読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

NIKE(ナイキ)スニーカーの人気モデル&おすすめモデルまとめ

おすすめアイテム
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160216164548j:plain

こんにちは、いわたです。

 

僕は今持っているスニーカーはコンバースのジャックパーセルのみで、その他は全て革靴です。

何か合わせやすくて、尚且つ歩きやすいスニーカーが欲しい。

そう思ったときに頭に浮かんだのがNIKE(ナイキ)のスニーカーでした。

カジュアルからモードまで、街中で様々な格好をした人を見てきましたが、そういった方々は大体NIKE(ナイキ)を履いているんですよね。

合わせやすさで言えばナンバーワン。

 

ということで何かを買うと決めたら徹底的にリサーチをしてから買う僕が、NIKE(ナイキ)のスニーカーに関してこれでもか!というくらい調べました。

今回はNIKE(ナイキ)スニーカーの人気モデルと僕のおすすめを一挙に紹介します。

NIKE(ナイキ)のスニーカーは同じモデルでも素材や同一モデル内での種類、またサイトによって金額にバラつきがあるため、金額は大体の目安にしてください。

それぞれのスニーカーの紹介欄にAmazon・楽天のリンクを貼っているのでそこから詳細もチェックしてみてください。

ちなみにNIKE(ナイキ)のスニーカーはサイズが若干小さめなので、普段のサイズより0.5cm大きいものを選ぶことをおすすめします。

 

 

NIKE(ナイキ)とは

ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業である。1968年設立[1]ニューヨーク証券取引所に上場。グループ企業に同じくスポーツ用品メーカーのアンブロなどがある。

社名の由来は、社員の一人ジェフ・ジョンソンが夢で見た、ギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー (Nike)」から。

引用:ナイキ - Wikipedia

 

Adidas、PUMAと並んで超有名なスポーツウェアを中心に扱うメーカーです。

ちなみにAdidasとPUMAはどちらもドイツ生まれのスポーツメーカーで、創業者は兄弟です。

NIKE(ナイキ)だけアメリカ生まれだったんですね。

 

NIKE(ナイキ)スニーカーの主なテクノロジー

ワッフルソール

焼き菓子のワッフルからヒントを得て開発されたソールパターン。独特のパターンはクッショニングやグリップに優れておりアスファルトやダートなど様々な路面状況に対応できる。初期プロダクツには「ワッフル」の名を冠するオレゴンワッフル・ワッフルトレーナー・ワッフルレーサーなどがある。他にもLD-1000・LD-V・エリートなど当時のフラグシップモデルに多数採用されていた。

AIR(エア)

衝撃を吸収するためのミッドソールの中に仕込んだエアバッグのこと。1978年発表。クッション性を確保するためのエアバッグは、ビニールパックの内部にガスを充填したものであり、搭載位置は試行錯誤の末、ミッドソールの中に仕込むという方法を発明し、ここに完成した。

Lunarlion(ルナロン)

内側のコア部分に柔らかいフォームを使用し、外側のブリッジ部分には硬いフォームを使用した2層構造にすることで高いクッション性・高弾性・履き心地を実現

引用:ナイキ - Wikipedia

 

こんな感じでかなり高性能で歩きやすいスニーカーがたくさん発売されています。

 

NIKE(ナイキ)スニーカーの定番人気モデル

まずは誰もがNIKE(ナイキ)のスニーカーといったらこれ!と頭に思い浮かべるような超定番の人気モデルスニーカーを列挙していきます。

これらのモデルは長く愛され続けているだけあって、その完成したフォルムと流行に流されないスタイルがとても魅力的です。

 

 AIR FORCE 1 (9,720円~)

NIKE(ナイキ)スニーカーの超定番モデルです。色は白と黒の2色展開。

 

AIR FORCE 1にはミッドカット(くるぶしくらいまで)のモデルも存在します。

 

CORTEZ(7,000円~)

こちらも超定番のCORTEZ(コルテッツ)というモデル。 どこか古めかしい雰囲気は古着に合いそうです。

 

AIR JORDANシリーズ(12,000円~)

伝説のバスケットボールプレーヤー、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデルです。 細いスキニーパンツ+武骨なジョーダンってめちゃめちゃ格好良いですよね。

 

ソールに入ったエアーが特徴的なモデル。履きやすさ抜群です。

 

NIKE(ナイキ)スニーカーのおすすめモデル

ここからは定番モデルとはまた違った魅力を持つNIKE(ナイキ)のおすすめスニーカーを紹介していきます。

どれも機能性抜群で魅力的です。

 

レトロスニーカー編

まずは”レトロスニーカー”と呼ばれるNIKE(ナイキ)のスニーカーを紹介します。

80年代や90年代に流行ったものの復刻だったり、どこか懐かしいデザインのスニーカーたち。

 

 エリート(8,000円~)

名前からして優秀なスニーカーですね。

 

インターナショナリスト(9,720円~)

カジュアル寄りなレトロスニーカー。履いている人をよく見ます。

 

ワッフルレーサー(9,720円~)

文字通りワッフルのようなソールが特徴的なスニーカー。JUNYA WATANABEとコラボしたこともあり大人気。

 

プリモントリオール(9,720円~)

歴史の古いスニーカーです。ヴィンテージだと高いけど復刻は1万円しないくらいで買えちゃいます。

 

エアハラチ(12,000円~)

どのセレクトショップもこぞって置いています。NIKE(ナイキ)のスニーカーで今最も人気と言っても過言ではないかも。

 

エアリフト(10,000円~)

スニーカーとサンダルを掛け合わせたようなデザインでマニアに人気。合わせるのは難しいけどキマるとめちゃめちゃ格好良いです。

 

ハイテクスニーカー編

機能性を重視し履きやすさと歩きやすさに長けたスニーカーです。

近未来的なデザインのスニーカーが多いかも。

 

フライニット(9,000円~)

ポリエステル糸で編まれたニットスニーカー。手に持つと「え?今、手に乗ってるよね?」と疑ってしまうレベルの軽さです。

 

 AIR MAX 95(32,000円~)

ハイテクスニーカーの火付け役!近未来的なデザインですが1995年に発売されたスニーカーです。

 

NIKE ACGシリーズ(11,000円~)

ワンランク上のハイクオリティなスニーカーが揃う”NIKE ACG”シリーズのスニーカーは、機能性を重視する方におすすめ。

 

 AIR BAKIN(23,000円~)

今となってはあまり履いている人のいないAIR BAKIN(エアーベイキン)。

バスケットボールプレーヤーであるデニス・ロッドマンのシグネチャーモデルです。ジョーダンと違って人と被らないのでおすすめです。

 

ZOOM(10,000円~)

軽くて耐久性に優れたクッションを持つZOOMシリーズより、バスケットボールプレーヤーであるコービー・ブライアントのシグネチャーモデル。

 

僕が最もおすすめしたいモデルは

定番人気モデルと、人気モデルからは今、特に人気のあるレトロスニーカー編とハイテクスニーカー編に分けて紹介をしてきました。

最後に僕がこれらの中でおすすめしたいモデルを2つ挙げると…

 

エアハラチ(12,000円~)

流行に乗りたいなら間違いなくこれ。原宿のNIKEショップへ行っても人気過ぎて1人1足までしか買えない状態です(1度に2足も買う人はそういないだろうけど)。

 

プリモントリオール(9,720円)

街でよく見るインターナショナリストと違って被らないし、少し渋めの雰囲気を演出できるので足元を綺麗にまとめるならプリモントリオール。

 

NIKE(ナイキ)のスニーカーには種類がたくさんあって探すのが大変だと思うので厳選してまとめてみました。

スニーカーを買う際に参考にして頂けると嬉しいです。

 

NIKEiDで世界にひとつだけのスニーカーを作れる

NIKE(ナイキ)ではNIKEiDというサービスを行っていて、これを使えばベースとなるスニーカーをもとに自分でデザインをカスタマイズし、世界にひとつだけのスニーカーを作ることができちゃうんです。

 

実際に大学の先輩が作ったエアハラチを見せてもらったんですけど、めちゃめちゃ格好良くて僕も作りたくなったのでベースにするスニーカーを何にするか迷っています。

料金も普通にスニーカーを買うのとほとんど変わらないのが嬉しいところ。

僕もエアハラチのオリジナルを作ってみようかな…。