古着屋店員によるアドバイス!古着を買う時に見るべき所と注意事項

※2017年1月28日に追記しました

古着を買ってきました。今さっき。

f:id:kota04:20150927134527j:plain

買ったのはoldのDior。

品質表記タグは切り取られていたので素材は不明ですが、恐らくポリエステルで作られたベロア生地。

薄手で、ちょっといいメガネ拭きみたいな質感です。

 

実はぼくは、洋服リユース業大手の古着屋で働いています。

持ち込まれた服の査定を行い、、その見積もりは服の使用感やダメージによって大きく変化するので、その辺りに関してもかなり厳しく見るんです。

 

・・・そこで、今回は古着屋で働き、査定も行うぼく自身が古着を買う時に見ているポイントと注意事項について書いていきます!

これさえ読めば、古着の買い物で失敗することはまずないでしょう。

 

スポンサーリンク

どの程度の使用感があるか

まずはその服にどの程度の使用感があるかを見ます。

例えば今回買ったベロア生地やスウェード、フリース等、起毛している生地でいえば毛は寝ていないか、全体的にクタっていないか。

 

コットンであれば毛玉はないかなど、商品全体を見てまだ着れそうかを判断します。

f:id:kota04:20150927134605j:plain

このシャツはこうやって見ると生地が薄くなってきているので、着古されていることがわかります。

それでもこのシャツ、1,000円しませんでしたからね・・・。

確かにDiorとはいえども、これだけ使用感があれば安いのも理解できます。

 

目立つ汚れの有無をチェックする

続いては汚れの有無を確認します。

ここで僕が注意しているのは次の2つの場所です。

 

首元の黄ばみや黒ずみをチェック

f:id:kota04:20150927134636j:plain

 首元、主に襟の内側です。

この辺りは着ている間、服が肌にずっと触れているので黄ばみや黒ずみ等の汚れが目立ちやすいです。それらがあるかをよく確認します。

 

脇の下のほつれや黄ばみの有無をチェック

f:id:kota04:20150927134721j:plain

袖部分を持って、脇の下を見てみます。

脇の下部分には袖との縫い目があるので、黄ばみ等の汚れだけでなくほつれた縫い目による穴がある可能性も。

 

古着におけるダメージを見逃すな!

まだまだ見る所はあります。次はダメージの有無を確認します。

ここで僕が特に注意をしているのは次の2つについて。

 

生地に穴が空いていないかをチェック

先ほどは脇の下の穴を確認しましたが、これ以外の場所にも穴が空いている可能性は大いにあります。

今回はシャツですが、ニットを買うなら穴空きの有無確認は特に念入りに。

f:id:kota04:20150927134746j:plain

これは小さいですが虫食いによる穴。Diorのシャツは良い生地を使っているから、さぞかし美味しかったであろう…。

 

f:id:kota04:20150927134816j:plain

意外と見落としがちなのがポケットの縫い付け部分。ポケットの重みで生地に穴が空いてしまっているなんてこともあります。

このシャツの場合、フラップで穴が隠れていたのでよく見ないと気付きません。

 

ボタンは弱っていないかをチェック

たとえ弱っていたとしても、シャツなら自分で簡単に取り付けることができますが、これがアウターだったら面倒臭い。

ぼくは買うのを避けてしまいます。

f:id:kota04:20150927134846j:plain

糸だれにも要注意。このシャツは前の持ち主が全部のボタンを補修していたようです。

 

古着は上手く使うとコーディネートに深みを出してくれる

f:id:kota04:20150927134918j:plain

古着を買う時には注意することがたくさんあるので新品ほど気軽には買えません。

・・・が、新品と違って全てが1点モノなので、人と被るのが嫌な人には本当におすすめです。

 新品にはない、独特の雰囲気も古着ならではのものなんですよ。

色々と見るべきポイントや注意事項を挙げてきましたが、前提として汚れやダメージの許容範囲は人によって違うはず。

 

あまりにも不潔い見えない範囲で、自分が着たいと思えるなら買ってしまうのも大いにありですよ。

ちなみにぼくは新品も着れば古着も着る人なので、古着が大好きな人と比べればダメージの許容範囲は狭めです。

 

今回買ったシャツは所々ダメージがあったので着るかは別としても、この記事を書くにあたってかなり役立ってくれました。

お陰でより具体的な説明をすることができてよかったです。

ありがとう!メガネ拭きみたいな生地のシャツ。

 

スポンサーリンク

ネット通販で古着を買う人にはZOZOUSEDが超おすすめ

これらのポイントを考慮した上、ネット通販で古着を買うならZOZOUSEDがおすすめです。

ZOZOUSEDではブランド古着をはじめ、古着屋で売っているようなレギュラーの古着も販売されています。

 

つまり日頃からここに目を通していれば、複数の古着屋へ足を運ぶよりも効率的に古着を知ることができるんです。

加えて他の通販サイトよりもブランド古着の値段が圧倒的に安いので、これを利用しない理由はありませんよ。

 

ただひとつ注意点としては、ZOZOUSEDで買い物をする前にZOZOのアカウントを必ず作っておくことです。

アカウントを作っておくだけで、ZOZOで使える2,000円の割引クーポンが毎日配布されるんですよ。

 

f:id:kota04:20170128110518p:plain

このクーポンは毎日、日替わりで色々なブランドで使えるものが配布されます。

あなたが好きなブランドの洋服も、ZOZOで取り扱いがある限りは高確率で安く買えるタイミングがくるはずです。

現にぼくが好きなブランドはマイナーですが、それでも2,000円引きで買えるクーポンが時々配布されてくるんですよ。

 

とにかく古着を安く買いたいのであれば、ZOZOのアカウントを作ってZOZOUSEDをチェックしてみましょう。

眺めているだけでも古着に詳しくなれることは間違いありませんよ。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳です。家にいることが大好きなので、その時間を最大限確保するためにブロガーとして生きる道を選びました。毎日のんびりしながら、大好きなブログと洋服のことだけを考えて生きています。
▶︎いわたの”逆”お悩み相談者さんを募集中
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。