売ることで得る、利益と報酬

某ストリートブランドは、販売されてから商品がすぐに転売されますね。
というか、人気ブランドの洋服は、転売目当てで買う人がたくさんいますね。
 
本当に好きで買って、着ることができている人って、どれくらいいるのでしょうか。
着ることができても転売屋を経由していることが多いので、そういった人たちにも利益を与えていたりします。
 
売れそうな洋服を追って、買って、定価以上の価格で売ることができる。
そういった洋服を見極めることができるというのも、それはひとつの才能なのかもしれません。
でもぼくは、その才能を尊敬することは、やっぱりできません。
 
作品にお金を出すのは、それに価値を感じているから。
作った人に、感じた価値分のお金を利益として渡せることが、報酬を渡して引き換えに作品を手に入れるのが、正しい形です。
 
人気のブランドになったりすると、そこに転売屋というものを経由しなくちゃいけなくなったりする。
自分が直接、作者に価値の報酬を渡すことが難しくなったりする。
 
転売屋を通じて、報酬を渡すことができたと考えればいいのかもしれません。
いわゆる手数料が、転売屋の利益。
それを通じて、自分が作者に対して報酬を支払ったと考えればいいのかもしれません。
 
でもやっぱり、何だかスッキリしませんよね。
転売とか、撲滅すればいいのに。
 
売る側は、「同じお金だから、売れればいい」
商売のことを考えれば、それでいいと思っている会社の方が、きっと多いと思います。
 
悲しい現実です。
転売って。
 
百歩譲って、中古市場で安く見つけたものを売る、とかならまだいいとは思います。
中古市場から売れたところで、それを作った人には利益がないから。
 
そこから価値のあるものを見つけ出してまた売るっていうのは、また違ったスキルであり、才能なんだと思います。
ぼくは学生の頃、ブランド古着屋でアルバイトをしていましたが、そこに近所の古着屋さんで働いている店員さんが買い物に来て、翌日から3~4倍の価格で売っていることなんて、ありました。
 
そういうのって、少し年代の古い有名なデザイナーズブランドの洋服であることがほとんど。
そういった服はブランド古着屋さんじゃあまり価値が付かないけれど、古着屋さんなら「古い年代のこれは珍しくて」とか言えば、売れるんです。
 
要は何でも、物は言いようです。
その経験からぼくは今でも、国内外問わず古いデザイナーズブランドの洋服を古着として販売しているお店に、どこかモヤモヤした気持ちを抱いてしまいます。
 
別に、悪いことをしている訳じゃないんですけどね。
繰り返しますが、物は言いようの世界ですから。
 
あと、どうにかして無料で映画を見ようとしたり、音楽を聞こうとしたり、漫画を読もうとする人たちの考えも、ぼくにはあまり理解できません。
そりゃあ、お金の負担はない方が嬉しいかもしれません。その気持ちは、ぼくにも分かります。
 
それでも、どうにかして無料で、たまに違法のサイトを使ってダウンロードをしたりしながら、それでいて「あの人の、作品のファンなんだ」という人は、本当によく分からない。
じゃあ、それで作品を作った本人が本当に喜ぶとでも思っているのでしょうか?
 
一生懸命、その人が作った作品を無料で楽しんでおきながら、「ファンです」って。
作った人は、何も報われていないじゃないですか。
 
ただ無料で、誰かを楽しませただけ。
お金が全てとは言いませんが、ファンなら作ったその人に、豊かになって欲しいとは思いませんか?
それで、悪いことをしたという気持ちが全くないから、ぼくにはやっぱり理解できません。
 
でも、そういう人って、びっくりするくらい多いんですよね。
自分に負担のないことが、楽しむことが、作者へのお礼よりも大切な人たち。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

1994年生まれの24歳。大学在学中に「小遣い稼ぎがしたい」という理由でブログを始める。就活を行うも、面接に落ちまくったことから新卒で職業「ブロガー」として独立。現在は2017年8月に開設したファッションブログ「いわたの偏愛コレクション」と共に、2つのブログを運営している。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

ファッションブログ「いわたの偏愛コレクション」

ジーンズの色落ちやレザーの経年変化を溺愛する洋服オタクないわたが、買った服やコーディネートへの偏った愛を綴るファッションブログ。