買ったけど一度も着ていない、女性的なニットのコーディネートを考える

10代の頃は、とにかく人と違っていたい欲が強くて、それは服装にも大いに出ていました。
みんなと同じ格好はしたくない。股下が膝くらいまであるサルエルパンツを穿いてみたり、それに燕尾シルエットの真っ赤なジャケットを合わせてみたり。
 
そんな挑戦を繰り返していた頃は、”着れない服”によく出会いました。
買ったけど着れない服。攻略法があることにはあるけれど、ひとつだけ。ワンパターンになってしまうから、自由を目指して買ったのに縛りがあるようで退屈。
結局、すぐに手放すことになるのでした。
 
失敗をたくさん繰り返して、今はそういった服に出すことはなくなりました。ただ、クローゼットを整理してみると、そう思う服が手元にあることに気付いて。
大好きなブランドの服なのですが、これに関してはやっぱり、ぼくは上手く着こなすことができなかった。
手放す前に、せっかくなのでそんな服に関する記事を書いてみたいと思って、キーボードを叩いています。
 

スポンサーリンク

デザインが特徴的なiroquoisのコンビネーションニット


2014年の春夏コレクションより、薄手のコンビネーションニット。ブログでは何度も書いていますが、ぼくはiroquoisの2014年春夏コレクションが大好き。
なんて言ったって、人生で初めて本格的に洋服に興味を持つようになったシーズンなんです。
当時はMIHARAYASUHIROも、Dior HOMMEも、SAINT LAURENTも、Yohji Yamamoto POUR HOMMEも、COMME des GARCONSも、そしてiroquoisやSHAREEF、Jieda、LAD MUSICIAN、SHAREEF・・・。
色々なブランドに興味を持って、とにかくコレクションに目を通していた。それぞれが持つ独自の世界観に、魅了されまくっていた。
 
そんなシーズンだから、特に大好きなiroquoisのそれには思い出があります。
14ssのアイテムは今でも、見かけるとつい欲しくなってしまうほど。いつかコンプリートするんじゃないか。
 
今回ご紹介するコンビネーションニットも例に漏れず2014年の春夏コレクションで発表されたアイテム。
しかしぼくがこれを持っているのは、意図して買ったからではなかったんです。
 
今年の春か夏くらいに、たまたまネットでこのニットを見かけて。以前ご紹介したジャガードデニム、シャツとの3点セットでまとめ売りされていて。
それも、セット価格ですらジャガードデニムを中古で1本買うよりも安くて。
 
「あのジャガードデニムは普通に欲しいし、買ってしまおう」
そう思って3点セットを購入したんです。そして、このニットも手に入れた。
 
当時のコレクションを見る限り、モデルさんはめちゃくちゃ格好よくこのニットを着ているんです。
でも、初めて見たときから今でも、ぼくがそれを着こなす姿は思い浮かばない。
 

春物のニットによくある、綿と麻の混合素材。綿がほとんどに、麻をわずかに使ったそれ。
 

硬さもある生地感と、真ん中に入った特徴的なデザイン。
なかなか見慣れないのは、こういった類のニットをメンズのアイテムで見かけたことが少ないからなのかもしれません。
レディースのアイテムとしては、春先に販売される類のニットとして見かけることが多い。
 
もしかすると、自分でコーディネートを考えるよりは女性に意見を聞いた方が、案外さらっと着れるようになるのかもしれませんね。
 

スポンサーリンク

女性的な雰囲気を持つニット。その着こなしを考える

ブランド古着屋でアルバイトをしていた頃は、こういった類のニットをレディースコーナーでよく見かけました。
たまにマネキンに自分で考えたコーディネートを着させてみたりするんですけど、そのときに使ってみたりして。
コーディネートに関しては無意識に自分の好みが出るものだとは思いますが、使った服が売れたりするのって嬉しいんですよね。
 

iroquoisの女性的なニット、ぼくが着るならこうします。着丈長めのタンクトップの上からレイヤード。
ニット自体の色合いは割とボトムスを選ばない便利なものだと思うので、ジーンズでもチノパンでもいけそう。
ちなみに、当時販売されていたニットの色はこの他にベージュとブルーがあります。
今思えば、ただでさえ女性的な雰囲気のニットを作るんだから、色合いは男性でも着やすいラインナップにしておこう、と考えてのことだったのでしょうか。
 
薄手でローゲージ(密度の低い編み方)なので、近くで見ると透け感はなかなかあって。
ラグランスリーブで袖も長めなので脇の下で生地がたっぷり余るとはいえ、脇毛が見えたりしたら何か嫌だな。
半袖Tシャツを着ればいいのかもしれませんが、それも透け感がある分、白無地なんかを着てしまうと格好悪くて。
結果、襟のないものを選んでゆるい雰囲気を作るならタンクトップが最良の選択だと思いました。モデルさんもそうやって着ていた気がしなくもありません。
 

もしくは、同じく2014年春夏コレクションのシャツと合わせてしまうか。
この写真だと襟がやけに高めに見えますが、季節を考えても今はこっちの方が良さそうですよね。
 
ぼくはすごく気に入って買った服でも、買ってからしばらくは全く着ないことも珍しくはなくて。
特に新品で買った服の場合はそれが顕著です。多分、綺麗すぎて着るのが勿体ないと思ってしまったり、ピカピカだと落ち着かなかったりするのが理由。
買ってからしばらく着なかった服。いくつかありますが、そういった服に再び袖を通したとき、”ちゃんと着れる”ようになっているのって何だか嬉しくて。
 
こんなことをしているから、いつまで経っても洋服があまり減らないのかもしれません。
デザイン自体に飽きてしまったものは潔く手放すのですが、それ以外は自分の成長次第で着れるようになれるかもしれない。
再び袖を通したとき、それを感じるのが嬉しくて。
このニットも、やっぱりもう少し持っていようかな・・・なんて。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

1994年生まれの24歳。大学在学中にブログを始め、卒業後はブロガーとして独立。主にファッション系の記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?