ニキビや肌荒れの解消に「ロゼット洗顔パスタ」洗顔剤が超おすすめ

ぼくはちょうど1年くらい前に、突然の肌荒れとニキビに悩まされていた時期がありました。

生活リズムが崩壊していたり、寝る時間が不規則だったり、食べるものが偏っていたりといったことが主な原因だったのではないかと今では思います。

 

特別空気が乾燥している訳でもない真夏だったのですが、顔全体は乾燥してガサガサに。

同時に顔の両エラ付近を中心に大量のニキビができてしまっていました。

 

なかなかショックな出来事だったので、この出来事を機に生活リズムや食生活の見直しを行いました。

同時に見直してみたのが、普段から使う洗顔剤。

 

それまでは薬局のメンズコーナーによく売っているウーノやギャッツビーの洗顔剤を使っていました。

夏だったこともあり、顔を洗うとスースーする効果のあるようなもの。

 

しかし、肌が荒れてしまっている状況では、そういった洗顔剤を使ってみても肌がヒリヒリと痛むばかりでした。

 

スポンサーリンク

ニキビや肌荒れの解消に「ロゼット洗顔パスタ」がおすすめ

「どこかにニキビや肌荒れを改善できる洗顔剤はないものか」

そう思って色々と調べてみた結果、「ロゼット洗顔パスタ」の評判がやたらといいことを知りました。

 

それからロゼットの洗顔パスタを購入し、使い続けていると、酷く荒れていた肌や大量のニキビが徐々に目立たなくなるように。

以降、今に至るまでぼくは同じものを繰り返し購入しながら愛用し続けています。

 

かれこれ1年以上愛用し続けていることになりますが、使いはじめてからは目立ったニキビや肌荒れが起こったことはほとんどありません。

肌表面もツヤツヤにしてくれるので、肌の質感に関しても、前よりも断然綺麗になったように思います。

 

老舗メーカーであるロゼットが長年に渡って定番商品として展開している洗顔剤。

どんなモノでもそうですが、多くの人たちから長く愛され続けている商品には、それだけの理由や絶大な効果があるものです。

 

ぼくたちメンズは薬局に行くと、特に洗顔剤なんかはメンズコーナーとしてまとめられた場所の中から適当に選んでしまいがち。

ロゼットの洗顔パスタは薬局のメンズコーナーにこそ置いていませんが、どんなお店でも「洗顔剤コーナー」に高確率で置かれている商品。

 

ニキビや肌荒れにお悩みの方は是非、使ってみてください。

使いはじめてすぐに効果が出る訳ではありませんが、生活リズムや食生活の改善と併せて使い続けていると、ぼくの場合は2~3週間で肌の調子が回復へ向かっていきました。

 

ニキビに悩んでいるなら水色チューブの「アクネクリア」がおすすめ

同じくチューブタイプの洗顔パスタには種類がいくつか存在し、チューブの色によって分けられています。

ぼくはこれまでに黄色やピンク色、水色、そして写真で載せている緑色のものを使ってきましたが、それぞれに洗い上がりの違いや特徴が存在します。

 

・・・とはいえ正直な感想を言ってしまえば、ぼくにはそれぞれが持つ細かい違いまではよく分かりませんでした。

ただ、この1年で様々な色の洗顔パスタを試してきましたが、どれを使っていても今まで以上に肌の調子がよくなっていたことだけは確かです。

 

個人的にはなめらかな洗い上がりになる緑色の「海泥スムース」を気に入って愛用しているのですが、特にニキビが気になる人には水色の「アクネクリア」がおすすめ。

この2つのうち、強いて言うならぼくはニキビが気になる時期には特に水色のアクネクリアを愛用していました。

 

乾燥による肌荒れが気になるなら緑色の「海泥スムース」を。

 

ニキビが気になる場合は水色の「アクネクリア」を選んでみてください。

 

スポンサーリンク

【補足】Amazonで購入する場合はサイズ選びに要注意

レビューにもありますが、Amazonで購入する場合は商品のサイズに気を付けて選んでください。

水色の「アクネクリア」は標準サイズの120gで375円。

対して緑色の「海泥クリーム」は30gのミニサイズで324円で売られていたりと、容量に大きな差があるのに値段はほぼ同じ、という謎の現状が巻き起こっています。

 

通常、薬局に売っているスタンダードなサイズは120gです。

紛らわしければ、基本的には多くの薬局で取り扱っている定番人気商品なので、お店で直接購入することをおすすめします。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

1994年生まれの24歳。大学在学中にブログを始め、卒業後はブロガーとして独立。主にファッション系の記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?