トレファクスタイル調布国領店が2周年ということで、”トレファクならでは”のコーデを組んでみた

皆さんは『トレファク』ことトレジャーファクトリーをご存知ですか?

洋服から家具・家電など、様々なアイテムを取り扱う総合リユースショップです。

 

ぼくにとっては通っていた高校の近くに店舗があったり、大学の近くにも店舗があったりしたので何かと身近な存在。今でもよく足を運んでいます。

ブログで紹介した洋服の中にも、トレファクにて格安で買ったものだってありました。

 

どうして突然そんなことを書き出したのかと言いますと、実は今回、トレファクさんから直々にご連絡を頂いて。

2フロアに4万点以上のファッションアイテムと、都内最大の商品量を誇る店舗『トレファクスタイル調布国領店』さんにお邪魔をしてきたのです。

 

ちなみに『トレファクスタイル』というのはトレファクさんが展開する中でも 洋服専門の店舗を指します。

下北沢や高円寺をはじめとした古着の聖地はもちろん、全国各地にある本格的な古着専門店なんですよ。

 

その中でも調布国領店は全国店舗の中でも最大の商品量を誇り、かつオープン2周年を記念して下記の特別コンテンツを展開されています。

 

このコンテンツを見て調布国領店に興味を持った、いちトレファク好きのぼくもお店にお邪魔してきました。

 

スポンサーリンク

国内最大の品揃え!トレファクスタイル調布国領店

京王線国領駅から徒歩7分のところにある、トレファクスタイル調布国領店。

 

広い店内には洋服がびっしりと並んでいます。真ん中で区切ってメンズとレディースを展開。

 

1階にはたまに、思わず笑ってしまうほど安い商品も隠れています。

GAPのニットが480円。これといって目立つ汚れもなく綺麗なのに、カジュアルブランドの洋服は破格でした。

 

2階に上がってみると・・・あれ、ここって本当にトレファクなんだっけ?と思ってしまうほどには異世界でした。

 

階段を登って左手側にハイブランドの商品が数多く並ぶコーナー。

 

右手側にはゴリゴリの古着屋さんを彷彿とさせる雰囲気の漂うコーナーがありました。

 

古着コーナーのさらに奥にはアウトドアブランドのアイテムが充実。2階はこの3コーナーに分かれていました。

 

余談ですが、普段1人でトレファクへ行くのと同じように店内の商品を見ていたとき、素敵だなと思ったのがこれ。

調布国領店ではボトムスの種類をサイズで分けるだけでなく、ジャンルごとに分けてくれているんですよね。

 

多くのブランド古着屋やリサイクルショップではサイズで分けて、その中で色分けをして見栄えをよくする程度ですが、調布国領店は違いました。

まず種類で分けてからその中でサイズを分け、さらに探しやすいように色分けがされているんです。

小さなことかもしれませんが、この気遣いは洋服にあまり詳しくない人にとっても嬉しいですよね。とても親切。

 

古着好きが語る!トレジャーファクトリーの魅力

ぼくは古着屋さんやセレクトショップも好きですが、トレファクのようなリユースショップもまた大好きで。

というのも特にトレファクやその古着専門店であるトレファクスタイルには、他の服屋さんにはない魅力や特徴があるんです。

 

ブランドに詳しくなりたければトレファクに通うべし

ひとつは、どんなセレクトショップに行くよりも多くのブランドに触れられるということ。

セレクトショップはオーナーがお店のコンセプトに合ったブランドの洋服を取り寄せて作るものですが、トレファクはそうじゃありません。

主にお客さんが持ってきた洋服を買い取って販売するお店なので、必然的に数多くのブランドアイテムが集まります。

 

となればそこはブランドに関する知識の宝庫。どんなセレクトショップよりも取り扱っているブランドの数が多いのは当たり前。

ぼくも店内の商品を眺めているとその度に知らなかったブランドに出会うので、いつも勉強になっています。

ブランドに詳しくなりたければトレファクに通うべし。

ファストブランドの服からハイブランドの服までを同時に見ることができるので、洋服の質を見る目も磨かれます。

 

そうして鍛えた目で、知らないブランドの洋服に出会ったときに「これはなかなか質がいいな・・・」なんて品定めしてみるのも面白いですよ。

 

買い逃した洋服やお宝アイテムに出会えるチャンス

なんといっても、トレファクでは過去に買い逃した洋服やお宝アイテムに出会えるチャンスがあるから面白いんですよね。

「3年前にあのブランドが発売したシャツが欲しくてずっと探している」

 

ピンポイントでずっと探している洋服があるとき、もしかしたらトレファクで感動の再会を果たすことができるかもしれません。

はたまた、探していた訳ではなかったとしても思わず欲しくなってしまうような掘り出し物、お宝アイテムに出会えることがあるかもしれません。

ぼくには今までにそういったことが何度もありました。

 

今回お邪魔した調布国領店さんでいうと、個人的に「これは絶対お買い得だ!」と思ったのがCOACHのバケツ型バッグ。

いわゆる”OLD COACH”のバッグは多くの古着屋さんで定番展開されており、常に高い人気を誇るアイテムです。

 

古着屋さんなら平均的には15,000円、安くても10,000円が相場なところ、トレファクスタイル調布国領店さんにて4,800円で発見。

お宝探しをしているかのようなワクワク感があるから、トレファク通いはやめられないんですよね。

 

”トレファク調布国領店ならでは”のコーディネートを組んでみた

調布国領店は国内最大の商品数を誇る店舗。もちろん、色々な色や形をした洋服が数多くありました。

せっかくそんなお店にお邪魔したので、最後にお店で販売されている洋服を使って全身コーディネートを組んでみました。

それも普段、1人で買い物に来ただけでは絶対に手を出さないであろうジャンルの洋服を使って。

こんなことができるのも、どんなセレクトショップよりも多くのブランドを並べているトレファクだからこそ。

 

ちなみにこの日のぼくはこんな格好をしていました。

柄シャツにベストを合わせてスラックス、頭にはキャスケットという古臭さ漂うオジコーデ。

 

それを、最近原宿を歩いたときの記憶を引き出しながら必死に今風なコーディネートを組んでみました。

ナイロンジャケットに色落ちしたジーンズ、NIKEのオールドルックなスニーカー。

80年代リバイバルブームな今、こういった”ちょいダサ”なコーディネートが流行っているように思えたので再現してみたのですが、いかがでしょうか。

 

ぼくは普段、滅多にこういったスポーティーかつ流行に乗った格好をしないので本当に新鮮な気持ちでした。

こういう格好の人、今の原宿には多くないですか?

 

こちらのコーディネートに使ったアイテムはブルゾンが3,000円、ジーンズが4,000円、スニーカーが6,800円だったので全身でお値段13,800円でした。

 

普段じゃ着ない洋服もたくさん置いてあるのがトレジャーファクトリー。

いつも決まったお店に行くだけじゃ広がらない視野も、ここならグンと広がって楽しいんですよ。

 

ちなみにゴリゴリの古着がたくさん並ぶ2階では古着好きの血が疼いてしまい、気付けば普段と何も変わらないコーディネートを組んでいました。

このセットアップは古着でノーブランドだったのですが、3,000円だったかな?2階もモノにはよりますが、基本的にはどの洋服もお買い得でした。

 

スポンサーリンク

店長さん「家族連れで楽しんで頂けるお店にしたい」

洋服にあまり詳しくない人でも、好きなブランドがあるマニアでもワクワクしながら買い物を楽しめるお店、トレファクスタイル調布国領店。

店長さんに調布国領店を今後どんなお店にしていきたいとお考えなのかを伺ってみたところ、「家族連れでも楽しめるお店にしたい」と仰っていました。

 

1階と2階で店内の雰囲気をガラッと変えていたり。

さらにブランドやアイテム別に商品を分けているところからも、店長さんのお客さんに対する親切心が伝わってきます。

 

それに古着屋にしては本当に珍しく、2階には自動販売機と座れる休憩スペースまで完備されていました。

買い物に疲れたらここで休憩しながら、お子さん連れの方でも心置きなく買い物を楽しむことができそうです。

 

置いている商品だけでなく、店内の隅々までお客さんの気持ちを考えながら作られているトレファクスタイル調布国領店。

とても素敵なお店なので皆さんも是非、お宝を探しに足を運んでみてください。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

就活でアピールできる特技として格好いいことを言うため、大学3年生の夏にブログを始める。結果、40社受けて内定がゼロだったため、やけくそで新卒ながら”プロブロガー”になった23歳。ブログの広告収入で生計を立て、自由な毎日を過ごすも、自分が本当にやりたいことは何なのかが分からずに彷徨っている。洋服が好きで、ファッション専門ブログも運営しています。 ▶︎いわたの偏愛コレクション
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

新ファッションブログ「いわたの偏愛コレクション」始動

ジーンズの色落ちやレザーの経年変化を溺愛する洋服オタクないわたが、買った服やコーディネートへの偏った愛を綴る新ファッションブログ。