就活へ向けて資格は必要?文系大学生がインターンに行って考えたこと

夏休み、就活が不安だったぼくは大学の就職説明会に参加しました。

そこでは

 

「就活ではインターンに行かないと選考に呼んでもらえない場合もあるから、皆さんは積極的に参加してください」

 

と、インターンに参加することをゴリ押しされました。

 

実際に就活をされているひとつ上の先輩から「インターンは行ってきた方がいいよ」と言われたことも。

焦ったぼくは例に漏れず、6月のマイナビ解禁と共に数社のインターンにエントリーをしました。

 

今回の記事ではそうして行ったインターン先での経験について。

数人の就活を終えた先輩に話を聞いてぼくが「就活に資格は本当に必要か」と考えたことについて、その意見を書いていきます。

 

スポンサーリンク

僕がこれまでに挑んだ資格

ぼくはこれまで積極的に資格勉強をする・・・というよりも、単位欲しさに大学の授業を履修することがほとんどでした。

そのついでに「せっかく勉強したんだから受けてみよう」と考えて資格に挑むことが多かったのです。

 

文系で経営学科の僕が受けた資格は以下の3つ。

 

簿記2級

ぼくは経営学科ということもあり、簿記は勉強していてかなり楽しかったです。

どんなに「資格はいらない」とおっしゃる社会人の先輩でも、

「簿記はやっておいた方がいい」

 

・・・と、口を酸っぱくして教えてくれました。

 

ITパスポート

資格試験にしては受けるハードルが低いことで有名なITパスポート。

情報処理技術者試験には及びませんが、大手のIT系企業へ就職したいと考えている方は持っておくと面接が少しだけ有利になるそうです。

 

ファイナンシャルプランナー3級

ぼくの学科、考えている分野には一切関係のない資格ですが履修しました。

2か月くらい前に申し込んでいたので、来週試験を受ける予定です。

 

インターンシップにエントリー

 8月は2社のインターンに参加してきました。

どちらも都内にある東証一部上場企業です。

インターンは面接ほど堅苦しいものではなく気軽にエントリーできるので、どの会社も基本的に倍率が高いと聞いていました。

 

ところが僕が行った会社は、1社目はマイナビからのエントリーのみで合格。

2社目はwebでエントリーシートを提出、それをもとに選考を進めるとのことでした。

 

肝心の「資格を持っていることでインターンの選考が有利になるかどうか」ですが、

エントリーシートには資格を書くスペースすら無かった気がするので、「資格の有無は重視されないのかな?」と思っていました。

周りの知り合いに聞いても選考は案外あっさりだった、という意見が多かったのも事実です。

 

先輩社会人の方の意見

ぼくが行ったインターンは1社目は2日間、2社目は5日間のプログラムでした。

そこで先輩社員の方々とお話をさせて頂ける機会も多々あったのです。

せっかくなので、社員の方に「学生の内に取っておいた方がいい資格はありますか?」と質問をしてみました。

 

2社合計でたくさんの方に質問をしましたが、そこで返ってきた答えのほとんどは驚くことに

「ない!今の内に遊んでおけ!」

だったのです。

 

中には「親に借金をしてでも海外旅行は行っとけ!」とおっしゃる方も。

 

理由としては学生の内に資格を取っても実践的に役立つ知識にはならないから。

加えて社会人になってからでも、必要な資格は会社の援助を受けながら取れるものだから、とのことでした。

 

もちろんこれはぼくの希望分野であるIT系のベンチャー~中小企業に限った話かもしれません。

一概には言えませんが、これまで何人もの方々にこの質問をしても返ってくる答えはほぼ同じだったんですよね。

 

まとめると、こういうこと。

資格なんて就職してから必要だと思ったら自ずと取るようになるから、学生の内は思いっきり遊べ!とのことでした。

 

社会人体験をした後の僕の考え

インターンでは、実際に普段から社員の方々が仕事をされているオフィスに身を置くという非常に貴重な経験もしました。

 

人事の方と5日連続でお会いしても、どこを重点的に見ているんだろう?と気になり、ぼくらを観察している人事の方の観察もしました。

 

そしてぼくが出した結論は、資格よりも人間力が大事!ということ。

今の時代では資格はもはや、「ぼくは他の人とも代替可能です」というレッテルを自ら貼っているようなもの。

ぼくは資格を取るのではなく、独自性多様性を磨いていきたいと考えています。

 

スポンサーリンク

机に向かって勉強するより、身をもって経験を積もう!

採用するにあたってはどの企業も書類選考や面接など、様々なステップを重ねて優秀な人材を取得しようとしています。

中途採用であれば面接の際に、

「以前いた会社でこの様な企画を~」

過去の業績をアピールできますが、新卒の学生の場合にはそれがありません

 

そこで面接官にとって、学生の採用基準は出身大学などの学歴や持っている資格になると思います。

・・・しかしそれ以前に僕は「自分」をしっかり持っているかどうかが大前提だと考えています。

今後の学生生活は資格取得よりも、いかにしてそこを磨くかに重きを置いて過ごすことにしました。

 

就活生の皆さんは、机に座って資格勉強するよりもインターンに参加し、身をもって社会経験をする方が100倍大切。

大手企業を志望していたとしても、早い段階から選考が始まるベンチャー企業のイベントに参加して経験を積んでみましょう。

 

ぼくがベンチャー企業のイベントや選考に参加するときに使っていたサイトは本当におすすめなので、全就活生は登録すべし!

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳です。家にいることが大好きなので、その時間を最大限確保するためにブロガーとして生きる道を選びました。毎日のんびりしながら、大好きなブログと洋服のことだけを考えて生きています。
▶︎いわたの”逆”お悩み相談者さんを募集中
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。