ファストファッションブランドとの”疲れない”付き合い方


GUやH&Mをはじめとした、低価格帯のファストブランド。
普段買い物をするようなお店に行った後でそれらのお店に足を運ぶと、何でも買えてしまう無敵感を覚えることって、あると思います。
あのブランドではシャツ1枚しか買えなかったけど、ここでなら靴まで含めてコーディネートを作れる。そんなことが、ごく普通に起こってしまう、それがファストファッションブランド。
 
ぼくはそこにはあまり足を運ばないのは、単純に流行にはあまり興味がないからなのでした。
関心はあっても、自分が着たいとは思わない。だから、そこは遠巻きに見ているだけで、あまり手を出したりはしない。
 

スポンサーリンク

大量生産・大量消費サイクルの高速化

アパレル業界では、春夏と秋冬の2シーズンに分けて新作を発表し、そのサイクルを回すことで適度に飽きられない間隔を保ちながら商品を販売していく。
元々そういった動きをしていた業界に、大量生産・大量消費の時代が訪れ、サイクルが急激に高速化しながら回転していくように。
そこに海外からファストファッションブランドの参入、国内でもGUが始まったりして、流れは更に高速化。
流行も目まぐるしく変わるようになり、早すぎるそれについていくため、お客さんも必死で洋服を買う。
安くて流行に敏感なファストファッションブランドの服は、高速化されすぎたそのサイクルに適応しているため、需要がある。今はそんな状況です。
 
学生の頃はそこにもある程度は興味があったぼくでも、少し顔を突っ込んだだけで疲れてしまって。
そんな服の買い方をしたところで何が楽しいのか分からなくて。流行に乗っかる、つまり皆と一緒でいたいと思う。
ここにもまた、日本人の根底にある「皆と一緒じゃないと不安」思想がある気がしています。
 
いつかそんな超高速化されたサイクルにも、多くの人が付いていけなくなる時がくる。ぼくはそんな風に思っています。
実際に、少し前に読んだある記事では、ファストファッションブランドではなく、それよりも少し上の価格帯で服を作る大手企業に勤めていた方が「ゴミを作っている感覚だった」とお話されているのを読んで、衝撃を受けたり。
 
大量生産・大量消費のサイクルが高速化され過ぎている。その中に入ったところで、その人は本当に、自分が着たい服を、自分の意思で選んで着ているのでしょうか。
流行に乗っていたい。それをひとつの信念として持っている方はいると思います。真っ向から否定するつもりはありません。
それに踊らされているだけならまだしも、渦の中でも何かを自分の意思で選択しているのなら、素敵なことだと思います。
 

スポンサーリンク

どうしても避けられない”飽き”への対策として取り入れる

一方、好きなブランドの服だけを着て常に新鮮な気持ちを保つというのも難しいことで。
例えばぼくが好きなブランドなら、1着ずつがなかなか高いので、それをワンシーズンで何着も買うなんてことは難しい。
そういったブランドの、気に入った服だけを着る。新しく買った服を着ているうちは気分もいいものですが、ぼくらには絶対に避けられない問題があります。
 
飽きとの戦い。どれだけ好きな服であっても、よっぽどではない限り、ぼくらはいつか飽きてしまいます。
だから服を買う。今のコーディネートに、持っている服に新鮮さを感じなくなるから服を買う。新しい服を買う理由のひとつって、それだとぼくは思っているんです。
 
ぼくたちはいつだって新鮮さを感じていたい。まだ着たことのない服を着ることで、新しい自分に出会ってみたい。そう思っているんだと思います。
だったら、そんなときにファストファッションブランドの洋服を買ってみるといいのかもしれません。
 
コーディネートにマンネリを感じるようになった。でも好きなブランドでは1着ずつが高いから、ハイペースに新しい服を買うことはできない。
そんなときに、日頃のコーディネートに新鮮さを与えてくれるような洋服を、ファストファッションブランドで買って手に入れる。
取り入れて、いつもと違った雰囲気を味わってみる。大量生産・大量消費のサイクルに飲み込まれて疲れないファッションって、そんなものだと思います。
 
適度にファストファッションブランドのアイテムをコーディネートに取り入れる。
そんな付き合い方ができたら、いちばん幸せなことだと思います。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

1994年生まれの24歳。大学在学中にブログを始め、卒業後はブロガーとして独立。主にファッション系の記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?