温泉ブロガーに、俺はなる。

少し前までの、自分のブログ記事を読み直して感じたことがあります。

どの記事も例外なく・・・つまらない。

特に2~3ヶ月くらい前の記事は何が面白いのか、自分でさえわかりません。

原因はきっと、ぼくは家に引きこもったままでブログ記事を書こうをあがいていたからなんですよね。

実はブログを書こうとすればするほど、もっとアウトドアな人間になる必要があることに気付いていなかったんです。

 

スポンサーリンク

ブロガーって実は、とんでもなく暇人

そのことに2週間ほど家を空けて海外へ行ってみて気付き、面白くない記事を書いていた頃よりはマシになっている・・・と自分で思っているぼく。

しかしまたしても大変なことに気付いてしまいました。

ブロガーって、とんでもなく暇な生き物なんだ、と。

 

ひたすら家に引きこもってのんびりすることが大好きなぼくは、放っておけば無限にのんびりし続けます。

10月の予定はほぼ皆無に等しいのですが、今月も10日が過ぎた今、今日までの毎日をどう過ごしていたかが記憶にない。

たぶん、ぼーっと洋服かデュエルマスターズのことを考えながら生きていたのでしょう。

 

そうしてお腹が空いたらご飯を食べて、眠くなったら寝る生活。

まずい、これはまずいぞ。ただでさえ暇なのに、その上予定がないので暇を極めている。

「人生とは長い暇つぶしなのだろうか」と悟ったように贅沢な悩みをぼやき始めています。

こんなことを「仕事辞めたい」と言っている友達の前でぼやいたら、間違いなくぶっ飛ばされる。嫌なヤツ・・・。

 

温泉旅行を口実に、外出するきっかけを作ってみる

家にいても無限にデュエルマスターズのことを考え続けてしまうので、もう少し外に出ないとブログすら書く気にならない。

海外から帰ってきて、間髪空けずに草津温泉旅行へ行ってみたのはそのためでした。

今はなんだかもう、日当たりも悪く狭い6畳の部屋を、身を置いてはいけない場所のように感じています。

あそこにいると無限にのんびりし続けてしまう。心地いいのは確かなんだけれど、ひたすら堕落した生活を続けてしまいそうで。

 

今、ぼくに生きがいというか・・・退屈な生活の中に希望の光を差し伸べてくれるきっかけは間違いなくブログ。

ブログを書くことでぼくの生活リズムは正され、前向きに生きていくためには欠かせない道具のひとつです。

だからぼくはもっとブログを書きたい。

ボキャブラリーが乏しいので表現の限界に達しそうなのですが、そうすることでもっとこう・・・前向きに生き続けていたい。

 

ということでネタ探しも兼ねて、これからのぼくはせっかくの暇を使ってよりアクティブにアクションを起こし続けようと思っています。

外出するための口実は温泉旅行。ぼく、温泉が大好きなんです。

もともとお風呂が好きなのですが、家賃の安いぼくの部屋では湯船に浸かることすら難しいユニットバス。

耐えきれず月に1~2回は友達に土下座して車でスーパー銭湯に連れていってもらっていたのですが、やっぱりぼくは温泉が好きだ。

さらに草津温泉に行って確信した。ぼくは温泉が大好きだ。

だから、日本各地の温泉へ足を運ぶことを口実に、狭い6畳の部屋からもっと出ることにした。温泉が大好きだから。

こんな本も買っちゃいました。この本が全国各地、色々な場所へ足を運ぶきっかけになれば。

 

スポンサーリンク

より楽しく、ブログを書き続けていくために

古本屋で立ち読みした音楽雑誌にBUMP OF CHICKENの藤原基央さんのインタビューが載っていて、共感したことがひとつ。

「音楽は作ろうと思って作れるものじゃなくて、自分の中に経験が積み重なり”今だ”と感じたタイミングで出来上がるものだと思う」

 

創作活動のレベルが違いすぎるけれど、これにはぼくも全く同じことを感じていて。

ブログを書こうと思って書くのではなく、日常で積み重なったいくつかの経験が塊となって降ってきたタイミングで、思い立ったように記事を書いています。

だから毎日更新って、ぼくには向いていなかったわけで・・・。今月はこの記事を含めて、まだ2記事目なわけで・・・。

「ブログの収入で生計を立てているんだから、記事を書かなきゃ」という焦りは正直なところ、これだけのんびり生きているぼくにもあります。

けれど無理に書こうとしたところで皆さんはおろか、そもそもぼく自身が面白いと思える記事なんて絶対に書けません。

こんな葛藤を感じながら”職業、ブロガー”として日々生きています。

 

ひとまず、より楽しくブログを書き続けるための自然な流れとして。

気が向いたときに、気が向いた場所へ旅行にでも行ってみようと思います。

「◯◯温泉に行ってみたけど、ここはおすすめだよ」なんて場所があれば、Twitterやらメッセージやらで教えて頂けると喜びます。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

プロブロガーとして生きています。就活中、40社受けて内定がゼロだったことをきっかけに新卒で独立した23歳。コーディネートよりも作りを愛でるタイプの洋服オタクです。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。