人の気持ちを考え続けることでしか、いい人生は築けない

最近、色々な本を読んでいて気がついたんです。

自分の人生が思うようには上手くいかないとき、どこから改善していけばいいのか。

 

その答えは全部、「相手の気持ちを考えて行動する」ことに尽きるんじゃないかって。

 

スポンサーリンク

仕事ができる男はプライベートでも女性にモテる

仕事ができる男はプライベートでも女性にモテる。これって真理だと思うんです。

ビジネスでも恋愛でも、上手くいくために欠かせないのが「相手の気持ちを考えて行動する」こと。

どんなサービスを提供すれば世の中の人は喜んでくれるのか?と考えるのがビジネス。

どんな行動や発言で相手が喜んでくれるのか?と常に考え続けるのが恋愛。

 

根底にある大切な本質は全く同じだから、仕事ができる人は女性にもモテる場合が多い。

どちらも「どうすれば相手が喜んでくれるのか」を考えて行動することが何より大切です。

 

人の気持ちを考え続けることでしか、いい人生は築けない

少し前の記事でも書いたように、ぼくは人が仕事をする意味は自分の存在意義を確かめるためだと思っています。

人は、自分以外の誰かに認めてもらうことでしか自身が生きる意味を知ることができない。

関連記事▶︎仕事とは、人が自分の存在意義を確かめるためにするもの

 

となれば、もはやいい人生を築くためには人の気持ちを考え続けるしかないんじゃないかと思うのです。

どうすれば喜んでくれるのか?

それを徹底的に考えて、行動に移して、誰かが喜んでくれて、自分の存在意義を知ることができる。

人は1人じゃ生きられないっていうのは、きっとこういうことなのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

発言・行動の奥に眠る本質を探り続けること

ぼくはこれまで、人と向き合うことをおろそかにしながら生きてきました。

そんな自分勝手な生き方じゃ自分も相手も幸せになんてなれません。

 

今すぐ、人生を少しでもいい方向へ進めるためにできる第一歩。

それが目の前にいる人のことを大切にして、相手の気持ちを考えながら行動することだと思うんです。

 

話をするにしても、その発言はどんな意図があってされたのか?を考える。

相手の望むことを先読みして考えながら、自分は行動を起こす。

 

それを続けることでしか、相手はもちろん、自分を幸せにしてあげることってできないんじゃないかなと思うんです。

大げさに聞こえるかもしれないけれど、満足度の高い人生を生きるには間違いなく欠かせない本質のひとつ。

ぼくと関わってくれる全ての人のことを、その気持ちを考えながら行動して大切にしていこう。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳です。家にいることが大好きなので、その時間を最大限確保するためにブロガーとして生きる道を選びました。毎日のんびりしながら、大好きなブログと洋服のことだけを考えて生きています。
▶︎いわたの”逆”お悩み相談者さんを募集中
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。