身幅の広い古着ニットをスッキリ着る!脇の下をモコモコさせない古着のアウター

古着のニットってデザインが凝っていて、素敵なものが多いですよね。

年代やモノにはよってしまいますが、上質な素材を贅沢に使っていたり、肉厚で温かいのも魅力のひとつ。

 

だからぼくは古着のニットが大好きでよく買い集めているのですが、唯一「なんとかならないものか」と思っているのが身幅の広さ。

当然ながら、海外古着はその国に住む人たちの体型に合わせて作られています。

 

日本人よりも体の大きいアメリカ人のために作られたアメリカ古着のニットは、Sサイズでさえ身幅が余ることも多々ありますよね。

加えてここ数年は大きめサイズの洋服をダボっと着る「ビッグシルエット」が人気なので、古着屋さんで手に入るニットも大きめのものが多くて。

 

ニットを単体で見たときに、デザインが可愛いのはいいんです。

ただ、気温が下がってアウターが必要な時期にもなると、当然ながらニットの上から羽織れるサイズ感のそれらが必要になってきますよね。

 

古着のニットを大きめでダボっと着ることを考えると、着れるアウターの選択肢はグッと狭まってしまうもの。

特にタイトなアウターを上から羽織ったりすると、脇の下にニットの生地が集まってモコモコしてしまいます。

 

個人的にはあの感覚が苦手で、何とかならないものかとずっと思っていました。

そうして考えていたのですが、解決策としてはやっぱりアウターも古着でビッグシルエットのものを選ぶしかないんですよね。

 

スポンサーリンク

吉祥寺の古着屋さんで購入した、一生脇の下がモコモコしない最強アウター

「大きめサイズのニットをスッキリ着れる古着アウターはないかな」

漠然とそんなことを思いながら、吉祥寺の古着屋さんを何件か巡っていました。

 

そしてたまたま入った古着屋の「Dracena」さんで出会って、一目惚れして購入したアウターがこちら。

 

身幅が広めに設計されている、正方形に近い丸っこくて可愛らしいシルエット。

全面にコーデュロイのラインが入った不思議なデザインも、触れずにはいられない素敵な魅力のひとつ。

 

フロントのジップも同じデザインになっているので、パッと見ると「もしかしてこれ、全部ジップになってるの?」

なんて思いますが、他は全て装飾です。

 

もし全部がジップになっていたら、学生の頃にクラスで1人は持っている人がいた、永遠にジップを開け続けられる筆箱のように癖が強かったかもしれません。

こういうの、何だか懐かしいですね。

 

フロントジップの通り道には、謎のチンストラップが配置されています。

色味やパリッとした生地感こそ本格的なミリタリー系古着に近いものを感じますが、こちらは良い意味で無駄な装飾がたくさん。

 

なので軍モノではないことは間違いありません。

非常に遊び心のある、海外古着らしいデザインが素敵です。

 

古着ニットをスッキリ着るには、身幅広め&脇下にボリュームのあるアウターを選ぶ

そしてここが、身幅の広い古着ニットをスッキリ着るために重要な最大のポイント。

このアウター身幅が広めに作られているのはもちろん、脇下のボリューム感が異様なまでにたっぷりあるんです。

 

とは書いても、実際に着た写真の方が分かりやすいので載せてみると・・・。

 

【コーディネート詳細】

・イージーパンツ: 古着

・スニーカー: Danner

こんな感じです。

もはやモモンガのようなシルエットをしています。

 

ここまで脇の下にボリュームがあると、リュックを背負うときに不便なのでは?とも思いましたが、実際にはそこまで問題もなく。

 

極端な例を挙げれば、ぼくはここまで身幅が広く脇の下にボリュームのあるニットも持っています。

このニットですら、今回ご紹介したアウターのインナーとしても余裕で着れてしまうレベルの身幅の広さ&脇の下のボリューム感。

 

ジップを閉めて着ると、普段はこんな感じ。

 

開けて着るにしても、襟を立てたときも、折ったときも個性的かつ格好いいシルエットをしています。

 

【結論】古着ニットをスッキリ着るには、アウターも身幅広めの古着を選ぶに限る

素敵なデザインや可愛らしいシルエットが魅力的な古着のニットですが、一般的なブランドのアウターとの相性はイマイチ。

アウターの方が身幅こそ狭くても、脇の下がモコっとする感覚さえ気にならないのなら、問題はないのかもしれません。

 

しかし、どうしてもそれが気になってしまう身としては、やっぱり古着ニットを着るならアウターもビッグシルエットの古着を選ぶしかないと改めて思いました。

 

この記事でご紹介したアウターの場合はジップの内側にボタン穴があるので、サイズの合うものを探せばミリタリー系のライナーも装着可能なよう。

単体で着るとライトアウター感覚で秋に活躍しそうな生地感ですが、ライナーを装着すれば真冬でも頼りになってくれそうです。

 

スポンサーリンク

吉祥寺の古着屋「Dracena」は一癖ある服が好きな人におすすめ

今回ぼくがこのアウターを購入したのは、吉祥寺の古着屋「Draena (ドラセナ)」さんでした。

吉祥寺にある多くの古着屋さんの中でも、一際綺麗で広いお店です。

 

そんな店内には、これまで古着に手を出したことのない方でも気軽に着れるようなベーシックなアイテムはもちろん、一癖も二癖もある古着もたくさん。

カジュアルブランドや新品の洋服にはない、「古着ならでは」の楽しさを教えてくれる素敵なお店です。

 

価格帯もリーズナブルで、シャツなら4,000〜5,000円台で販売されているものも。

今回ぼくが購入したアウターも税込で9,000円くらいと、非常に良心的なお値段でした。

 

吉祥寺に行かれた際は是非足を運んで欲しいおすすめの古着屋さんです。

他にも吉祥寺の古着屋さんを紹介している記事もあるので、こちらも併せて読んでみてください。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

ファッションブロガー。大学3年生の夏にブログ「いわタワー」を始める。4年生の夏、就活に挫折し新卒でブロガーとして独立しました。
服を通じて人が自信を持てるように応援したいという思いと、素晴らしい服作りをしているブランドの魅力を多くの人に知ってもらいたいという理念を掲げてブログを運営しています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

【無料】買い物同行サービスを始めました

ファッションを通じて人が少しずつ自分を好きになって、自信を持てるようになる過程を応援したい。

そんな気持ちから、無料であなたの洋服選びに同行するサービスを開始しました。

詳細は下記の記事をご覧ください。