コーディネートにおける、脇役の必要性

今年の秋冬は、去年よりもコーディネートを意識してファッションを楽しもうと思っています。
単体よりも全体を。色々と考えているのですが、全体を考えるとファッションってやっぱり難しいんですね。
それで洋服を嫌いになってしまっては仕方ないので、あくまで楽しみながら。全体を意識して気分の上がる服装を作るには、どうすればいいのかを考えてみます。
 
最近はずっとそんなことを考えていて、いつものようにヒルナンデスを見ていたとき。
洋服をたくさん持っている芸能人の家に行って、もう着なくなった服をプロのスタイリストが再び着れるよう、コーディネートを提案するコーナーがあって。
たまたまテレビを付けていて、たまたまその様子を見ていたんですね。
 
そのコーナーにはバイきんぐの小峠さんも出演されていて。小峠さん、いつもおしゃれだなと思っていたのですが、ロケで着ている服は衣装ではなく、大体は私服なんだとか。
もう、いかにもロックンローラーな格好をされているんですよね。今日のヒルナンデスでは、UNDERCOVER 14SSのシャツを着られていて格好良かった。
 
ロケでは、ウォークインクローゼットがぎっしり洋服で埋まっている、富永美樹さんの家に行っていて。
そこで着るのが難しそうな服をピックアップして、プロのスタイリストさんにコーディネートを提案してもらうという企画。
 
富永さんの服をピックアップしていくと、トップス・ボトムス問わずなかなか派手なデザインのものが多く。
どうしてこれらの服を、もう着るのが難しいと思ってしまったのか?その理由には、ある共通点があると言います。
 
持っている服がどれも、主役級にキャラが濃いから。
服を買うときに、”脇役の必要性”を考えずに、ただただ欲しい服だけを買い込んでしまうから。
だから、他に合わせる服がなくなってしまい、結果として”もう着なくなってしまう服”として、クローゼットの奥に眠ることになってしまう。
 
小峠さんは「主役ばっかりで脇役のいない映画」「出演者全員のキャラが濃くてぐちゃぐちゃになっている」と例えられていました。
主役を引き立たせるには、脇役は絶対に欠かせない存在。そのセリフの耳にして、ぼくもハッとしてしまい。
 
今思えばぼくも、洋服を買うとき、そしてコーディネートを考えるとき、脇役の重要さを考えたことがほとんどありませんでした。
買う服はどれも主役。デザインやシルエットで激しく主張をしてくる主役級の洋服たち。
 
そんな服ばかりを買い集めた結果、コーディネートを組もうとしてもメンツがコテコテすぎて、上手くまとまってくれない。
だからぼくは、その服単体を着て気分が上がることはあっても、それを他の服と合わせてテンションを保つことは、どうしても少し難しいと思ってしまいます。
 
主役を引き立たせるには、脇役の存在も欠かせない。
今までデザインばかりを重視して、主役級の服ばかりを買ってきたけれど、コーディネートを成立させることが当面の目標なぼくは、脇役の必要性も考えながら買い物をしようと思います。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

1994年生まれの24歳。大学在学中にブログを始め、卒業後はブロガーとして独立。主にファッション系の記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?