振り返り日記をつけるところから、まともな人生を再スタートさせる

3月を終えた頃からちょっと、人としてどうかと思うような毎日を生きています。

昨日何をしたか、何を食べたかもあまり思い出せない。それくらいには何もしていない毎日です。

ブログの更新頻度にも現れていて、運営しているもうひとつのブログ(いわたの偏愛コレクション)では3月にほぼ毎日記事を書いていたのに、4月は一転、6記事だけ。

3月に頑張りすぎて、1か月早い五月病のようなものを発病したのかなって思ってます。

 

4月はほとんど何もしていない気がして、5月も気付けば4日が経っている。

ぼーっと毎日を過ごしているだけで、昼過ぎにもなれば、1日って長いなと思いつつ、早く終わることを願って昼寝をしてみたり。

これがあと何十年も続くなら、どうやら人生って本当に暇つぶしでしかないんだろうな、と思うようになってしまったり。

それでも「これでいい」って割り切った訳じゃなくて、僅かでも希望は保ちながら生きています。

なんかこう、どうにかして有名になったりしたいじゃん。もしぼくが会社に就職していたとして、それでも同じことは思い続けていたと思います。

やるせない毎日をなんとか過ごしながら、漠然と「なんかこう、有名になったりしたいじゃん」と思ってる。

 

とはいえ生きる屍のような生活をただ送っているだけじゃ有名になれる訳なんて到底ないので、せめてブログを書いてインターネット上で存在をアピールしてみること。

今できることのひとつにはそれがあります。

でもブログは2つとも更新頻度が低いことは愚か、そもそも書いてすらいない。それ以前にまともな生活を送っていない。

BUMP OF CHICKENの歌詞にもあるように、起きて飯食って寝て終了するだけの毎日をただ生きています。

 

これって、たぶんまずい。ちょっと人としてどうかって、ぼくでも思う。

でもいきなり「おっしゃ、毎日ブログを書こう」とか思っても絶対に続かないので、まずはまともな生活を取り戻すために振り返り日記を続けることから始めてみる。

 

基本的に殴り書きなので、字はめちゃめちゃ汚い。それでも、ここに記録を残すために「字を綺麗に書こう」とか思って始めたら、その時点で続かなくなりそう。

ハードルを低い位置に設けて、そこからまともな人間生活を再スタートさせようという試みだ。

第一歩として、振り返り日記を継続すること。これをやるとなんか、長いようで短い24時間をどう使って自分が生きているのかを把握できそうだから。

振り返って見たときに、だんだん時間の有効活用を行っていけそうな気がしてくるからやっている。

とはいえこのノートは2月に買っていて、普通に毎日使っていたらとっくに終わっているはずの1冊。つまり何度か挫折しています。毎晩振り返り日記を書くことすらも。

 

その当時は隙間時間を有効活用することを目的として始めたから、まだいい。ブログも一応書いてたし。

しかしブログも書かず、毎日自分が何をしているのかも把握していないっていうのはなかなか人として、やばそう。

だからまずは、日記を書くところから始める。そういうことにします。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

就活でアピールできる特技として格好いいことを言うため、大学3年生の夏にブログを始める。結果、40社受けて内定がゼロだったため、やけくそで新卒ながら”プロブロガー”になった23歳。ブログの広告収入で生計を立て、自由な毎日を過ごすも、自分が本当にやりたいことは何なのかが分からずに彷徨っている。洋服が好きで、ファッション専門ブログも運営しています。 ▶︎いわたの偏愛コレクション
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

新ファッションブログ「いわたの偏愛コレクション」始動

ジーンズの色落ちやレザーの経年変化を溺愛する洋服オタクないわたが、買った服やコーディネートへの偏った愛を綴る新ファッションブログ。