独立してからずっと感じていた停滞感の正体に気がついた。

ここ最近、1年くらい前の自分と比べるとあまり前に進んでいない感覚を覚えていました。

いつまでも同じ場所で足踏みしている感じ。前進はしてなくて、現状維持しかしていないんじゃないの?

 

ちなみに周りの人から見ても、ぼく自身もいちばんキラキラしていたなと思う時期はこのとき。

とにかくブログでお金を稼がないと死ぬと思っていたから、あのときは毎日がドキドキとワクワクの繰り返しでした。

関連記事▶︎【就活失敗】40社受けて内定ゼロのぼくはフリーランスで生きていく

 

そんな停滞感の正体に、ふとした瞬間に気づいてしまいました。

だっていわたお前、ここ数ヶ月は何もしていなかったんだもん。

 

スポンサーリンク

必死感を出すも、何もしない毎日を過ごしていた

ぼくが一人暮らしを始めたのは去年の12月。

その頃はまだ学生だったし、独立したてということもありブログを書くことに必死だったのでまだいいんです。

 

けれど問題は大学を卒業した3月から今に至るまでの期間。

一人暮らしをする分には困らないだけの収入もあります。

だから、前ほどブログだけに執着するような生活ではなくなりました。

 

ここでぼくがブログを書く理由は”お金のため”だけじゃなくなりました。

そうしたら次の目標を立てるなり、前々から理想としているパラレルキャリア的な生き方をするため新しいことを始めるべきです。

 

なんだけど、振り返ってみるとぼくは大学を卒業した3月から何も変わっていませんでした。

確かに”何者になりたいかわからない状態”だから色々なコトやモノに触れて模索中・・・とはいえ、あまりにも。

関連記事▶︎何をすればいいかわからない時こそ、手を止めちゃいけないと思った

 

”好きなことを探すために試行錯誤しています”なんて、薄っぺらい大学生みたいな戯事をほざいています。

いや、薄っぺらい。アホだ。

それってお前、つまりは何もしていないんだよ。

 

短期的な目標を立てながら人生をワクワクさせる

そりゃあ停滞感も感じるはずです。

振り返ってみてもぼくは3月から何も変わっていません。まさに失われた4ヶ月。

 

暗中模索を続けて、次なる好きなことを探すのはとっても大切。

なんだけど、せっかくある時間をそれだけのために費やしているのも大損じゃないか?

 

そんなカッコよく暗中模索なんて言ったって具体的には何してるんだろう?

・・・本を読んでみたりするだけでしょ。あとは、今までに体験したことのなかった物事に首を突っ込んでみたり。

 

それでも簡単には自分の”好き”に出会うことができないから前に進んでいる感覚がない訳で。

この状況に不安を感じないかと言われれば全くそうではありません。

探し続けてはいるけれど、なかなかお宝には出会えないこの感覚。

進んでいるとは思っていても、気付けば手には何も握っていないこの状況。このままじゃダメだ。

 

だからそれを続けながらも、具体的な”何か”を同時進行した方がいい。

そうじゃないとたまに生きた心地すら感じないことがあります。

 

スポンサーリンク

来月中に曲を完成させてYouTubeに公開する

色々と好きなことを探す中で、ぼくはやっぱり音楽が好きでした。これはもう小学生の頃からずっと。

ぼくは、目の前のことに必死でもっと”生きてる感じ”を味わいたいので、これにも没頭してみようと思います。

 

目標も期限も何もないと好きなことでも中途半端になりそうなので、来月中には1曲完成させて公開してみよう。

作曲のスキルを身につけてそれも収入源のひとつにしたいと思っています。

ブログに続く2つ目の収入源に、好きなことを。

どうやってお金にするかなんて全然考えていないけれど、好きなことだからやってみる。

 

今の人生に停滞感を感じているのは目標もなく、何もしていないからなんです。

まだまだもがくことしかできないんだから、少しでも希望を感じたなら全部やって確かめるしか道はない。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

プロブロガーとして生きています。就活中、40社受けて内定がゼロだったことをきっかけに新卒で独立した23歳。コーディネートよりも作りを愛でるタイプの洋服オタクです。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。