軽い、暖かい、風を通さない。三拍子揃ったおすすめのフリースジャケット

急激に気温が下がって、一気に秋冬の洋服を探し始めた10月。

ぼくは「買い物は実際にそれを着る3ヶ月前がちょうどいい」と思いながら、日々そのシーズンにどんな服が着たいかを考えたりしています。

 

毎年、ぼくが作る冬のコーディネートといえば、ヒートテックの上からシャツやTシャツを着て、その上からニットかカーディガンを着る。

最後にアウターとしてブルゾンかコートを羽織る、といったシンプルなスタイルが多いです。

 

今年はあまり新しいアウターが欲しいという気分でもなかったので、インナーとして使えそうなスウェットやニットを中心に探していて。

それらのインナーを探すために買い物へ繰り出す度に、少し感じることがあったのでした。

 

「毎年、似たようなコーディネートを組むのにそろそろ飽きてきたかもしれない」

 

言ってしまえばニットやカーディガンと、シャツやTシャツの組み合わせを変えるだけの行為を毎年繰り返しているだけ。

それがコーディネートってもので、特にメンズファッションはシンプルだからこそ組み合わせの違いを楽しめるのですが、慣れてくると退屈でもあります。

 

細かい話をすると、個人的にはシャツを着て、その上からニットを羽織ってシャツの襟をニットの首元から出すスタイルがあまり好きではなくて。

 

つまりTシャツの上からニットを着ることが多いんです。

・・・しかし、それだとインナーに首元の広いレディースのヒートテックでも採用しない限りはインナーの首元が見えてだらしない印象になってしまうんですよね。

 

何とかコーディネートのマンネリ化を防ぐ新しいスタイルはないか。

それでいて、ただニットを着るよりも暖かいコーディネートの組み方はないものか。

 

そう考えながら秋冬のインナーになり得るアイテムを探したところ、コーディネートに新鮮さを加えるには持ってこいなアイテムを見つけたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

軽くて暖かい上、防風仕様。イギリス警察のフリースジャケットの利便性が半端ない

それがイギリス警察が実際に愛用しているフリースジャケット。

今回はそちらを古着で手に入れました。

ヨーロッパ古着を取り扱っている古着屋さんに行くと、比較的よく見かけるアイテムです。

 

インナーとしてはもちろん、アウターとして着ることもできたり。

こいつの利便性が半端じゃないのですが、そこに触れる前にまずはフリースというアイテム全般の特徴について書いてみたいと思います。

 

アウトドアでも大人気。軽くて保温性のある「フリース」

そもそもフリース自体がどんなものなのかというと、紡毛織物 (柔らかく起毛しやすい太めの糸で織られたもの)に縮絨加工 (繊維を絡み合わせて密度を上げること)を施した生地のこと。

 

元から保温性に長けている紡毛を使って織り、そこへ更に密度を上げて保温効果を高めるための縮絨加工を行う。

そうして作られた生地がフリースな訳で、つまりは圧倒的な保温性を持っているんですね。

 

昔はウールを使って作られていましたが、化学が発達した今ではポリエステルから作られることが多く。

 

軽くて保温性のある生地のため、山登りなどの際に着るアウトドアウェアとしても高い人気を誇っています。

フリースと言えば、THE NORTH FACEやPatagonia、Columbiaといったアウトドアブランドを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

イギリス警察のフリースは生地の弱点だった「防風性のなさ」をカバー

軽くて暖かいという、重ね着によってモッサリしてしまう秋冬には持ってこいなアイテムがフリース。

 

そんなフリース生地を使ったジャケットはたくさんありますが、生地として唯一の弱点は防風性に欠けていること。

縮絨加工を施して生地の密度を上げても、生地の性質上、フリースは風を通しやすいものでした。

 

一方でイギリス警察のフリースジャケットは、フリースの唯一の弱点であった風の通しやすさを徹底カバー。

上の写真はジャケットの裏側なのですが、防風シートを全面に張って冬の冷たい風が服の内側へ侵入することを防いでくれます。

 

冬に寒さを感じる理由に気温はもちろんありますが、最も直接的な理由って実は、冷たい風が体に当たることなんです。

だからこそ個人的には冬のコーディネートを組むにしても防風対策をしっかりすることを意識し続けています。

 

イギリス警察のフリースジャケットは軽くて暖かく、防風仕様もばっちり。

シャツやTシャツの上から羽織れば、ニットよりも軽くて暖かいという最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

 

厚すぎず薄すぎない生地感でイン、アウトの両方で着用可

世の中には本当にたくさんのフリース生地を使ったトップスやジャケットがある中で、ぼくがイギリス警察のそれを選んだ理由。

その最たるものは、イギリス警察のフリースジャケットこそ厚すぎず薄すぎない生地感で、最も利便性に長けていると確信したからでした。

 

フリースジャケットでよく見かけるのって、アメリカ軍の重ね着システム、ECWCS (エクワックス)でパーツの一部として高い人気を誇っているもの。

 

ぼくが信頼を置いている、軍モノのレプリカを高すぎるクオリティーで作り、良心的すぎる価格帯で販売する「YMCKLY」というメーカー。

ここが作っているECWCSのフリースは新品定価で7,990円と、相変わらず安く手に入れることができます。

 

・・・が、とても個人的な話、ECWCSのフリースジャケット自体のデザインやフリース生地における長めの毛足があまり好みではなく、避けていた部分があります。

アウターとしても、もちろん使えるのですが、最も外側に着るアイテムとしてはどうしても部屋着っぽさを感じてしまっていて、好きではありませんでした。

 

かと言ってフリースジャケット界の王様とも言えるほどの人気を誇るPatagoniaの「レトロX」に手を出すかと言えば、こちらは見て分かる通り生地がとにかく分厚い。

抜群の防寒性を誇る代わりに、間違いなく真冬用のアウターとしてしか着ることができないので、同じフリースとはいえガッツリしすぎているので敬遠していました。

 

厚すぎず薄すぎない生地感で、秋にはライトアウターとして、真冬にはインナーとして使える保温性の高いフリースが欲しい。

実はこんなことを去年からずっと思いつつ探していたんです。

 

ワガママなぼくの要望に、1年越しで応えてくれたのがイギリス警察のフリースジャケットという訳でした。

 

秋にはシャツやニットの上から軽く羽織ってアウター使い

【コーディネート詳細】

アウター: イギリス警察のフリースジャケット

パーカー: UNIQLO

Tシャツ: 無印良品

スラックス: iroquois

スニーカー: Adidas SUPERSTAR 80’s

例えば秋にはパーカーの上から軽く羽織ってアウターとして着ることが可能。

着丈が短めでスッキリしつつも、腕回りには余裕があるので今時流行りの古着スタイルに合わせてショートブルゾン風にコーディネートを組んでみました。

 

冬にはコートの下に忍ばせる保温性抜群のインナーとして

【コーディネート詳細】

コート: 軍モノ古着

気温が下がって寒くなれば、ジップを閉めてコートのインナーとして着ることも十分に可能です。

特にロングコートと合わせると、今までシャツやニットでは目立つことがなかった首元にフリースジャケットのハイネックが大きなアクセントになってくれて新鮮。

 

今回は2通りのコーディネートを組んでみましたが、単体でも抜群の防寒性と防風性を誇っているので、インナー次第では真冬のアウターとしても十分に活躍してくれそう。

 

ヒートテック+シャツorTシャツ+カーディガンorニットの上からイギリス警察のフリースジャケットを羽織れば、東京の冬くらいは余裕で過ごすことができそう。

これに関しては、冬になった頃にまた試してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

冬のインナー、ニットに飽きたらフリースがおすすめ

厚すぎず薄すぎない生地感で、秋にはライトアウターとして、冬にはインナーとして使える利便性抜群のフリースが欲しい。

寒がりなぼくは、ニットよりも更に暖かいフリースを求めて、去年からそんな条件を設けて新品から古着までリサーチしながら理想の1着を探してきました。

 

1年かけてついに出会ったのが、イギリス警察のフリースジャケット。

厚すぎず薄すぎない生地感に、抜群の防寒性と軽さ、そして防風性までを兼ね備えた最強のアイテムだと確信しました。

 

コーディネートさえ工夫すれば、色々なアイテムと合わせてとにかく色々な着回しをすることができる、とても利便性の高いアイテム。

 

どんどん寒くなっていく今の時期から、こいつに対する期待はとても高まっています。

お陰で今年の秋冬は今まで以上にファッションを楽しむことができそう。

 

イギリス警察のフリースジャケットはネットでも現地からの実物放出品を5,000円台からとお財布に優しい価格で手に入れることができちゃいます。

下で紹介しているのはワンサイズで日本のLサイズ相当になるアイテムですが、サイズが合う方は是非手に入れてみてください。

 

イギリス警察のフリースジャケットを紹介する動画をYouTubeに公開しています。

チャンネル登録も是非、よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

ファッションブロガー。大学3年生の夏にブログ「いわタワー」を始める。4年生の夏、就活に挫折し新卒でブロガーとして独立しました。
服を通じて人が自信を持てるように応援したいという思いと、素晴らしい服作りをしているブランドの魅力を多くの人に知ってもらいたいという理念を掲げてブログを運営しています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

【無料】買い物同行サービスを始めました

ファッションを通じて人が少しずつ自分を好きになって、自信を持てるようになる過程を応援したい。

そんな気持ちから、無料であなたの洋服選びに同行するサービスを開始しました。

詳細は下記の記事をご覧ください。