チェスターコートは黒スキニーで着こなす。簡単Yラインコーデを紹介

数年前からメンズの冬用アウターとして絶大な人気を誇り続けているチェスターコート。

一過性の流行りアイテムかと思いきや、数年前に流行ってからは一気にメンズファッションに欠かせないアイテムになりました。

 

ぼくも、もちろんチェスターコートは何着か持っていて愛用しているのですが、実際に着ると人気の理由が分かります。

 

スポンサーリンク

チェスターコートをお洒落に着こなすのは難しい?

数年前にチェスターコートが爆発的に流行るまでは、メンズファッションにおける冬のコーディネートって本当に単調でバリエーションの乏しいものでした。

しかしチェスターコートって着丈が長い分、単体でも十分にインパクトのあるアイテムなんですよね。

 

比較的インナーを選ばないのでコーディネートを組むのは簡単。

その上、軽く羽織るだけで全身のシルエットを劇的に変化させてくれるので、何だか急にお洒落になった気分になれるんですよね。

 

そんなチェスターコートを格好良く着こなすためのルールはとっても簡単。

着丈の短いアウターの方が多いメンズファッションにおいて、イレギュラー的に着丈の長いチェスターコートは着こなすのが難しいと思うかもしれません。

 

実際、そんなことは一切なく、どんな人でも最初はこれさえ守ればチェスターコートをお洒落に着こなせるという黄金のスタイルが存在します。

 

チェスターコートは黒スキニーと合わせて「Yラインコーデ」で簡単に着こなせる

チェスターコートを格好良く着こなす方法は本当に簡単で、「Yラインコーディネート」と呼ばれる定番のコーディネート方法を取り入れるだけ。

「Yラインコーディネート」とは、コーディネートを全体で見たときに着ている洋服の形がアルファベットの「Y」に似ていることから名付けられました。

 

「Y」の上部分を上半身、下部分を下半身と見立てたとき。

 

着丈の長いチェスターコートは上半身にボリュームを持たせるので、アルファベットの「Y」において上半分のように広がった見た目になります。

対して細身の黒スキニーパンツを合わせると下半身は「Y」における下半分のようにスッキリとしたシルエットに見えますよね。

 

他にもコーディネートをお洒落に組む定番の理論として「Iラインシルエット」や「Oラインシルエット」といった理論も存在します。

 

上半身にボリュームを持たせるチェスターコートの場合は「Yラインコーディネート」の理論を使えば、極めて簡単にお洒落な着こなしをすることができちゃいます。

 

Yラインのコーディネートを作るにあたって、とにかく便利なのが細身シルエットかつ、どんなトップスとも相性のいい黒スキニー。

実際にチェスターコートと黒スキニーを使ったコーディネート例を見てみましょう。

 

黒スキニーは安くて動きやすいDcollectionがおすすめ


黒スキニーを買うならDcollectionが定番アイテムとして展開し続けている1本が本当におすすめです。

もちろんぼくも愛用しているのですが、深みがあって上品な黒色が格好いい。

 

そして何より軽くて、縦にも横にも抜群に伸びる伸縮性が半端じゃないので、穿いていても全くストレスを感じない作りの黒スキニーになっています。

黒スキニーって細身なのでどうしても足が締め付けられる感覚が付きまとうものですが、Dcollectionの黒スキニーにはその感覚が一切ありません。

 

お値段も消費税と送料込みで4,980円とお財布にとっても優しい。

1本持っていれば色々なコーディネートに合わせることができる便利な黒スキニーはメンズファッションのマストアイテムです。

 

チェスターコート×黒スキニーの具体的なコーディネート例

引用:げんじ|LIDNMのチェスターコートを使ったコーディネート – WEAR

シャツ+スウェットという定番スタイルの上からチェスターコートを羽織ったコーディネート。

ボトムスにはもちろん、黒スキニーを穿いています。

 

引用: ユウト|KANGOLのシャツ/ブラウスを使ったコーディネート – WEAR

冬本番に入る前の、そこまで寒くない時期に真似したいコーディネート。

ボトムスに黒スキニーを持ってくれば、シャツの上からチェスターコートを羽織っただけでもサマになってくれます。

 

引用: yasu|URBAN RESEARCHのチェスターコートを使ったコーディネート – WEAR

黒スキニーとネイビーのチェスターコートは相性抜群。

チェスターコートを使ったコーディネートでは上のようにスウェットを1枚で着ると首元が寂しく見えがち。

 

そこで真似したいのが、首元にマフラーやスヌードをぐるぐる巻きにするスタイル。

こうすることで顔周りにボリュームが出るので、顔が小さく見えてくれる効果もあります。

 

【おすすめ】UNIQLOのチェスターコートはカシミヤ混の高品質

ちなみに、この記事を読んでいてまだチェスターコートをお持ちでない方に、ぼくはUNIQLOのチェスターコートをおすすめします。

 

UNIQLOのチェスターコートはシルエットが細身で綺麗な上、定価も14,900円+消費税と比較的お財布に優しい価格でありながら、実はとても高品質。

素材にはウールを90%も贅沢に使っているだけでなく、何とカシミヤまで贅沢に10%も使って作られているんです。

 

素材だけが暖かさを左右する要因の全てではありませんが、1万円台のチェスターコートでウールを90%も使い作られているコートは他にほぼありません。

ぼくが数年前に買った10万円のチェスターコートでさえ、素材の配合率はウール90%にナイロンを10%です。

 

一部の高級コートにナイロンなどの化学繊維を混合させることには、コートに毛玉が出来にくくするため、などの狙いがあってのことではあります。

それでも、柔らかく保温性に長けている高級素材であるカシミヤは化学繊維よりも圧倒的に原価が高いです。

 

カシミヤを贅沢にも10%も使っておきながら、1万円台でしっかりした品質のチェスターコートを販売することができる。

他のウールを60〜70%ほどしか使っていない上、生地の厚みもあまりない3~5万円くらいのチェスターコートを買うくらいなら、UNIQLOの方がおすすめです。

 

スポンサーリンク

まとめ: 冬はチェスターコートと黒スキニーで上品なコーディネートに

【チェスターコートをお洒落に着こなすコツまとめ】

・チェスターコートを着こなすには「Yラインコーディネート」が便利

・Yラインコーディネートはボトムスに黒スキニーを使うと綺麗にまとまる

・チェスターコートは羽織るだけで上品な雰囲気を演出してくれる便利なアウター

繰り返しますが、メンズファッションにおけるアウターは着丈の短い洋服の方が圧倒的に多いですよね。

その中でも春のトレンチコートや、冬のチェスターコートは貴重な着丈の長いアイテム。

 

普段は着丈の短いアウターに見慣れている分、着丈の長いアウターを羽織ればそれだけで途端に周りと差別化が可能になります。

着丈の長いアウターは日頃のコーディネートに新鮮な雰囲気をぷらすしてくれること間違いなし。

 

チェスターコートをアウターとして使うときは、ボトムスには黒スキニーを合わせてあげれば、それだけで綺麗なYラインコーデが完成します。

上下がこの組み合わせで決まっていれば、下に着るインナーがどうであれ、よほど奇抜なものを選ばない限りはコーディネートがお洒落にまとまってくれる便利なもの。

 

この冬は是非、チェスターコートを使ったコーディネートに挑戦してみてください。

 


繰り返しますが、黒スキニーを買うならDcollectionが定番展開している1本が圧倒的におすすめ。

まだ持っていない方が買っても絶対に後悔しないクオリティーなので、是非チェックしてみてください。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

ファッションブロガー。大学3年生の夏にブログ「いわタワー」を始める。4年生の夏、就活に挫折し新卒でブロガーとして独立しました。
服を通じて人が自信を持てるように応援したいという思いと、素晴らしい服作りをしているブランドの魅力を多くの人に知ってもらいたいという理念を掲げてブログを運営しています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

【無料】買い物同行サービスを始めました

ファッションを通じて人が少しずつ自分を好きになって、自信を持てるようになる過程を応援したい。

そんな気持ちから、無料であなたの洋服選びに同行するサービスを開始しました。

詳細は下記の記事をご覧ください。