考えるよりも行動することでしか、人はいい方向へと進めない

毎日、「これだ!」と決めたことを貫き通せる強さを持っている人って本当にすごいなと思っていて。

ぼくは気分に波があって、とても弱い人間です。

 

「今日はなんだか前向きな気分になれないな」

そう思うことがあれば、毎日やると決めたことを簡単に放棄してしまうこともあります。

1日サボってしまうと、それをきっかけにズルズルと3日4日と堕落した生活を送り続けてしまうんです。

 

最近は「毎日ブログを更新する」と決めたにも関わらず、1日サボったことをきっかけに結果として5日間くらい更新をしない日々が続きました。

 

こんな自分のままでいるのはさすがにまずい。

何より止まっていることが、現状維持を続けることが怖いというのに、そんな現実を甘んじて受け入れているなんて。

まずい、本当にまずい。

 

そんなとき、ふと視界に入った本を読んでみました。

メンタリストDaigoさん著の「ポジティブ・チェンジ」

この本を読んで再認識しました。

辛いときこそ落ち込んで休むんじゃなくて、手を動かし続けなくちゃならないということを。

 

スポンサーリンク

考えるよりも行動し続けることの方が100倍大事

タイトルからして、「ネガティブな自分を変えたい」と思っている人が手にするであろうこの本。

ぼくもなかなかネガティブな性格をしているので、そんな自分をポジティブな方向に変えていきたいと思い買いました。

 

そしていきなり突き刺さったのが、序盤に書かれている「考えるよりも行動することの方が大事」という旨のメッセージ。

ネガティブ気味な人は何か悩みがあるとつい考えすぎてその場から一歩も動けない状況に陥りがち。

 

しかしそれは大きな間違いで、あまりにも考える時間を作ってしまうと人間は行動しない理由を並べてしまう。

だから行動を起こす際に頭でそれを考える必要はなくて、それよりもまずは行動することの方が大事とのこと。

 

そして行動しながらPDCAを回し考える。

準備(思考)→行動の流れは大きな間違いで、行動→思考の順が本来あるべき形だということでした。

 

確かに・・・何をするにしても行動してからじゃないと具体的な課題って見えてこないもの。

見切り発車で出発して、やりながら足りないものを付け加えていくべきなんですね。

 

人間は環境や言葉に左右される弱い生き物だということ

「ポジティブ・チェンジ」ではネガティブな自分をポジティブな方向へと変えるための具体的なヒントをたくさん提示してくれています。

それらを読んで感じたことは、いかに人間が弱い生き物かということでした。

 

例えば、周りにいる人の思考に左右されて自身が良くも悪くも変化していくこと。

言葉遣い次第で自身の姿勢がポジティブにも、ネガティブにも簡単に左右されること。

 

人間は自身の発する言葉を耳にして初めて、自分でも「こんなことを考えていたんだ」と理解するそうです。

そこでネガティブな言葉を発してしまうと、それが頭の中にインプットされてしまう。

だからどんな言葉でもポジティブに使って自分に言い聞かせることが、前向きな姿勢を作るために効果があるんだとか。

「疲れた」と言うんじゃなくて、「やりきった」に言い換えてみるとか、とか・・・。

 

些細なことに気を配るだけでポジティブに変化していくのなら、これからはどんなときもポジティブな言葉遣いを心がけようと思ったのでした。

それだけでいい方向にも悪い方向にも傾いていく人間の弱さ。本当に弱い生き物なんですね。

 

スポンサーリンク

小さなことでも、常に変化することを心がけておく

現状維持=悪。

それは現状を維持しているようで、退化しているも同然とのことです。

ぬるま湯に浸かり続けて、自分が堕落していることにも気付かない。それが最もまずいことだと思っていて。

 

そんな最悪の状況を避けるには、日頃からどんなに小さなことであろうと、常に変化し続けることを意識することです。

朝、いつもより少し早く起きてみるでもよし。外食でよく行くお店を変えてみるでもよし。

とにかく変化し続けることでしか進化はできないし、退化する未来を避けることはできない。

 

「現状維持がいちばん嫌だ」と言いつつも、気付いたらそこに染まって安心している自分が怖いです。

だから1日にひとつは絶対に昨日の自分と変化をし続けていること。

そうじゃないと、気付かないうちに地獄へと近づいていそうです。

 

常に変化を続けることでしか成長はできない。

これを胸に刻んで毎日を生きていたいですね。

現状維持を繰り返し、茹でガエルになることだけは絶対に避けたいのです。それが、いちばん怖いから・・・。

 

思い悩んでいるときこそ手を止めない。

それが昨日よりも少しだけいい今日を生き続けるための鉄則だ。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳です。家にいることが大好きなので、その時間を最大限確保するためにブロガーとして生きる道を選びました。毎日のんびりしながら、大好きなブログと洋服のことだけを考えて生きています。
▶︎いわたの”逆”お悩み相談者さんを募集中
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。