アパートでも爆音で。総額13,000円で揃えるコンパクトなベースアンプとヘッドホン

せっかく弾けるようになったのに、何だかもったいないな。

趣味で楽しんでいるベースも、好きな曲を弾けるようになったところで、バンドを組んでいないから誰に見てもらえる訳でも、聞いてもらえる訳でもなくて。

 

そんな中、YouTubeでよく見る”弾いてみた動画”にしてみようと思い立ち、投稿してからは、それがひとつ、終わりの形としてまとまった感じがして嬉しかったんです。

スーパーマリオで例えるなら、ステージをひとつクリアした感覚。それを味わってからは、見て欲しい気持ちもありますが、形にしたい気持ちもあり動画投稿を続けていて。

 

練習に熱が入ると、必然的に普段から少しでもいい環境でベースを弾いていたいと思うようになりました。

そうして買い揃えたのは、安家賃で壁の薄いアパートに住んでいるぼくでも大音量でベースを弾くためのアンプとヘッドホン。

総額13,000円ほどで大満足の環境(と呼べるほど大袈裟なものではありませんが)を作れたので、それをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

手のひらサイズのベースアンプ Blackstar Fly3 BASSが優秀

「ベースを練習するときは、いつだってアンプに繋いでいた方がいい。生音で練習していると、ミュートできず鳴っている音にも気付けないから」

YouTubeに公開されているベースの教則動画を見て、それまで生音で練習していたぼくはアンプの購入を決意しました。

 

しかし、安家賃のボロアパート。壁が薄いからアンプなんて使えば絶対に隣の部屋から苦情が来るし、そもそも場所を取る。

以前、ギター用にVOXのアンプ機能が付いたヘッドホンを購入したことがありました。そちらは記事にして紹介しています。

 

買ってからしばらくはちゃんと使えていたのですが・・・使い込んでいるうちにヘッドホンのシールド部分(ギターに接続する側の根元)がイカれはじめて。

結局、半年くらい使って捨ててしまいました。

Amazonのレビューに「シールドが細くて頼りない」とありましたが、使ってみてもその通りですぐに壊れてしまったので、今となってはおすすめできません。

 

ということで、新たに何とかしようと考えて購入したBlackstarというメーカーから発売されている”Fly3 BASS”というベースアンプ。

聞いたことのないメーカーだったので性能は半信半疑でしたが、何よりアンプとは思えないコンパクトさに惹かれました。

片手で軽々持てる重さと、手のひらにひょこっと乗っかるコンパクトなサイズ感。

 

注意して頂きたいのですが、Fly3には”ギター用アンプ”も存在します。

ギター用とベース用が、パッと見で判断できるようにしてくれ、と心底思うくらい見た目が似ているので、ご購入の際は間違ってギター用を買わないようお気をつけください。

正面から見たときに、網目の部分が真っ黒なFly3がギター用。グレーのものがベース用になっています。

▼こちらがベース用の”Fly 3 BASS”

 

単三電池6本、もしくは専用のACアダプターで稼働してくれます。

別売りのACアダプターは定価で買うと3,500円ほどするので、ぼくは単三電池で動かしています。

普段はデスクにちょこんと置いているので、電池で動いてくれるなら余計な配線も減らせて嬉しい。

 

肝心の音も、単三電池6本で稼働してくれる3ワットの、それもコンパクトな手のひらサイズアンプとは思えない迫力と低音の響き。

ぼくが購入を決めるきっかけとなった動画を貼っておくので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

 

上部には大きなツマミが4つに、小さなツマミがひとつ、小さなボタンがひとつ(OD)、そして電源ボタン。

基本的な使い方はスタジオにあるような巨大なアンプと同じで、左端の”INPUT”にベースとFly3をシールドで繋ぎ、電源ボタンを押すだけ。

あとはそれぞれ、大きなツマミでGAIN、EQ、COMP、VOLUMEを調整します。

 

GAINとEQの間にある小さなボタン(OD)を押すと、オーバードライブが掛かります。

COMPとVOLUMEの間にあるツマミ(SUB)。ぼくはFly3を購入して1ヶ月が経ちますが、このツマミが何なのかは正直なところ把握していません。

 

Fly3は商品名にもある通り、3ワットのベースアンプです。単三電池6本で稼働するとはいえ、その音量はなかなかのもの。

壁の薄いアパートで使うんじゃ、隣人さんから激怒の声が聞こえてきそうです。

 

そこで嬉しいのが、右端に備えられたEM.OUT&PHONESのジャック。

中くらいの大きさをしたアンプにも付いていたりしますが、ジャックがシールドサイズだったりするので、普通のイヤホンを使うには変換が必要だったりして面倒です。

それもこのサイズのアンプとなれば、普段使いのイヤホンだってダイレクトに刺してそのまま使えるのが嬉しい。

 

加えてMP3/LINE INと記載のあるジャックもあります。ここには、音源を流したいデバイスをミニプラグで繋げばOK。

 

ぼくは100円ショップのDAISOで、両方共オス端子のオーディオケーブルを手に入れて、片方をFly3に。

もう片方をiPhone向けに変換して接続し、練習したい曲を流しながら、重ねるようにしてベースを弾いています。

ベースにとってのカラオケみたいなものが、オーディオケーブルでスマホとFly3を繋げばできちゃうんですね。

今までスマホで音楽を流しながら生音でベースを弾いていたぼくにとって、アンプを通した音でこれができるのはすごく嬉しい。

 

それに、Fly3とスマホを繋いで音楽を流せば、単純にスピーカーとしても使うことができちゃいます。これだけでも便利。

 

左端にアンプをとベースを繋ぐシールドを、右端にイヤホンもしくはヘッドホンを繋ぎ、その隣(白いコード)でスマホと繋いで後ろで音源を流す。

家で練習するときに必要なものを全て繋ぐと、こんな感じ。この状態でデスクの端にちょこんと置いています。

 

Fly3をデスクに。その手前にスタンドを置いてベースを立て、シールドでFly3と繋げながら、電源を入れればいつでも爆音で弾ける状態にしています。

 

出力はaudio-technicaのモニターヘッドホン ATH-M20xへ

イヤホンもしくはヘッドホンを使わず、アンプから直で音を出力すれば近所大迷惑。練習するときは当然、EM.OUT&PHONESのジャックに何かしらを接続します。

 

そこでぼくが選んだのは、audio-technicaのモニターヘッドホン、ATH-M20x。

新品でも6,000円で買える上、Amazonでもレビュー数が多く、かつ評価も高かったためこちらを選びました。

 

こちらは使い始めてからも日が浅いですが、モニター向きヘッドホンを購入しただけあって、迫力のある低音を響かせてくれます。

ふわっと柔らかいパッドが耳を包んでくれますが、いい意味で外の音を遮断し過ぎないため、長時間弾いていても耳が疲れないのがいいところ。

 

モニターヘッドホンと普通のヘッドホンの違いは、ざっくり言えば音楽を録るために向いているものか、聞くために向いているものか、といったもの。

普通のヘッドホンは音楽を聞くために向いているもの。一方でモニターヘッドホンは音楽を録るために向いているものです。

 

ぼくは普段、音楽を聞くときはiPhoneに付属していたイヤホンで十分。しかし、弾いてみた動画に使う音を録るためにはそれじゃあ不十分。

ということで、モニターヘッドホンを購入してみました。

 

もちろん、普通のイヤホンを接続して弾いたって何の問題もありませんが、爆音を出すとなればやっぱり気持ちいいのはヘッドホン。

機械にはさほど詳しくないぼくですが、ヘッドホンだったりは値段もピンキリなことだけは知っています。

なるべく低予算で抑えたかったので、ぼくはATH-M20xを購入。とはいえ業界では有名なaudio-technicaのアイテムなので、まず間違いありません。

 

スポンサーリンク

総額12,000円で本格的かつ爆音でベースを弾いて楽しめる

ベースアンプにFly3。ヘッドホンにはaudio-technicaのATH-M20x。

それぞれ6,000円と7,000円で購入できるアイテムなので、総額13,000円で本格的な音を、自宅にいながら楽しむことができています。

 

Fly3の、使っていて少しだけ気になった点を挙げるならば、ヘッドホンを通さず演奏をすると、一瞬音が小さくなったりするところでしょうか。

ぼくは基本的にヘッドホンを通してしか使わないので、さほど気になることではありませんが、ヘッドホンを使わない前提でアンプをお探しの方にはおすすめできないかもしれません。

 

ベースの上達にはアンプが必須。

実際、購入してから練習がもっと楽しくなったので、ちょっとの出費で練習にもっと熱が入るようになりました。楽しみながら上達していきたいです。

 

先ほども書きましたが、Fly3にはギター用アンプも存在していて、ベース用と見た目がほとんど同じなため、ご購入の際はお間違いのないよう、十分にお気をつけください。

 

▼正面から見たとき、網目の部分がグレーになっているものがベース用の”Fly3 BASS”です。

 

▼ぼくがFly3と一緒に愛用しているモニターヘッドホン。業界では有名なaudio-technicaのATH-M20x。

ヘッドホンですが外の音を遮断し過ぎないため、長時間爆音で弾いていても耳があまり疲れないのが嬉しいところ。おすすめです。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

就活でアピールできる特技として格好いいことを言うため、大学3年生の夏にブログを始める。結果、40社受けて内定がゼロだったため、やけくそで新卒ながら”プロブロガー”になった23歳。ブログの広告収入で生計を立て、自由な毎日を過ごすも、自分が本当にやりたいことは何なのかが分からずに彷徨っている。洋服が好きで、ファッション専門ブログも運営しています。 ▶︎いわたの偏愛コレクション
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

新ファッションブログ「いわたの偏愛コレクション」始動

ジーンズの色落ちやレザーの経年変化を溺愛する洋服オタクないわたが、買った服やコーディネートへの偏った愛を綴る新ファッションブログ。