ブログ「いわタワー」は「TOWER REPORTS」にリニューアルします

少し前に、全財産が900円ちょっとになった頃の話を記事にしました。

それからのぼくは毎日働いていて、ブログを続ける理由がお金のためじゃなくなったのは書いた通りです。

 

あの記事を書いたのは、ほんの少し前のことのような気がしていました。

それでも日付を見てみると、もう3週間くらい経っていて、気付けばその間もぼくは新しい記事をひとつも書いていなかったんです。

 

書きたい気持ちはとてもあります。

ただ、このブログを開設してからつい最近に至るまで、約5年くらい。

 

その間ぼくはブログを書く理由には色々あれど、大きな理由としては「お金を稼ぐため」そして、そのために「アクセス数を稼ぐため」として書いてきた部分があります。

働いていて、他にお給料という収入源がある今、そのためにブログを書く必要は、ぼくにはもうとっくになくなっています。

 

それでも、ブログを書けずにいること。

これには、ぼくがブログを「お金を稼ぐためのもの」として長い間考えてきたことによる、なかなか捨て切ることのできない、体に染み付いた考え方があるのだと思います。

 

スポンサーリンク

ブログでお金を稼ぐには、価値のある記事を書き続ける必要があった

「ブログでお金を稼ぐ」とは、簡単に言うなら記事を読んでくれた人に、その中で紹介している商品を買ってもらうこと。

もちろんそれだけが方法の全てではないと思いますが、主になるのはこれだとぼくは思っています。

 

その商品を買うのがどんな人かといえば、Googleなどで困っていることを検索して調べて、記事の中で解決策を見つけてくれた人。

ブログでお金を稼ぐなら、常にその視点で記事を考えることをしなければ、当然ながらやっていけません。

 

今のぼくは、もうそれをやろうとは思っていません。

それも実際のところは、ぼくが大学生の頃に起きた、ちょっとしたブログブームのようなものに乗ることのできた運のいいタイミングだったからこそ、お金を稼げていただけなんじゃないかと、正直なところ思うんです。

 

その頃に書いた記事が生んでくれる収入を元に、大学を卒業してからも生計を立てていた。

いざブログを書いてお金を稼ぐことを本業にしようとすると、実は自分に提供できる価値って何なのか、そんなものはあるのかを考えてしまって、手が動かなくなることがほとんどでした。

 

しかし、自分でその道を選んだからには、本当は書いていて自分があまり楽しくない記事だとしても、お金を稼ぐためなんだから仕方ない、と思って続けている部分もあり。

それでも、どうしても記事を書けない日の方が多かったので、昼間からお酒を飲んで1日を早く終えようとしたり、何も疲れていないのに銭湯に行って時間を潰してみたりと、一体何が何のためなんだか分からない生活もしてきました。

 

今、週5日で働いていることを辛いとは思っていないし、1週間があっという間だなとも思っています。

しかし今後、仮にもし働くことが嫌になることがこの先あったとしても、「どうせ毎日が休みになってもあの生活に戻るだろう」と思える分、仕事があるのは本当にありがたいことだと思えているので、無駄な経験ではなかったのかもしれません。

 

そこまでして続けてきた、ブログでお金を稼ぐという行為。

「この記事を読んでくれた人に提供できる価値って何なんだろう」と考えすぎるあまり、記事を書ける気がしないまま3週間近い時間が経ってしまったことに、何とも言えない気持ちを抱いています。

 

お金稼ぎのためのブログを続けてきたことによる「後遺症」とは言い過ぎなのかもしれませんが、そんなものに延々と足を引っ張り続けられている状況から抜け出したい。

 

スポンサーリンク

ブログ「いわタワー」は「TOWER REPORTS」にリニューアルします

今までぼくがブログに対して掲げていた定義が「お金を稼ぐためのもの」だとすれば、それは働き始めたタイミングで間違いなく変化しました。

それが具体的には何なのかといえば、正直なところ、ぼくにもまだハッキリと分かっている訳ではありません。

 

ただ記事を書くことが楽しかったり、なけなしになったぼくを拾ってくれた方々に、ぼくが発信力を持つことで少しでも恩返しというか、そんなことができれば、とも思っています。

もちろんそれ以前にぼくはブログを書くことが大好きなので、ブログを専業にしていた当時の後遺症が残ったまま、いつまでも手を動かせないままいることは嫌です。

 

中学生の頃にも書いていたような、このブログを始めた当初に持っていたような、純粋に記事を書く楽しさを、あの感覚をもう一度取り戻したい。

そんな思いで、このブログを運営する上で長らく掲げていた「いわタワー」というブログ名から一新、リニューアルをすることに決めました。

 

新しいブログ名は「TOWER REPORTS」です。

今後はこの新しいブログ名と共に、気持ちもリニューアルして記事を書いていければと思っています。

 

どこかで、今の若い人はもうGoogleなどの検索エンジンをあまり使わないという話を聞いたことがあります。

検索結果には、アクセス数を追求する人が書いた、信憑性の低い記事がたくさん溢れているから、ということらしく。

 

結果としてSNSで検索をかける人が増えているらしいのですが、その気持ちはぼく自身、「アクセス数が欲しい」という気持ちで記事を書く経験をしてきたからこそ、よく分かります。

ブログでお金を稼ぐ方法を知っているからこそ、「この記事はこのリンクから商品を買えば筆者にお金が入るんだろうな」なんてことも、分かってしまう。

 

それが本当に記事を読んでいる人を助けたい一心で、善意で書かれたものなら素敵だし、間違いなくお金を受け取るべきだと思います。

しかしどこかで目的が、記事を読んだ人の助けになりたい気持ちからお金稼ぎへと変わってしまった人が多かったからこそ、それが積み重なって検索エンジンを使わない人が増えるという結果になったことには、非常に共感をしています。

 

ここまで書きながら、もうぼくは「この記事は誰に価値を提供できるんだろうか」と深く考えて記事を書くことは、本当に辞めようと思いました。

さっきも書いた通り、そのスタンスでは以前のように純粋な気持ちでブログを続けることを楽しめなくなってしまうから。

 

そして何より、全く無意味な記事を意識的に書こうとは思ってはいませんが、その記事に対して価値があるかどうかは、もう読んでくれた人の受け取り方に任せてしまおうと、たった今思いました。

ということで、今までブログを本業にしていた頃に使っていた「いわタワー」というブログ名から、新たに「TOWER REPORTS」と名を改めて気持ちも一新し、今後もブログを続けていきます。

 

ぼく自身、働かせてもらっているお店でのあだ名がもはや「タワー」です。

せっかくのあだ名と、謎の「タワー」という単語との付き合いは言語とも続けるべく、「TOWER REPORTS」の筆者、いわタワーと名乗っていく心持ちでいます。

 

以上が、楽しくブログを続けていうためのリニューアルと、そのご報告でした。

The following two tabs change content below.
岩橋康太 aka タワー

岩橋康太 aka タワー

就職浪人からファッションブロガーに華麗なる転身を果たすも、Youtube、instagram等の新しいSNSの流れに乗り切れずジリ貧に。
2020年再起をかけて、代官山のセレクトショップ SAMVAスタッフ、ファッションブランド STOF営業見習い、ファッションブロガーの三足のわらじを履き直した25才。よろしくどうぞ。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

この記事を読んだ人におすすめ