読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

ファッションにおいておしゃれとダサいは紙一重でしかない

ファッション
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160321155517j:plain

こんにちは、いわたです。

原宿を歩いているとおしゃれな人ってたくさん見かけますよね。

個性的な格好をした人から、度肝を抜かれるくらいセンス抜群な人まで多種多様に。

すれ違った人のことを「あの人はおしゃれな格好をしてる」と思うことは多々あっても、人は何を基準に、そしてどこを見てそれを判断しているのでしょうか。

非常に感覚的な話なので言語化するのは難しいにしても、ひとつだけ確実に言えることがあります。

 

おしゃれなコーディネートは1歩間違えれば超ダサい

それは「おしゃれとダサいは紙一重」ということです。

原宿を歩くおしゃれな人だって一歩間違えれば超ダサいです。

ですがその一歩…つまりアイテムの組み合わせやシルエット作りが上手いからこそお洒落に見えるんですよね。

 

ちなみに先程から原宿を歩く人を例に挙げていますが、原宿にいる「おしゃれな人」と「個性的な格好をした人」は分けて考えています。

個性的=お洒落ではありません。

言ってしまえば個性的な格好をした人ほどその1歩を踏み外してしまい、おしゃれというよりも少しダサい寄りに位置しているのではと思っています。

 

メンズノンノはおしゃれとダサいの最前線

とはいってもイメージが浮かびにくいと思うので、ここでは具体例を挙げてみます。

おしゃれとダサいの間を明確に線引きし、尚且つその最前線に位置しているのがメンズノンノモデルのコーディネートです。

メンズノンノといえば日本を代表するファッション雑誌ですが、僕がそれを読むようになったのは大学生になってからでした。

日本を代表するファッション雑誌を読んだ方が近道なのに、僕が高校生の頃に読まなかった理由としては、当時の僕にはメンズノンノに載っているコーディネートがダサく見えていたからでした。

たぶん僕自身まだファッションに関する知識が少ないかったからそう見えていたんですよね。

古着屋アルバイトの経験を経て身につけた知識がある今、メンズノンノモデルのコーディネートを見るとすごくおしゃれだなと思ってしまいます。

 

メンズノンノモデルのコーディネートはファッションに関する知識が豊富で、尚且つ熟知していないと到底真似できないハイレベルなものです。

まさにおしゃれとダサいは紙一重な世界の中で、おしゃれの最前線を行く雑誌。

ここからはメンズノンノの公式ホームページからモデルの私服スナップを引っ張ってきて、一歩間違えたらダサいけどハイレベルなコーディネートを見ていきます。

 

一歩間違えればおじいちゃんなコーディネート

f:id:kota04:20160321141535j:plain

引用:http://www.mensnonno.jp/365/takahashi/2736/

こちらはメンズノンノモデル、高橋義明さんのコーディネート。

タートルネックのインナーをハイウエストのスラックスにインして、アウターにはクリーム色のブルゾン。

全体的にカッチリした印象を上手い具合にコンバースのスニーカーで崩す辺り、さすがのセンスですがこれは一歩間違えれば散歩に行くおじいちゃんかな?と思ってしまうコーディネートです。

これにベレー帽を被って足元が革靴だったら完全にアウトですよね。おじいちゃん、今日はどちらまで?

 

一歩間違えれば工事現場のお兄さんなコーディネート

f:id:kota04:20160321142713j:plain

引用:http://www.mensnonno.jp/365/kodama/2286/

こちらは兒玉太智さんのコーディネート。

スカジャンに合わせるボトムスといえばデニムパンツかスラックスを選ぶ人がほとんどだと思いますが、兒玉さんが合わせているのはなんとスウェットパンツ。

スカジャンにスウェットパンツという超難易度の高い組み合わせながらも、見事な甘辛ミックスで全体の印象を中和し、やりすぎないグランジな雰囲気の漂うコーディネートを完成させています。

この格好も一歩間違えれば工事現場のお兄さんかな?と思わざるを得ないコーディネートです。

このコーディネートに使っているアイテムのほとんどは部屋着なんだとか。色んな意味でどうかしてるぜ。

 

一歩間違えれば牧場の飼育員なコーディネート

f:id:kota04:20160321151750j:plain

引用:http://www.mensnonno.jp/365/kitagata/2953/

最後は北形拓也さんのコーディネート。

オーバーオールのインナーに黒シャツをチョイスするセンスの良さに度肝を抜かれました。

ブラウンのジャケットと渋い色落ち具合のオーバーオールの相性も抜群。そこにプレミアータの靴をチョイスする辺りまで…全てが格好良くて僕も真似したいです。

このコーディネートもすごくお洒落ですが一歩間違えれば牧場の飼育員さんですか?なコーディネートです。

オーバーオールの色がもう少し濃かったりすると全体的に色が濃すぎて主張が強く、このバランスは成り立たなかったと思います。

またインナーが白シャツでも全体的に淡い印象になってぼやけてしまいそうです。

 

お洒落な人は組み合わせのセンスがピカイチ

ここまでメンズノンノモデルのコーディネートを見てきましたが、これらに共通しているのはおしゃれな人は服を組み合わせるセンスがピカイチだということです。

どのコーディネートも一歩間違えれば一瞬でダサくなってしまいますが、そこを踏み外さないのがプロ。

相当な知識がないとそう簡単には真似のできない領域です。

 

この記事のまとめ

メンズノンノモデルという肩書きを持っているから何を着てもおしゃれに見える部分も多少はあるのかもしれませんが、そもそも元からのセンスがなければメンズノンノモデルになることはできません。

メンズノンノってそんなにハイレベルな雑誌だったのかよ…と感じるかもしれませんが、紙面ではモデルの私服スナップがメインではありません。

誰でも真似しやすいようにコーディネートが組まれている辺りにメンズノンノがもう何十年も人気な理由が隠れているようにも思えます。

またメンズノンノモデルはおしゃれとダサいの境界線ギリギリを楽しんでいるようにも見えるので、僕は私服スナップを見ているのが大好きです。

僕もまだまだ真似できませんが、かなり刺激的で面白いです。

365 STYLE | MEN'S NON-NO WEB | メンズノンノ ウェブ

 

【読者登録はこちらから】