読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

通年&全天候で着れるECWCSのゴアテックスパーカーが最強すぎる

おすすめアイテム ファッション
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160406185825j:plain

こんにちは、いわた(@iwata09_com)です。

4月に入り気温が上がってきたとはいえ、まだまだ日によって寒暖差がありますね。

昼は暖かくて夜は寒い、こんな中途半端な気温が続く時期は出かけるときの服装に迷ってしまう。

でもそんな悩みを吹き飛ばしてくれる便利な洋服があるんです。

1着持っておけばまず間違いない、そんなアイテムのご紹介。

 

ECWCSのゴアテックスパーカー

f:id:kota04:20160406171553j:plain

それがこちら。ECWCSのゴアテックス(マウンテン)パーカーです。

アメリカ軍に支給されていた正真正銘の軍モノ。隣町の古着屋にて13,800円+消費税で購入しました。

おしゃれなカモフラ柄をしていますが、これはデザイン性より実用性を重視して作られたものなんですね。

今回はアメリカ規格のMサイズを購入しました。

日本人にとっては少し大きいですが、Sサイズは滅多に出てこないみたいです。

オーバーサイズで今っぽくYラインシルエットのコーディネート組みたいと思っていた僕にはMサイズの方がちょうどよさそう。

 

そもそもECWCSとは?

ここまでサラッと説明してきましたが、実はECWCSってブランド名じゃないんです。

これはExtended Cold Weather Clothing Systemの頭文字を取った略称のこと。

直訳すると拡張式寒冷地被服システム。簡単に言ってしまえばめちゃくちゃ寒い環境でも着れる服って意味ですね。

過酷な環境で過ごす軍の兵士さんが着る服。ゴアテックス素材も使っているだけあってどんなブランドの服よりも機能性に優れています。

 

ゴアテックスってどんな素材?

今度はこの服に使われているゴアテックスという素材について説明します。

GORE-TEX(ゴアテックス)は主にアウトドアやスポーツウェアに使われる機能性素材を指します。

仕組みについての詳しい説明は省きますが、機能の説明をすると外側からの水分は一切通さず、内側にある水分は放出してくれる素材のこと。

まるで人間の皮膚のように呼吸する素材とも呼ばれています。

その画期的な機能による完全防水はもちろん、ウェア内の蒸れも、更に風さえも防いでくれる。

 

中に着込めば真冬でも活躍する優れモノ

f:id:kota04:20160406192919j:plain

一般的なマウンテンパーカーを着れるのは春と秋の短い時期だけですが、ECWCSのゴアテックスパーカーは真冬でも着れてしまう。

寒さを感じる一番の原因は冷たい風によるもの。それを防いでくれるとなれば気温に耐えられるようインナーを調整するだけです。

実際に着ている店員さんによると、ヒートテック+シャツ+ニット+ECWCSのゴアテックスパーカーのコーディネートでも寒くないそう。

完全防水なので雨の多い梅雨でも着れちゃいます。夏以外の全ての季節で活躍する超優れモノ。

とりあえず着ておけば間違いないアイテムです。

 

ECWCSのゴアテックスパーカー詳細レビュー

アメリカ軍でも導入されるほど高機能かつ高性能なECWCSのゴアテックスパーカー。

その詳しいディテールを写真と共に説明していきます。

 

まずは正面から撮った写真。同じカモフラ柄でも全く同じ色味のものは存在しません。

全てが一点モノなので選ぶときに迷ってみるのも楽しいです。

f:id:kota04:20160406171553j:plain

 

前立ては二重になっています。ジップから雨や雪が入り込む心配もありません。

f:id:kota04:20160406175039j:plain

 

ジップはYKKのもの。軍モノにも種類はたくさんあり、もう少し古いモデルだとIDEALのジップを使っているんだとか。

f:id:kota04:20160406175236j:plain

 

後ろから撮った写真。しっかりとフードが付いています。

f:id:kota04:20160406171529j:plain

 

フード周りのボタンは何に使うんだろう?と思っていたら、どうやらファーをつけられるモデルもあるみたいです。

f:id:kota04:20160406174551j:plain

 

左右の脇の下にはベンチレーション(換気口)がついています。

暑かったら開けて、寒かったら閉めておくなんて使い方もできそう。

f:id:kota04:20160406175712j:plain

 

斜めに取り付けられた両サイドのポケットは結構深め。

財布とスマホ、キーケースだけ突っ込んで手ぶらで出かけるにも困らない。

f:id:kota04:20160406180101j:plain

 

肩には小ぶりなポケットがひとつ。ここにはタバコでも忍ばせていたんでしょうか。

f:id:kota04:20160406175518j:plain

 

袖にはマジックテープがついています。日本人には大きいアメリカサイズの服でも絞って着れるので袖元スッキリ。

f:id:kota04:20160406174723j:plain

 

フロントジップを開けるとこんな感じ。裏地もしっかりしているので頼りがいがある。

f:id:kota04:20160406180319j:plain

 

こちらが正真正銘の軍モノについているタグ。赤線を引いた部分にECWCSと書いてあるのが見えますでしょうか。

f:id:kota04:20160406180938j:plain

 

ECWCSのゴアテックスパーカーを使ったコーディネート

誰でも手軽にコーディネートを投稿できるアプリ、WEARのファッショニスタさんもECWCSのゴアテックスパーカーと多用しています。

 

ぼくもフォローしているOGIさんのコーディネート。

ECWCSのパーカーが欲しくなったのはOGIさんのコーディネートを見てからでした。

f:id:kota04:20160406181713j:plain

引用:http://wear.jp/oginao/2825709/

 

こちらの方はアメリカ規格のMサイズを着ているっぽい。

あえてオーバーサイズのアウターを選んだYラインシルエットのコーディネートが今っぽくてかっこいい。

f:id:kota04:20160406182123j:plain

引用:http://wear.jp/hollyshu/6295719/

 

SサイズのECWCSパーカーを選んで、ボトムスには土管のようにストンと落ちるデニムを合わせたIラインシルエットのコーディネート。

男らしくてかっこいい。

f:id:kota04:20160406182527j:plain

引用:http://wear.jp/naaandemocollecter/6423203/

 

この記事のまとめ

軍モノ古着は年代によって色々な型があり、それによってディテールも変わってくるので非常に奥が深い。

今回ぼくが購入したのはアメリカ軍に支給されていたECWCSパーカーの1ST GENERATION後期モデル。

この型の前には1ST GENERATIONの前期モデルが、後には3RD GENERATIONまであるみたいです。

ですがECWCSパーカーは全体としてアメリカでも買い付けが難しくなっているみたいなので希少性が高まっています。欲しい方は見つけたら季節問わず買うべし。

 

あとがき

最後に、ぼくがこの記事を書くにあたって仕入れた知識はほぼ地元の古着屋店員さんに教えてもらったものです。

その方に知識を教えてもらった後で他の古着屋さんにあったECWCSパーカーを買うという。

いつも僕のブログを読んで下さっているAEUGOのHIGEさん、ありがとうございます。

今度はAEUGOで買い物をさせて頂きます(笑)

 

【読者登録をお願いします】

↓以下のボタンからはてなブログの読者登録をお願いします。

 

【あわせて読みたい記事】

↓ぼくがおすすめするアイテムたちです。

A.P.C.のプチスタンダードでリジッドデニムデビューしてみた

MYSTERY RANCHのリュックが想像以上に凄かった

ニットをすっきり着こなす為に僕が愛用しているインナーTシャツ