読んだ本の感想を明確に言語化する脳の筋肉トレーニング

考える力を鍛えるには。

 

学歴コンプレックスのあるぼくは、周囲にいる頭のいい人と自分の違いについて、これまでたくさん考えてきました。

結果として行き着いたのは、考える力の差だということでした。頭のいい人は、自分の頭で物事について考える習性がある。

その歴が長いから、効率よく色々な物事を進めることができるということ。

一方でぼくはといえば、何かについて自分の頭で考えることは面倒だと、少しでもその機会があるならば楽な道を選び続けてきました。

 

学生の頃の具体的な例えで言えば、計算ドリルを進めるにもぼくは、少し答えを考えてもわからなければドリルの最後に載っている答えを見る。

その後で振り返るようなこともせず、答えを見て自分の中で納得して勉強(?)を終える。以上。

 

しかし周りにいた頭のいい友達の勉強法って、きっとそうじゃなかったと思うんですよね。

自分の頭で徹底的に考える。その時点で持っている知識を総動員しながら答えを導き出そうとする。

その後で一度、自分なりの答えを出してみる。

全部終わったあとで答え合わせをして、間違っていれば正しい答えを見て、そこにたどり着くまでの過程を再現しようとする。そういう勉強法だったと思うんです。

 

こうして振り返ってみると当時からぼくは、答えを間違うことが怖かったんだと思います。

でも大人になってみて気付いたことは、実はその方法こそいちばんの間違いだったということで。

失敗は成功のもと。人は間違いから正しい答えを学んでいくものなのですね・・・いい話だ。

 

スポンサーリンク

読んだ本の感想を明確に言語化して脳の筋トレ

そんないい話をしたかった訳ではなくて。

今から学生時代の遅れを取り戻す・・・というか、少しでも聡明な方々に追いつこうとするならば、何かしらの手段と努力が必要になると思いました。

 

本屋さんで爆売れしている「ゼロ秒思考」、やると決めてから今日に至るまで、続けてはみたものの、毎日できている訳でもありませんでした。

というか、月に数回しかやっていない気さえしています。こうして振り返ってみると本当にダメダメだな・・・。

 

そんなぼくでも続けられる、考える力を鍛えるための筋トレって何だろう。

考える力を鍛えるための手段を考えた結果、読んだ本の感想をアウトプットすることに決めました。

 

最近は少しずつ、日常の習慣として読書が染み付いてきた・・・か、きていないか、といったところ。

積読している本は今だに30冊くらいはあるはずです。本って買っただけで満足してしまう。読書家=インテリジェンスなイメージが格好よくてつい。

 

でも、せっかく本を読むようになってきたのだから、読み終えた後の感情や感想をそのままにしないでおこうと思いました。

本を1冊読み終えた後にある達成感と、胸にぼんやりと浮かんでいる感想と感情と。

それらの輪郭をぼんやりさせたままでいるのはもったいないので、はっきりさせてあげようと思ったんです。その方が読んだ記憶もはっきりと残るだろうし。

 

スポンサーリンク

『読書メーター』を使って読んだ本を記録する

そのための具体的な方法として、スマホアプリもある『読書メーター』を使ってみることにしました。

とはいえアカウントが存在していたので久々にログインしてみると、2年くらい前に数冊だけ読んだ記録が残っていてみっともない気分になった・・・。

 

ここに自分が読んだ本を登録して、同時に長くなりすぎないよう、内容の要約と感想をまとめて投稿する。

過程で自分がその本を読んで何を感じたか?どんな感想を抱いたのか?

内容を端的にまとめて誰かに伝えるには、どんな部分を切り取るべきなのか?を、非常に頭を使いながら考えるようになります。

 

今までは自己啓発本を読んで、やる気になった自分の優越感に浸って終わりでした。結局は何もせずに、時間が経てば読んだ本の内容さえも忘れて。

それよりかは読んだのが小説であっても、その内容に関して何をどう感じたのか?を上手く言語化させようとする、その過程の方が意味があるんじゃないか?と思ったんです。

 

自己啓発本の場合は読むだけでやった気になって終わりだけれど、後者を実践しようとすれば実際に頭を使う。偉いのって、確実にそっちですよね。

ということで、読んだ本の感想や内容の要約を短い文章にまとめて、読書メーターに投稿することに。

これを使うと読んだ本を目に見える形で蓄積していくことができるので、本を読むモチベーションにも繋がっていきそうですよね。

ポケモンGOで図鑑を埋めるために頑張るのと同じように。ポケモンGO、やったことないけど。

 

考える力を鍛えるために、読んだ本の内容を要約&感想を言語化して残していく。

これを自分のペースで続けていこうと思います。今すぐ、誰でもできる脳の筋肉トレーニング。

 

こうやってブログで宣言した途端に習慣化していたことすら続かなくなるという・・・とんでもなくどうしようもないぼく。

きっと記事にして偉そうに語ることで満足しちゃうんだろうな。気長に続けていこうと思います。積読もたくさんあるんだし・・・。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

就活でアピールできる特技として格好いいことを言うため、大学3年生の夏にブログを始める。結果、40社受けて内定がゼロだったため、やけくそで新卒ながら”プロブロガー”になった23歳。ブログの広告収入で生計を立て、自由な毎日を過ごすも、自分が本当にやりたいことは何なのかが分からずに彷徨っている。洋服が好きで、ファッション専門ブログも運営しています。 ▶︎いわたの偏愛コレクション
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

新ファッションブログ「いわたの偏愛コレクション」始動

ジーンズの色落ちやレザーの経年変化を溺愛する洋服オタクないわたが、買った服やコーディネートへの偏った愛を綴る新ファッションブログ。