになるのなら。

ぼくはコーディネートの提案を通じて応援させてもらえたら、と思っています。

The following two tabs change content below.
岩橋康太 aka タワー

岩橋康太 aka タワー

就職浪人からファッションブロガーに華麗なる転身を果たすも、Youtube、instagram等の新しいSNSの流れに乗り切れずジリ貧に。
2020年再起をかけて、代官山のセレクトショップ SAMVAスタッフ、ファッションブランド STOF営業見習い、ファッションブロガーの三足のわらじを履き直した25才。よろしくどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

この記事を読んだ人におすすめ