「誰かのために」で生きるには、自分勝手に生きること

「社会をよくしたい」「○○で困っている人を助けたい」って野望を持って、他人のために動ける人。

ぼくはずっと疑問に思っていました。

「どうしてそんなに、会ったこともない誰かのために行動できるんだろう?」って。

 

ちょうど1年前、就活しているときから思っていました。

そういった社是を掲げて精力的に事業を行っている会社を見て、そう思っていた。

でも、今になってやっとその謎が解けた気がしています。

 

結論から言うと、他人のために行動できるようになるには、まずは自分の気持ちを満たしてあげることが先決。

その後でいつか必ず、誰かの為に行動できるようになる日が来るんだって。

スポンサーリンク

ある程度、自分の欲求が満たされるとヒマになる

ぼくは大学を卒業する少し前、4年生の終わり頃に実家を出て一人暮らしを始めました。

卒業後は就職しないことを決めていたので、このブログを運営しながら得られる収入をもとに。

 

自分で選んだ道とはいえ、完全に不安がなかったと言えば、それは嘘になります。

いかんせん収入の不安定な仕事なので、いつ満足に暮らせるだけのお金が入らなくなるかもわからない。

それは今も変わりはないんだけど、慣れって不思議なもので。

 

いわた

死んだら死んだで、それはいいや

これくらいには開き直っています。

 

ひとまず幸せに生活できるだけの収入がある今。

さて、次はどこを目指していこうか?

 

こう考えたとき、ぼくにはもう、これといって大きな”自分のためになるような目標”が浮かびませんでした。

特にお金が欲しい訳でも、有名になって誰かから崇拝されたい訳でもない。

 

ぼくを突き動かすモチベーションはなく、そうなるとブログを書く気力も前よりも起きず。

・・・あれ。なんか、ものすごくヒマだな。

 

その証拠に最近のぼくは寝るか食べるか、本を読むか、それしかしていません。

とんでもなくヒマな毎日を過ごしています。

基本的にゴロゴロするのが大好きなので、幸せなことに変わりはないんですけどね。

 

ヒマになると、余ったエネルギーを自分の外へ向けられる

いくらゴロゴロするのが大好きなぼくでも、そんな生活をずっと続けていれば退屈する訳で。

さあ次は何をしようかなって、ベッドから体を起こします。

 

そのとき、初めてこう思いました。

というよりも無意識のうちに、ブログを書く理由が生活の為ではなくなっていたんです。

 

今以上に多くの収入はいらない。

ブログを始める前はパソコンすら持っていなかったポンコツのぼくが、今はそれを使って生計を立ててるんだ。

こんな奴だって「やってみなきゃわからない」と思って飛び込んだら、成功できた。

 

それなら誰だって何だって、やればできるんじゃないか?

ブログに限った話じゃない。

やる前から「どうせ無理」と言っている人は、そうやって自分の可能性を狭めているだけなんだ。

それってすごくもったいないことで。

そんな「どうせ無理」を、ぼくは世の中から消し去りたい。

 

自分の欲求が満たされて、もう自分のための大きな目標はさほど必要ないと思ったぼく。

途端にヒマになったので、余ったエネルギーが自分の外側に向きました。

くすぶっている誰かに、ぼくのブログを通じて勇気を与えることができれば。

初めて自分以外の誰かのために動こうと思えた瞬間でした。

 

スポンサーリンク

いつか自分が満たされるまで、自分勝手に生きていい

痺れるくらいカッコいい生き方をしている人たちはみんな、「誰かのために」って生きている。

ぼくはその姿に憧れながらも違和感を感じていました。

その人みたいになりたいのに、ぼくは「誰かのために」じゃ動けない。

 

小さい頃から両親にも「お前は自己中だ」って言われまくっていたし、今でも変わらないままなのかな?

本気でそうやって悩んだこともありました。

 

それでも今のぼくは「誰かのために」が原動力になっていて、ようやく真っ暗な闇の中を抜けた気分です。

自分が想像していたよりも遥かにあっさり、無意識のうちにエネルギーが外側へ向くようになった。

 

それも全て、自分の欲求がある程度満たされたからなんですよね。

余ったエネルギーが勝手に外側へ向いただけ。

 

何かの行動を起こすとき、その理由が「誰かのために」じゃまるでやる気が出ないとき。

それが綺麗ごとにしか聞こえないときも。

 

まずは自分のやりたいこと、成し遂げたい目標へ向かって欲求の赴くままに突進してみればいい。

その後で必ず、「誰かのために」で動けるようになる日がやってくるから。

 

いつか自分が満たされるその日まで、自分勝手に生きていい。

考えてみれば、自分のことすら幸せにできない人が、他の誰かのことを幸せにできる訳がないもんな。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

プロブロガーとして生きています。就活中、40社受けて内定がゼロだったことをきっかけに新卒で独立した23歳。コーディネートよりも作りを愛でるタイプの洋服オタクです。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。