自分を俯瞰してる自分を俯瞰してる、主体性のない自分

トリプルファイヤーが好きで、ギターの鳥居さんが更新するInstagramをよく見てる。

たまに、フォロワーさんから読んで面白かった本を募って、それを紹介したりしてる。

 

それが面白くて、紹介された本を半分くらい買ったりしてみた。

 

今ではNetflixやら何やらがあるから、家にいながら新しい映画や音楽、たくさんの本に出会うことができる。

あまりに選択肢が多すぎるのと、元々自分で何かを探す力がめちゃめちゃ弱いから、僕は人のおすすめを伝って新しい何かに出会う。

 

好きなミュージシャンが好きって言ってたものには、けっこうすぐに手をつける。

そうやって何かと出会うのは全然悪い方法じゃないと思うけど、時々「これって自分は、自分が本当に好きで見たり聞いたり、読んだりしてるのかな?」って思うことがある。

 

好きな、イケてるミュージシャン。

その人がシェアしてた曲だからこそ、それはいい曲だと思っているのかもしれない。

 

もしくは、その人がシェアしてた曲を聞いてる自分を、イケてるって思いたいのかもしれない。

SNSなんかを使ってると、その辺の意識がすごく曖昧で、よく分からなくなってくる。

 

僕がSNSを使いたいと思う理由って、根っこの部分ではブログと一緒で、自分が感動したものを共有したり、共感したいからだと思っています。

そのとき聞いていた曲をInstagramのストーリーなんかでシェアしたとする。

 

それは、自分が本当に格好いいと思ってシェアしたものなのか、それとも、それを聞いてる自分ってイケてると思って欲しくてシェアしたのかが、分からなかったりする。

 

そんなことばっかり考えてると、何をするにしても「今のはこう見られたいからだ」って言動が自分の節々にある。

考えすぎても、自分のことを俯瞰しすぎてもガチガチになって何もできなくなっちゃうから、あんまりよくないと思う。

 

ただ、そうやって自分を俯瞰してる自分を、これまた俯瞰してる自分がいて、もう何が何だか分からなくなったり、そんな自分を、何だか気持ち悪いなって思う瞬間がふとあります。

そうなると、SNSとは距離を置いた方がいいんじゃないかなって思う。

 

自分がいいと思ったものを、ただ本心でいいと言える人ってすごく格好いいなと思います。

それが他人から見て、例えば「センスがある」ものじゃなかったとしても、そう言える姿勢が僕は羨ましい。

 

「センスがある」とか、これももう、考えすぎても仕方がない気もしますが。

人から何を言われても、自分はこれが好きだって言えるものがあるかどうかの方が大事。

 

僕にもきっとあるはずなのですが、それがすぐに出てこないのは、そうやって見栄を張ることに慣れすぎた結果なんだと思います。

あと、何かを見たり体験して感想を求められたとき、相手の作品に対して「よかった」って言うことってありますよね。

 

そういうのを繰り返してきたうちに、いつしか自分が本当に感動するモノやコトが何なのか、よく分かんなくなっちゃた、みたいなのもあると思います。

付き合いって言ったら味気ないですが、そういうのを繰り返すうちに、嘘が上手くなっちゃったのかもしれません。

 

僕は大人になるって、そういう嘘が上手くなることも、一部含まれてるんじゃないかと思います。

別に悪い感想を抱いてはないけど、特段何も思ってなかったとしても「特に何も思ってない」って答えるのも失礼になるから、「よかった」って答える。

 

それはもう仕方ないとして、それとは別に日頃からプライベートな体験の中で、自分が何に対して心が動いたのかを、覚えておくことってすごく大事だなと思います。

 

僕が好きなことって、放っておいてもリサイクルショップやら何やらに服を探しに行ったり、レコード屋さんにレコードを探しに行くから、きっとそれらです。

ただ奇しくも、服やら聞いてる音楽やらって、外に出やすい部分な分、何だか見栄も張りやすいところです。

 

逆に、自分がそういうところで「センスがいい」とちょっとでも思われたい人間だから、そういう趣味を持ったのかもしれないけど。

インテリアとか、オーディオが好きな友達からは「服が好きなんて、分かりやすく身なりに気を遣うから羨ましい」

 

って言われることがあるけど、僕からすれば、彼らのように外から見えない、いわば自己満足100%の部分に惜しみなくお金を使える人の方がよっぽど信用できます。

 

自分では洋服を買うこともレコードを買うことも自己満足でやってるつもりだけど、それでもどこかに見栄、センス良く見られたい、みたいな部分ってあると思うんですよね。

特に聞いてる音楽に関しては、SNSでそれをシェアする瞬間なんかに、ふと思うことがある。

 

そうやって見栄ばっかり張ってる自分が、本当に好きなものって何なんだろう。

SNSを使うにしても、見栄やら何やらで考えるともう自我が気持ち悪くなっちゃって変な気分になる。

 

そんなことばっかりやってるうちに、どんどん主体性のない人間になってきた気がして怖いです。

SNSとはもう少し距離を置く。

 

もしくは、人目を気にしすぎな自分だけど、本当にいいなと思ったものしか載せないようにしないと。

これ以上、主体性がなくなったらと思うと恐ろしい。

 

ローリングストーンの記事で、ブライアンイーノが喋ってたSNSに関する話が面白かった。

紹介されていたNetflixの作品を見て、SNSっていうものについて改めて考える必要がありそう。

 

何だろう、SNSって見栄と関係してる気がして。最初は共有や共感を求めて使ってたのに。

それが無意識に見栄へ向かうと、気持ち悪い自分だなって思います。

The following two tabs change content below.
岩橋康太 / タワー

岩橋康太 / タワー

就職浪人からファッションブロガーに華麗なる転身を果たすも、Youtube、instagram等の新しいSNSの流れに乗り切れずジリ貧に。
2020年再起をかけて、代官山のセレクトショップ SAMVAスタッフ、ファッションブランド STOF営業見習い、ファッションブロガーの三足のわらじを履き直した26才。よろしくどうぞ。
お問い合わせはこちら

この記事を読んだ人におすすめ