ピエール中野さんプロデュース「ピヤホン2」 を買ってみたのでレビュー

音楽もサブスクで聞けるようになってから、これまで以上に聞く時間が増えました。

もちろん外で聞くときにはイヤホンを使いますが、僕はイヤホンに関する知識は多くなく、選ぶことにそんなにこだわってきませんでした。

 

価格帯もピンキリ、種類もとにかく多いので、 僕は走るときにも使えるようにと、汗や水濡れにも強い防水のBluetoothイヤホンを使っていました。

 

しかしご時世的に、ビデオ通話をすることも増えました。

そこでマイク付きの有線イヤホンが欲しいと思っていたところ、前から気になっていたイヤホンが新しく発売されたので買ってみました。

 

スポンサーリンク

ピエール中野さんプロデュース「ピヤホン2」

ロックバンド、凛として時雨のドラマーであるピエール中野さんプロデュースの、通称”ピヤホン”こと、ALPEXというメーカーから出ている「Hi-Unit HSE-A2000PN」というモデルのイヤホン。

ピヤホンには有線と無線モデルがあって、今回僕が買ったのは有線モデルの第2弾。

 

ピエール中野さんがイヤホンを作っていることは前から知っていたのですが、僕がピヤホン2を買おうと決めたきっかけはこちらの動画でした。

 

ピエール中野さんが「ミュージシャンはせっかく機材や録音環境にこだわって時間もお金もかけているのに、聞く側の環境が整っていないのはもったいない」

と言っていたことが特に印象に残ったので、それならと思って動画を見た後で即予約。発売日ちょうどに届きました。

 

僕が選んだのはシックな質感と色味が格好いいガンメタ。

 

パッケージ裏には何だか難しそうなことが書いてありますよ。

 

有線イヤホンは管理が雑だと断線しやすいらしいのですが、それを防ぐための専用ケースも付いてお値段は3,600円とお買い得。

確かに僕も、イヤホンって1年くらい使っていると、必ず右側からだけ音が聞こえなくなる経験が多かったです。

 

なかなかしっかりした作りのケースなので、耐久性には全く問題なさそうです。

イヤホンって結んだりすると特にダメージが大きそうですが、ケースがあるお陰でこのように収納することができています。

その他の付属品として、イヤホンのコードを留めて服に取り付けられるクリップ。

 

耳の大きさに合わせて使い分けができるよう、シリコンのイヤーキャップが付いていました。

 

全体的にクリアな音質で、特に低音が綺麗に聞こえる

ピヤホンが届いてからこの記事を書くまでの間、じっくりと聞いてみたのですが、個人的にはとにかく音がクリアに聞こえるイヤホン、という印象です。

ひとつひとつの音がどこで鳴っているのかが分かりやすく、これまで使っていたイヤホンと比べて、同じ曲でもより立体感を感じました。

 

音量自体も大きく、最大音量を出すと結構な迫力を感じます。

ベースの音もよく聞こえるし、ドラムのハイハットも鋭く聞こえます。

 

スポンサーリンク

曲が持つ本来の音を知り、その楽しさを味わえるイヤホン

良質なケースまで付いて3,600円と非常にお手頃だったので、正直なところ届くまではそこまで音質に期待していませんでした。

しかしこのイヤホンを通じて、今まで飽きるほど聞いてきた曲を改めて聞くと、今までは聞こえなかった音が聞こえてきました。

 

曲によっては表情がガラッと変わって、特に低音が強調されて感じただけに、凶暴性を増したように思えるものも。

そんな発見があって改めて、音楽を作る側の細部に至るまでのこだわりに感服しました。

 

「ここでこんな音が鳴ってたんだ」って発見もすごく楽しい。

いいイヤホンを使うことは、何より音楽をもっと楽しめるようになる一歩なんだなと実感しました。

 

とはいえイヤホンの世界はまだまだ奥深そうなので、これがその沼に足を踏み入れる最初の一歩になれば、より楽しいだろうなと思いました。

買いやすい値段だし、こんな時代にも便利なマイクも付いてる。

せっかく音作りにこだわっているミュージシャン側のクリエティブに歩み寄れる、素敵な思いの詰まったイヤホン、おすすめです。

The following two tabs change content below.
岩橋康太 / タワー

岩橋康太 / タワー

就職浪人からファッションブロガーに華麗なる転身を果たすも、Youtube、instagram等の新しいSNSの流れに乗り切れずジリ貧に。
2020年再起をかけて、代官山のセレクトショップ SAMVAスタッフ、ファッションブランド STOF営業見習い、ファッションブロガーの三足のわらじを履き直した26才。よろしくどうぞ。
お問い合わせはこちら

この記事を読んだ人におすすめ