ヘヴィメタル好きに捧ぐ!日本のおすすめヴィジュアル系バンド4選

皆さん、ハードロックやヘヴィメタルはお好きですか?

ぼくは大好きなのですが、それらの音楽を得意とするバンドが活躍しているのって、海外がほとんどですよね。

個人的に音楽にメロディーはもちろん、歌詞に込められた意味やメッセージ性も重視するタイプのぼく。

そうなると英語ではいまいち理解できないので、日本語で歌われた曲を聞きたいと思ってしまうんです。

何が言いたいかというとつまり、日本で活躍するハードロック・ヘヴィメタルバンドの音楽が聞きたいということ。

そんなワガママを叶えてくれるバンドなんてあまりいない・・・と諦めるその前に。

そういったバンドって実は”ヴィジュアル系”と呼ばれる世界にはたくさん存在しているんですよ。

皆さんは”ヴィジュアル系”って、化粧をしているという理由だけで偏見を持ったりしていませんか?

実は最近のバンドは見た目が派手なだけじゃなく、演奏もかなり派手。そして技術のレベルもとんでもなく高いんです。

「日本詞で歌われたハードロック・ヘヴィメタルが聞きたい」というそこのあなた。これから紹介するヴィジュアル系バンドたちの楽曲に是非触れてみてください。

そのカッコよさに衝撃を受けること、間違いありませんよ。

 

スポンサーリンク

NoGoD (ノーゴッド)

この記事を書いているぼくもかれこれ10年以上ファンを続けているバンド、NoGoD。

ボーカル・団長のコミカルなメイクとバラエティー向きなキャラクターとは裏腹に音楽は本格的なヘヴィメタルそのもの。

メンバー全員が音楽専門学校・大学を卒業しており、その技術と曲構成における制度の高さは折り紙つき。

おすすめは「神風」という曲です。ギターソロの早弾きが超絶カッコイイ。ハイトーンボーカルが好きな方には特におすすめです。

 

摩天楼オペラ

本格的なメタルバンドにしては珍しく、キーボードを取り入れた神秘的なメロディーの楽曲を得意とする摩天楼オペラ。

彼らが織りなす楽曲は表現する世界観のスケールが大きく、圧巻の一言です。

積極的に”合唱”を取り入れたそのスタイルはライブでより一層映え、それがまたファンとメンバー間の一体感を増幅させてくれます。

言うまでもなくライブに参加すると楽しく、もっと好きになってしまうバンドの代表格。

ヴィジュアル系バンドのライブには女性が多いですが、彼らの場合は男女比が半々くらいなので初めてでも参加しやすいのが特徴。

おすすめの曲は「喝采と激情のグロリア」です。

 

Raphael (ラファエル)

90年代に絶大な人気を誇ったヴィジュアル系バンド。

少し前のバンドらしく眉毛は細め、髪の毛を激しく逆立て、顔は真っ白と、わかりやすいまでにザ・ヴィジュアル系なゴシックスタイル。

メンバーは当初、年齢非公開のままメジャーデビューし活動をしていましたが、人気絶頂の頃に初めて高校を卒業できる年齢になったことを明かしました。

その年齢はなんと18歳。Raphaelのメンバーは18歳で日本武道館のステージに立ったのです。

今回紹介した曲、花咲く命ある限りを発売した当時の彼らは20歳。演奏、上手過ぎます。

 

DIR EN GREY (ディルアングレイ)


最後はご存知の方も多いであろう、日本を代表するハードロック・ヘヴィメタルバンドのDIR EN GREY。

圧巻のライブパフォーマンスと、ボーカル・京の驚異的なまでに広い音域と表現力にはいつも驚かされてしまいます。

人が感じる痛みや苦しみを歌った歌詞は多くの共感を誘い、ついには国境を超えるまでに。

海外ツアーを何度も成功させている、世界的な人気を誇るバンドです。

ぼくが好きな曲は「SUSTAIN THE UNTRUTH」

その表現力の高さには見る者を圧巻する力があります。音楽でメッセージを伝えるとは、まさに彼らがやっているようなこと。

 

スポンサーリンク

”ヴィジュアル系”を見た目だけで敬遠しないでほしい

この記事では、ぼくも普段から聞いている”日本詞を歌うヘヴィメタルバンド”を4組紹介してきました。

ぼく自身が何度も聞いていて、皆さんに心底おすすめできるバンドだけをご紹介したかったので少ない数にはなってしまいましたが、その分、本当におすすめの4組です。

そもそも”ヴィジュアル系”とは音楽のジャンルではなく、見た目における話のこと。

「ただ見た目が派手なだけ」「どうせ見掛け倒し」と思われていた方にも、これを機に一度その音楽に触れて見てほしいと思っています。

単独で大きな会場を埋めるだけの実力を持つこれらのバンドの力が見掛け倒しでないことを、きっとわかってもらえるはず。

激しい音楽に乗せた激情のメッセージを、是非受け取ってみてください。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

プロブロガーとして生きています。就活中、40社受けて内定がゼロだったことをきっかけに新卒で独立した23歳。コーディネートよりも作りを愛でるタイプの洋服オタクです。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。