ブランド『awaJdnS』を立ち上げました。パーカーの受注販売を行います

先日、Twitterでは呟いてみたのですが・・・実はぼく、ブランドを立ち上げました。

 

スポンサーリンク

ブランド名は『awaJdnS』

最近、ぼくが住む街に刺繍屋さんがあることを知りまして。

ぼくは個人的に刺繍の施された洋服が大好きなので、せっかくだから何か手持ちの洋服にデザインを入れてもらいたいな、と思っていたんです。

そんなことをぼんやりと思っていたタイミングでTwitterを眺めていると、Supremeの18ssアイテムがもうすぐ販売される時期でした。

 

「そういえばSupremeって、どうしてあんなにカルト的な人気を誇っているんだろう?」

ファッションのルーツがストリートにないぼくとは無縁のブランド。

ですが定価3万円のパーカーが2次市場では10万円前後で取引されているのを見て、なんかすごいな、と思っていたんです。

 

確かに3万円で買えるパーカーにしては、質もなかなかいい方だと思う。

それが10万円にまで釣り上がるって、Supremeが持つブランドとしての価値って本当に大きなものなんだ。

 

へー。Supreme・・・ストリートカルチャーではパロディーも自由表現のひとつとして歓迎されているけれど、そこに対して何か面白いものを作れないかな。

夜中、布団に寝転がりながらスマホをいじり、そんなことを考えていたのでした。結果、ふと頭に浮かび上がったのが”awaJdnS”の文字列だったんです。

 

謎の文字列『awaJdnS』ってどういう意味?

この文字列が何を表しているかというと・・・勘のいい方はもうお気づきかもしれません。

”awaJdnS” 180度回転させてみると”Supreme”に見えてきませんか?

・・・っていうパロディー。ただそれだけです。

 

「あ、これ面白いな。刺繍屋さんに持っていって、手持ちのパーカーにボックスロゴを真似て入れてもらおう」

翌日、気に入って普段からよく着ているUNIQLO Uのパーカーを持って刺繍屋さんへお願いしに行ったのでした。

 

アイデアを刺繍屋さんにお伝えしたときもぼくの説明が下手なことが相まって全く伝わらず、完全に変人でしかありませんでした。

「最初は何言ってるのかわからなかったけど、そういうことならこれ、めちゃくちゃカッコいいのができそうです」

最終的にそう言って頂けて安心しました。

そうして完成したのがこれ。やっぱりこのパーカー、フードのシルエットが綺麗で本当に大好きだな・・・。

世界にひとつだけの刺繍を入れて頂いたことで、更にお気に入りになりました。

 

ブランドにおける『価値の一人歩き』に思うこと

ちょっと真面目な話をすると、どうしてこれを作ったか。

それは今の時代における”ブランド”の存在意義に素朴な疑問を抱いたから、です。
ひと昔前のブランドというものは、タグというものは、それが自身の作品であることを証明するための存在に過ぎませんでした。

小学生の頃、自分が使っているノートの表紙には名前を書きましたよね。あれと同じことで。
しかしそれが今となっては、ぼくの目には”ブランド”という価値だけが一人歩きしているように思えるんです。

「Supremeの服だから買う」「BALENCIAGAの服だから買う」こう考えている人が多すぎる気がしていて。

もちろん自分の意思を持ってして、自分で判断を下した上でそれを選んでいるのなら素敵です。

 
でも、果たして本当に自分で考えて、意思で、判断でその服を選び着ているのか?

その服が流行っているから選んでいるのではないか?

 

「BALENCIAGAが流行っているから、”その中から”自分がいいと思った服を選んでいるのでは?」

世間に対しての、ぼくが持っている素朴な疑問の投げかけです。

 

全ての選択肢の中から自分の意思で、好きな服を着るという行為を行って欲しい。

それが真の”ファッションを楽しむ”ということなのではないか?と思っているのでした。

awaJdnSパーカーを作ったのはそこに対してのアンチテーゼ・・・というのは尖り過ぎですが、”洋服を着る”という行為を考え直す機会を作れたら、と考えています。

 

「これ、売ってみたら面白いんじゃないかな?」

最初は自分のためだけにと思って作ったパーカーですが、ふと「これを売ってみたら面白いんじゃないかな?」と思って。

普段からこのブログを読んで下さっている方と、ブランドをパロディーする面白さを共有してみたいと思って。

 

それで今に至ります。”awaJdnS”パーカーをブランド化して売ってみよう。

ちなみに”awaJdnS”って、当然のごとく単語として成り立っていないので、声に出して読むことができません。

ぼく自身もこの文字列をどう読むかをまだ決めていません。

 
個人的にはUNIQLO Uのパーカーに刺繍を入れて頂き販売したかったのですが、現実的に考えるとパーカーの在庫を確保するのって大変なことで。

どうしよう・・・でも、売ってみたいしなあ。

考えながらパーカーの卸し店が運営するウェブサイトや、市販のパーカーを探し続け、ベースにするパーカーを選びました。

 

それがUNITED ATHLEのSUPER HEAVY WEIGHT プルオーバーパーカー。

楽天市場で購入し、実際に手に取ってみて、こいつに決めました。このパーカーを着たときのレビューも記事にしたので、目を通して頂けると嬉しいです。

関連記事▶︎重厚な生地感と高密度なリブが頼もしい。UNITED ATHLEのヘビーウェイトパーカー

 

選んだ具体的な理由としては、着たときのフードの形が立体的で自立していること。

薄い生地で作られたペタッと潰れてしまうフードは、それだけで安っぽさが露呈してしまいますからね・・・。

 

加えて裾、腕部分のリブが肉厚でしっかりと編まれていること。伸縮性と丈夫さを兼ね備えており、価格は安いのに高級感を感じさせてくれます。

そして最後に大事な部分。紐を通す部分に金具を使っていることと、通されている紐が安っぽすぎないところ。

 

どれだけ品質のいいシャツでもボタンにプラスティックを採用していると安っぽく見えてしまうように、パーカーも紐部分で手を抜くと安っぽく見えてしまいます。

この値段で買えるパーカーにしては、そこもしっかりしていると判断してのことでした。

 

販売価格は5,000円(送料込み) 内訳も全て公開します

UNITED ATHLEのパーカーに刺繍屋さんでボックスロゴを施して頂き、皆さんにお届けします。

そんなawaJdnSパーカー、販売価格は5,000円(送料込み)です。

 

できれば3,000円くらいで販売したかったのですが、まずベースにするパーカーに妥協したくなかった、というのが販売価格が上がった最大の理由です。

ここにも洋服オタクの品質を徹底的に重視するクセが出てしまいました。生地が薄くてペラペラの、安っぽいパーカーは売るよりもまず、ぼく自身が着たくない。

 

なんせ好きなバンドのライブへ行ったときでさえ品質にこだわるクセが出てしまい、ツアーグッズを絶対に買いませんからね・・・。

「この品質に6,000円は絶対出せない」とか、余計なことを思ってしまいます。

 

それと同じで、せっかく作るなら品質には妥協したくないと考えているので、ベースとなるパーカーにはUNITED ATHLEの1着を選びました。

とはいえあまりにも高すぎるとギャグでしかないので、販売価格は当初からできれば3,000円、どれだけ高くても送料を含めて5,000円にしたいと思っていました。

・・・ちょっと高いかもしれません。でも、買って後悔は絶対にさせません。

 

ちなみに販売価格の内訳としては、パーカーが2,800円(楽天市場からの送料込み)、刺繍代が1着につき1,080円、

皆さんへの送料が500円(定形外で発送予定)、デザイン料(ぼくのポケットに入るお金)が500円となっています。

 

送料に関してはパーカー・スウェットを送る際の平均料金をざっくりネットで調べただけなので、もしかしたらもっとかかるかもしれません。

その場合でもぼくのポケットに入る500円から引けばいいだけなので特に問題はありません。送料込み、5,000円で販売できれば。

 

それも刺繍屋さんでは最初の1着を作るときに刺繍用の”型”が必要とのことで、UNIQLO Uのパーカーをお願いしたときに型代の5,000円を払っています。

つまり型代5,000円+刺繍代1,000円の計6,000円をお支払いして、ぼくのawaJdnSパーカーはできました。

1着売れるごとにぼくに入ってくるお金は500円。10着で5,000円なので、そこで型代がプラスマイナスゼロになるといった感じでしょうか。

 

なんてお金の話をしましたが、ブランドを立ち上げたなんて言いましたが、あくまでぼくが面白そうだと思って自主的にやっている遊びです。

今回は利益がどうこうとか、どうでもいいんです。

 

ただ「自分でデザインしたパーカーを売ってみたら面白そう」と思って始めただけのこと。

それに、普段からブログを読んで下さっている皆さんを巻き込めたらもっと面白いんだろうな、と思って始めただけのことです。

 

スポンサーリンク

3月10日(土)〜24日(土)の期間限定で受注を行います

最後にawaJdnSパーカーの販売方法ですが、ネットショップのBASEを利用します。

ここにベースとなるUNITED ATHLEパーカーの各色、各サイズの販売ページを作ったので、ご希望のアイテムを選び購入手続きを行ってください。

 

パーカーの色はホワイト、ミックスグレー、ネイビー、ブラックの4色で、サイズはS~XL。

刺繍で入るボックスロゴの色は赤ベースに白文字になります。

 

今回はこうして受注生産の形を取るため、パーカーの注文受付期間を2週間設けます。

BASEのiwatashopにて、この記事を公開した3月10日(土)から24日(土)まで。

それ以降はパーカーの販売ページを非公開にしますので、ご注文は上記期間内にお願いします。

 

注文を締め切ってからぼくがパーカーを仕入れ、刺繍屋さんに依頼して完成品を皆さんにお送りします。

そのためどうしてもご購入頂いてからお手元に届くまでにお時間を頂いていまうことをご了承ください。

 

今の時期は刺繍屋さんも忙しいとのことで、恐らく5月初旬〜中旬のお届けになることが予想されます。

詳細なスケジュールは刺繍屋さんに依頼した後で改めてお伝えしますので、購入ページのメールアドレス入力欄に必ずご連絡可能なアドレスをご入力ください。

 

参考までに身長178cm 体重65kgのぼくがMサイズを着て、着用感はこんな感じです。

パーカーを若干大きめに着たい方は、普段よりもワンサイズ上を選んでみるといいかもしれません。この着用画と楽天市場にあるサイズ表を参考にしてみてください。

 

皆さんのご注文をお待ちしております。awaJdnSパーカーを着て、一緒にムーブメントを起こせたら素敵だな、と思っています。

▶︎awaJdnSのパーカーをチェックする

▶︎UNITED ATHLEパーカーのレビュー記事はこちら

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

1994年生まれの24歳。大学在学中にブログを始め、卒業後はブロガーとして独立。主にファッション系の記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です