【感想あり】那覇でゲストハウスに泊まるならエアポートイン那覇が超おすすめ

「旅行で沖縄へ行こうと思っているのだけれど、格安で泊まれるホテルやゲストハウスはないかな・・・」

そう思っているあなた。

さらに欲を言えば沖縄でも屈指の観光地である那覇市内で、主な移動手段となる”ゆいレール”の駅から近くて、かつ多くの有名スポットまでのアクセスも良好な場所がいい、ですよね?

全ての条件を満たしてくれる最強のゲストハウス、あります。今回はぼくがそこへ実際に泊まってきたので、感想も込みでご紹介したいと思います。

 

初めて旅先でゲストハウスに泊まったので、正直今までは他の人との相部屋に抵抗のあったぼく。

それでも結果から言わせてもらえば、そこに不満を感じることは全くありませんでした。

それらも全て踏まえた上で感想を書いているので、以前のぼくと同じく相部屋に抵抗のある方も最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ゆいレール 旭橋駅から徒歩1分『エアポートイン那覇』

それが、ゆいレールの旭橋駅から徒歩1分に位置するゲストハウス、エアポートイン那覇です。

 

旭橋駅のホームから見える、エアポートイン那覇(水色の看板が目印)

上に挙げた全ての条件(宿泊料金が安い、那覇市内、駅近、観光地へのアクセスも抜群)を満たしてくれる素晴らしすぎる施設。

ちなみに旭橋駅は那覇空港からゆいレールに乗って5駅です。時間にすると10分ちょっとかな?

 

カウンターで手続きを済ませると、リュックひとつ分は楽々入る大きさのロッカーを施錠するための鍵と、部屋へ入室するためのセキュリティーキーを受け取ります。

今回ぼくが泊まったのは男性専用フロアである5階。入室するとラウンジに椅子が並んでおり、ご飯を食べる場合はここで。

 

奥へ進むと2段ベッドがたくさんあり、うちひとつを寝床として使う仕組みになっています。

 

室内の様子はこんな感じ。まさに寝るためだけの部屋ですが食事はラウンジで済ませてしまいますし、不満は全くありませんでした。

コンセントは一般的な形のものがひとつ、USB専用がふたつ用意されているのでパソコンやスマホの充電に困ることもなく。

もちろん電源だけでなくWi-Fiも完備。パソコンをガンガン使うノマドワーカーはラウンジでも、部屋でも仕事ができちゃいますね。

 

それどころかこのベッド、なかなか寝心地がよかったんです。聞けばそこにはこだわっているらしく、良質なマットレスを採用されているそうで。

 

宿泊料金は1泊あたり2,200円〜(※)

これだけ寝るには最適な環境、かつとても綺麗な施設でありながら宿泊料金は1泊あたりなんと2,200円〜。

ただしこれはキャンペーン価格なので、2泊以上するのであればこの限りではありません。

ぼくは3泊して13,400円。1泊あたり約4,500円だったのですが、那覇市内のホテルで土日を含めた3連泊を5,000円/日で泊まれるなんてことは滅多になく。

それを考えるとエアポートイン那覇はやっぱりお得なのでした。

 

ゆいレールに乗って那覇空港駅から5駅

最寄りは旭橋駅と言われてピンと来ないかもしれませんが、那覇市内を観光するにおいて主な移動手段となる”ゆいレール”の乗って空港から5駅の距離です。

ちなみに、市内に電車・モノレールはゆいレールしか通っていません。それ以外の移動手段はバスか車に限られるのですね・・・。

 

旭橋駅は各観光地へのアクセスも良好です。歩いてでもあの有名な国際通りに行けてしまうほど。

ぼくは実際に歩いてみたのですが、およそ15分ほどで着きました。

ゆいレールに乗って1駅、県庁前駅で降りてそこから歩くもよしですが、結果として国際通りに到着するまでの時間はどちらも15分なのでした。

 

なによりエアポートイン那覇自体が駅近なので、ゆいレールを使って移動する場合は本当に楽。

電車に乗って首里駅で降り、首里城の観光もしてきました。

 

荷物・部屋のセキュリティー面も心配なし

ぼくは今回宿泊したエアポートイン那覇が人生初のゲストハウス宿泊だったのですが、それ以前には漠然と不安を抱いていました。

というのも主にセキュリティー面に関してのこと。荷物は誰かに盗まれたりしないのか、部屋に誰か入ってきたりしないのか?といったことです。

荷物に関してはリュックひとつ分くらいなら余裕で入るロッカーが設置されており、宿泊者なら無料で使えるので問題なし。

ただ大きなキャリーバッグを持っているとそうはいかないのですが、共用の荷物置き場は用意されています。キャリーバッグ自体に鍵をかけておけば心配はありません。

それ以前にゲストハウスはホテルと違い同じ時期に泊まっている人との共同生活というイメージが強いな、と感じました。

自然と交流も生まれるし、会話も生まれます。自分でも無意識のうちに仲間意識が芽生えているので、個人的には警戒をする必要もなかったように思います。

ホテルにはない温かさがあって楽しかったな・・・。

 

スポンサーリンク

那覇のゲストハウスならエアポートイン那覇が超おすすめ

という訳で那覇市内に格安で宿泊でき、かつ駅近、観光地へのアクセス抜群な宿を探している方にはエアポートイン那覇が本当におすすめです。

ゲストハウスへの宿泊が初めての方でも過ごしやすい空間。ホテルにはない交流も是非楽しんで欲しいところです。

唯一気になるポイントとしては、寝室のライトが朝から夜までずっと付けっぱなしなところ。

個室のカーテンを閉めてもその光が漏れ入ってくるので、気になる人はアイマスクがないと寝付くまでに少し時間がかかってしまうかもしれません。

それも個人的には少し気になっただけで、他にはシャワールームも清潔だし、洗濯機&乾燥機も安く使えるし(セットで250円)で大満足でした。

那覇へ行かれる予定のある方は是非、利用してみてください。

 

チェックアウト時に沖縄名物のちんすこうを頂けるのも嬉しいポイント。

 

・エアポートイン那覇

沖縄県那覇市東町4-15 (ビル4F,5F)

▶︎ホームページはこちら

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

プロブロガーとして生きています。就活中、40社受けて内定がゼロだったことをきっかけに新卒で独立した23歳。コーディネートよりも作りを愛でるタイプの洋服オタクです。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。