どう着るの?下北沢で見つけた作務衣風シャツジャケットが謎すぎる

下北沢って個性的な服装をしている人が多い分、古着屋さんに並んでいる服も非常に癖の強いものが多い印象です。
そんな街で見つけた非常に癖の強いアイテムを、今回はご紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

真っ赤な作務衣風シャツジャケット


下北沢の古着屋さんで見つけた作務衣風のシャツジャケット。
体の脇で生地を留める紐が両サイドに付いているので、それらを留めて着るのが作務衣というもの。
 
日本のブランドなら、休止してしまいましたが「the Sakaki」はこういった日本に古くから存在する洋服の形を生かした服作りを行っていました。
 

しかしこちらはタグを見る限りアメリカ古着で、日本で作られたものではまずありません。
だからなのでしょうか、作務衣って普通なら生地を紐で留めて、斜めに見えるように着る服ですが、この1着には立派な襟とトップボタンが付いている。
 
立派な襟と、真っ直ぐ留まるように配置されたボタンがある限り、日本的な作務衣のようにして着ることはほぼ不可能です。
果たしてこれは一体、どんな意図で作られた服なのか。
 
アメリカで日本の文化を上手く生かそうとした結果、何か歪な洋服が生まれてしまった具体例のような気がしています。
もちろんそれが決して悪い訳でなく、面白いと思ったからこそぼくは買っているのですが・・・。
 

ボタンを開けてみると、少しだけ厚手のシャツジャケットのような見た目になります。
表記ではSサイズで、合わせから見てもレディースのアイテムなのだと思いますが、にしても中途半端な袖丈。
 
生地感も夏に着れないことはありませんが、それにしては少し厚すぎるような。
かと言って秋冬に着るにしては明らかに袖丈が足りていない。
 
仮にも日本の作務衣をサンプリングして作られたとしても、色味はあまりにも派手。
いつ着るのが最適なのか、季節感すら見えてこない非常にカオスな1着です。
 

どう着るべきか?正解など存在しなさそうな謎のシャツジャケット


【コーディネート詳細】
・白無地Tシャツ: 無印良品
・ボトムス: iroquois
・サンダル: 無印良品 (ルームシューズ)
とりあえず白無地Tシャツの上から羽織ってみるとこんな感じ。
作務衣風なだけあって、生地を紐で留めないと謎のシルエットが生まれます。
 
それでいてやっぱり襟があることの謎さがどんどん深まっていく。
どうしても襟がないと駄目だったようには思えない・・・。
 

一応にも生地を紐で留めてみるとこんな感じ。
シルエットを調整しながら、もう少し綺麗に着ようとすれば生地も真っ直ぐになってくれるのでしょう。
 
でも日本人としては、斜めにクロスしてくれていた方が馴染みがあるというか。
それ以前に、ボタンを真っ直ぐ留められるように心掛けるも、それが少しだけ難しい。
 
ただ、一応はこの服が望んでいたであろう形で着ることはできました。
写真では非常に分かりづらいと思いますが、こうして着ることで右側にだけ配置されている大きなポケットの存在が露わになります。
 
歪なシルエットのハーフパンツや、なんとなく和風のルームシューズとそのまま合わせていますが、このコーディネートからはどことなくお祭り感が漂ってきます。
目が痛くなるほど鮮やかな赤色なので、インナーに白無地Tシャツを挟むと何だかシンプル過ぎて退屈な組み合わせになってしまう。
 
もしかしたらボーダー柄だったり、何かしらの柄物Tシャツを挟んだ方が癖が増して面白いのかもしれません。
 

スポンサーリンク

海外古着はたまに、本当に謎な服が存在するから面白い


今回の作務衣風ジャケットにしろ、ぼくが海外古着に惹かれる要因のひとつは、そこにあるワクワク感です。
あまりにも謎な作り過ぎて「何これ、どうやって着るの?」と思ったとき、一気にその服の虜になってしまったり。
 
日本からそういった服が生まれる印象はありませんが、美術やアート、表現活動をより自由かつ大胆に行う海外では破天荒な作りの服が生まれることもしばしば。
たまに頭の中がとにかく「?」でいっぱいになってしまうような服と出会えるからこそ、海外古着って面白いなとぼくは思います。
 
そして下北沢はやっぱり、癖の強い古着が多い。
この作務衣風ジャケットも、常識で凝り固まった頭をほぐすようにして着こなし方を考えながら、楽しんでいきたいと思います。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

1994年生まれの24歳。大学在学中に「小遣い稼ぎがしたい」という理由でブログを始める。就活を行うも、面接に落ちまくったことから新卒で職業「ブロガー」として独立。現在は2017年8月に開設したファッションブログ「いわたの偏愛コレクション」と共に、2つのブログを運営している。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

ファッションブログ「いわたの偏愛コレクション」

ジーンズの色落ちやレザーの経年変化を溺愛する洋服オタクないわたが、買った服やコーディネートへの偏った愛を綴るファッションブログ。