NIKEのAIR MAX 98を購入。サイズ感や履き心地をレビュー

歩きやすい、真っ黒なスニーカーが欲しいな。

ずっと前から同じことを、ずっとずっと思い続けているのですが、なかなか理想のそれに出会うことはできないまま。

 

HOKA ONE ONEの「TOR ULTRA LOW」はめっちゃいいなと思いながら見ていたのですが、定価は35,000円とやや高め。

頑張れば買えないこともないのですが、そもそも今は新品じゃなかなか手に入らない様子。

 

だからといって中古で探してみても、人気で一時期プレミアが付いていたスニーカーなだけあって、定価とほぼ変わらず。

そこまでして欲しい訳じゃないからな・・・と断念。

 

個人的なこだわりですが、黒いスニーカーって日に当たると紫っぽく見えるメッシュ素材を主としたものはあまり好きじゃなくて。

かといって、真っ黒すぎてギークファッションっぽいゴツゴツしたデザインのものも好きじゃなくて。

 

見た目や素材感に対するこだわりがあるのですが、それをクリアするスニーカーはなかなか現れず。

まあ、すぐにでも欲しいと思って探している訳じゃないし、いいか。

 

なんて思っていたら足元はいつも適当で、買い替えてまで何年も愛用しているiroquoisのスリッポン一択になっています。

 

そんなこんなで、特に探している訳でもなかった黒いスニーカー。

なのに、少し前に行ったリサイクルショップで「これ格好いいな」と思える黒スニーカーに出会い、気に入ってサッと購入しました。

 

スポンサーリンク

Supremeとのコラボモデルも存在するNIKE「AIR MAX 98」

皆さんお馴染み、NIKEのAIR MAXシリーズより「AIR MAX 98」を購入しました。

定価だと13,000円前後っぽいのですが、状態もなかなかいいままで、トレファクスタイル高円寺店にて5,000円くらいで入手。

 

個人的にですが、スニーカーにしても何にしても、あまりにも綺麗なものって何だか使いづらいと思ってしまいます。

なので、こうやって一度人の手に渡ったものだと、状態を気にしすぎる必要もないので、ガンガン履けてしまったり。

 

もちろん新品を買うこともあるし、何ならリサイクルショップで靴を買うのって少し抵抗があったりもするのですが、今回購入したAIR MAX 98は状態もいいのでよし、ということで。

 

買ってから知ったのですが、AIR MAX 98はSupremeとのコラボモデルも存在するみたいですね。

パッと調べてみた感じだと、全てのパーツが真っ黒になって、部分的によりテカテカとした素材のパーツが採用された作りになっているみたいです。

 

ソールが赤いのは格好いいなと思いますが、個人的には外観も通常のAIR MAX 98の方がタイプかもしれません。

 

都会的なデザインと同居する少しの古臭さが可愛らしい

全体的なデザインを見ても、ちょっとだけ古臭い雰囲気が漂っています。

名前に「98」と付いているだけあって、1998年に初めて発表されたのであろう、AIR MAX 98。

 

今から22年も前になる訳で、それなら少しの古臭さを感じることにも納得です。

エアマックスシリーズならAIR MAX 95が人気ですが、こちらの98はそこまで人気のモデルではなかったらしく、今に至るまでも復刻はあまりされていないそう。

 

余談ですが、ぼくは以前AIR MAX 95を購入していますが、こちらはサイズが小さくて既に手放しています。

ぼくはサイズが小さい靴を履くと、すぐに足の親指が圧迫されて陥入爪になってしまい、痛い思いをしてしまう。

 

AIR MAX 95も少しきついかな?と思いつつも数ヶ月履き続けていたので、またまた陥入爪になって病院で切ってもらうハメになりました。

NIKEのスニーカー全般に関するサイズのことも後述しますが、サイズの小さい靴を無理して履くことは本当にやめた方がいいですね・・・。

 

シュータンには小文字で「airmax」の文字が斜めには入っています。

あえて斜めに入っているのも、とっても可愛い。

 

後ろから見ると、一筋縄じゃいかない曲線とデザイン。

 

かかとにはAIR MAXシリーズを象徴する「AIR」の文字がしっかり入っています。

 

ソール全体にエアーが入った贅沢な作りで、歩きやすさも抜群

NIKEの「AIR MAX」シリーズはその名の通り、ソール部分に空気が入っていることにより、足に掛かる負担を減らして歩きやすく、疲れにくくしてくれる機能がありますよね。

 

足への負担を軽減するエアソールも、特に負担の掛かるかかと部分に大きく配置されているAIR MAXシリーズのスニーカーはよく見かけます。

対して、AIR MAX 98のようにソール全体にエアーが配置されているモデルは少ないみたいですね。

 

もちろん、歩きやすさは抜群です。

自分でも無意識のうちにヘビロテしてしまいそうなくらい、軽くて楽な履き心地で、とっても歩きやすい。

 

かかとにたっぷり入ったこのエアーが、足に掛かる負担を軽減してくれる。

ぼくみたいにリサイクルショップなどで中古で買うときは、このエアーが破裂していないかを注意して確認することが必須です。

 

靴の裏は意外とシンプルなデザインになっています。

真ん中に配置されたNIKEのスウォッシュマークも、どこかレトロな雰囲気が残っていていいですね。

 

ソールもあまり削れておらず、状態がいいままで5,000円。

AIR MAX 98が元々あまり人気のなかったモデルだからなのかもしれませんが、状態が良くてこれはお買い得でした。

 

個人的にNIKEのスニーカーは通常+1cmでちょうどいいサイズ感

スニーカーを1周しているラインは、光に反射する仕様

ぼくは少年時代にサッカーをやっていました。

当時からスパイクを買い換える機会があれば色々なメーカーのものを試して、自分の足に合うものを探して。

 

NIKEのスパイクって割と安い価格帯のものが多かったので愛用する機会も多かったのですが、他のメーカーとはどうやらサイズ感が違うんですよね。

それはサッカースパイクに限らず、大人になった今、何足かNIKEのスニーカーを履いてみても思うことです。

 

というのも、表記されているサイズよりも体感で0.5~1cmくらい小さいように思っています。

ぼくが普段、他のメーカーのスニーカーを選ぶときは28cmが基本。

 

対してNIKEのスニーカーは、今でも持っているエアハラチにしても、手放してしまったAIR MAX 95にしても、0.5cm大きい28.5cmを履いていても、少しきつめ。

ということで、ぼくの場合、他メーカーのスニーカーを選ぶときよりも1cmアップして、NIKEの場合はどうやら29cmを選ぶのがちょうどいいみたいです。

 

今回購入したのは、リサイクルショップに売っていたということもあり、サイズが選べませんでした。

このAIR MAX 98、サイズは脅威の29.5cmです。

 

しかし、それでも靴ズレを起こしそうなほど大きいという訳ではなかったので購入。

爪先にある余裕を見る限り、やっぱりぼくの場合、NIKEのスニーカーのジャストサイズは他メーカー+1cmということになりそうです。

 

こういうデザインのスニーカーは無理のない範囲で大きめのサイズを選んで、いわゆる「デカ履き」をしても格好よく見えてくれるもの。

感覚としては他メーカーの28.5cmを履いているときとあまり変わらないので、これでもいいのかなと思っています。

 

繰り返しますがぼくはリサイクルショップで買ったのでサイズが選べなかっただけでした。

NIKEのスニーカーを新品で買う場合は、他メーカー+1cmのサイズを選べばジャストサイズで履くことができると思います。

 

スポンサーリンク

パッとしないモデルだったからこそ、人と被りにくいAIR MAX 98

繰り返し書きますが、AIR MAX 98は発売された当初から、そこまで人気のモデルではなかったらしいですね。

意識して見ていた訳ではないので曖昧な記憶ですが、確かにぼくも街で見かけるAIR MAXは95ばかりな気がしています。

 

リサイクルショップで、数あるスニーカーの中からAIR MAX 98に惹かれたのもきっと、今まであまり見たことのないスニーカーだったから。

多くの人から支持されるモデルではなくても、ぼくはこのスニーカーのデザインが好きです。

 

ちゃんとスタイリッシュなデザインでありながら、今の時代にウケがいい少しの古臭さも持っている。

都会的な見た目でありながら、いわゆるハイテクスニーカーのようにゴツゴツし過ぎてはいないので、意外と合わせる服を選ばないのも購入に至る決め手のひとつでした。

 

コーディネート写真を撮る機会があれば、実際に手持ちの服と合わせたときのスタイルも記事にしてみたいと思います。

 

長く愛用できそうな黒スニーカーに出会えて、とっても嬉しい。

爆発的な人気を得た訳じゃないからこそ、人と被りにくいこのモデルを、たくさん履いてあげたいと思います。

The following two tabs change content below.
岩橋康太 aka タワー

岩橋康太 aka タワー

就職浪人からファッションブロガーに華麗なる転身を果たすも、Youtube、instagram等の新しいSNSの流れに乗り切れずジリ貧に。
2020年再起をかけて、代官山のセレクトショップ SAMVAスタッフ、ファッションブランド STOF営業見習い、ファッションブロガーの三足のわらじを履き直した25才。よろしくどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

この記事を読んだ人におすすめ