チェスターコートもインナーダウンを着れば暖かい。コーデ例もご紹介

秋冬のメンズアウターとして大人気のチェスターコート。

着丈の長いチェスターコートは羽織るだけで抜群の雰囲気を演出してくれるので、好きで着用している人も多いはず。

 

スポンサーリンク

チェスターコートは1枚で着ると真冬には少し寒いし頼りない

しかし実際に着てみると分かりますが、チェスターコートってアウターとしてはそこそこ寒いですよね。

当たり前ですが、ダウンジャケットやらと比べるとアウターとしての暖かさでは少し保温性に欠けてしまいます。

 

「おしゃれは我慢」と言って割り切ることができれば楽ですが、寒い思いをしてまでチェスターコートを着るのはちょっと、という方がほとんどだと思います。

ぼくもチェスターコートは愛用していますが、1枚で着るとそこそこ寒いアウターなので、真冬の冷え込む時期になると着方にも工夫が必要だと考えています。

 

チェスターコートとインナーダウンのコーデで暖かさをプラス

真冬でもチェスターコートを暖かく着るために、具体的にどんな工夫ができるのかと言うと、インナーダウンを仕込むことです。

 

肌着 (ヒートテックなど)の上からシャツやTシャツを着て、ニットやらスウェットを着て、その上にチェスターコートを羽織る。

こういったコーディネートを組む方が多いと思いますが、その上から更にインナーダウンを着ることで暖かさをプラスしてしまうのが賢い工夫の仕方です。

 

インナーダウンは袖ありと袖なし、どっちがおすすめ?

具体的なコーディネートのお話をする前に、まずはインナーダウン自体の特徴に触れておきたいと思います。

そもそもインナーダウンとは、簡単に言うならダウンジャケットの薄手バージョンのようなものです。

 

ダウンジャケットと言えば羽毛布団のような頼り甲斐と最強の暖かさを誇るアウターですよね。

それと同様に、中綿にダウンを使った保温性抜群かつ薄手の作りになっているため、インナー (中に着れる)使いできる仕様になっているものを「インナーダウン」と呼びます。

 

一言にインナーダウンと言っても、その種類は色々。

特に多くの人がインナーダウンを選ぶときに迷うのが、袖のあるタイプとないタイプ (ベスト風)のどちらを選ぶべきか?という部分だと思います。

 

これに関して、ぼくは圧倒的に袖がないベストタイプのインナーダウンをおすすめします。

 

袖のあるタイプのインナーダウンを選んでしまうと、当然ながら腕を袖に通さなければなりません。

既にシャツやらニットを着ている上から袖を通すとなると、なかなか窮屈な思いをすることになってしまいます。

 

更にその上からアウターを羽織るのだから、アウターの上からでも着膨れしてしまう。

着込みすぎて腕を動かしづらい状況にもなってしまいます。

 

そういった問題を抱えないためにも、インナーダウンには袖のないベストタイプを選ぶ方が圧倒的におすすめ。

 

多くのアウターってよほど寒くない限りは前のボタンやジップを閉めずに着ると思います。

袖がないベスト型のインナーダウンは身頃も圧迫せず、ただ暖かさだけをプラスしてくれるんですよね。

 

軽くて暖かいUNIQLOのインナーダウンは超おすすめ

引用:ユニクロ|ウルトラライトダウンコンパクトベスト|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

ぼくが個人的におすすめしたいのは、UNIQLOのインナーダウン。

袖のないベスト型で着脱のしやすさが抜群な上、中綿はダウンが90%という相変わらずの高品質。

 

そんな保温性抜群のインナーダウンが3,990円+消費税で買えてしまうんだから、やっぱりUNIQLOは恐ろしいです。

毎年展開されている定番アイテムなので、ぜひ手に入れてみてください。

 

チェスターコートとインナーダウンを重ね着した暖かコーデの具体例

ファッションコーディネート投稿アプリの「WEAR」にて公開されている中から、お洒落なコーディネートをいくつかご紹介。

チェスターコートとインナーダウンを格好良く組み合わせたコーディネートを、ぜひ着こなしの参考にしてみてください。

 

あえて首元をすっきりさせた男らしいコーディネート

引用:ケン(MEN’SMELROSE HEAD OFFICE( SHOP STAFF))|MEN’S MELROSEのステンカラーコートを使ったコーディネート – WEAR

こちらはブランド「MEN’S MELROSE」のスタッフさんによる、チェスターコートにインナーダウンを仕込んだコーディネート。

カッチリしたアイテムという印象の強いチェスターコートを、あえてカジュアルな雰囲気で着こなされています。

 

インナーダウンのジップを閉めて、インナーとしての主張をあえて強めたコーディネートです。

クルーネックのTシャツの上から着て、首元をすっきりさせた男らしさの漂うスタイルも格好いい。

 

オールブラックでインナーダウンの野暮ったさを半減したコーディネート

引用:げんじ|MONKEY TIMEのトレンチコートを使ったコーディネート – WEAR

全身を真っ黒なアイテムで固めたオールブラックのコーディネート。

一見スタイリッシュなコーディネートですが、こちらもインナーダウンを採用してチェスターコートの保温性を高めています。

 

インナーダウンが持つ若干の野暮ったさを、オールブラックのコーディネートに取り入れることで消化している素敵なスタイリング。

 

首元にボリュームを持たせた上級コーディネート

引用:Deco|SAVE KHAKI UNITEDのトレンチコートを使ったコーディネート – WEAR

こちらの方のコーディネートで採用されているアウターはチェスターコートではなくトレンチコート。

ですが、インナーダウンの着こなし方がとても格好良いので、ご紹介させて頂きます。

 

最初にご紹介したコーディネートのように、クルーネックTシャツの上からインナーダウンを着て、首元をすっきりさせるスタイルも格好いい。

一方で「首元にはボリュームを持たせたい」という方には、タートルネックTシャツの上から着るスタイルもおすすめです。

 

真冬になればニットの下にタートルネックTシャツを着て、その上からインナーダウンを着てしまえば抜群に暖かいのも嬉しいところ。

 

スポンサーリンク

まとめ: チェスターコートを着るならインナーダウンの併用がおすすめ

1枚で着るには、他のアウターに比べると保温性の面で少し頼りなさを感じてしまうチェスターコート。

 

しかし今ではインナーダウンという、とにかく便利で暖かいアウターが存在しています。

真冬でもチェスターコートを使って暖かく過ごすには、これを活用しない手はありません。

 

そもそも良質なチェスターコートを選ぶには、どんなところに気をつければいいのか。

それに関しても、別で記事を書いているので併せて読んでみてください。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

ファッションブロガー。大学3年生の夏にブログ「いわタワー」を始める。4年生の夏、就活に挫折し新卒でブロガーとして独立しました。
服を通じて人が自信を持てるように応援したいという思いと、素晴らしい服作りをしているブランドの魅力を多くの人に知ってもらいたいという理念を掲げてブログを運営しています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

【無料】買い物同行サービスを始めました

ファッションを通じて人が少しずつ自分を好きになって、自信を持てるようになる過程を応援したい。

そんな気持ちから、無料であなたの洋服選びに同行するサービスを開始しました。

詳細は下記の記事をご覧ください。