ぼくに経年変化の魅力を教えたのは、サッカーと相棒のスパイクだった


最近、いい感じにくたびれてきたスーパースター。ぼくは、洋服に関しては全般的に新品特有の綺麗すぎる見た目と、ピカピカした雰囲気が苦手で。
それを履いていたりするとなんかこう、どうしても地に足がついていない感覚があるんですよね。
ある程度は履いて、ある程度はくたびれていた方が、少しばかり汚れていてくれた方が履きやすいし着やすい。
新品は大切にしすぎてしまうから、ブランド古着くらいの方が着るにしても楽なんだと思います。たかが洋服、着なければ意味がありません。
 
ぼくが買った80年代復刻モデルのスーパースターは、天然皮革で作られています。
もちろん、履くにつれて見せてくれる経年変化、その表情に期待してのこと。
 
ふと考えてみたんです。ぼくがレザーの経年変化を好む理由。特に、こういったスニーカーのそれを好む理由って何なんだろう?
ルーツはどこにあるんだろう?
思い当たるものがあったんです。始まりはぼくが小学生の頃。サッカーを始めたときでした。
 

スポンサーリンク

サッカースパイクが渋みを増していく様に愛着を感じていた

小学3年生の頃、ぼくはサッカーを始めました。最初は特段、サッカーに興味があった訳ではなかったのですが、仲のいい友達がサッカーチームに入っていることがきっかけで。
ソックス、すね当て、スポーツウェア・・・。一通りを親に買ってもらった後で、最後にスパイク。
「5,000円以内で好きなのを買いなよ」
両親にそう言ってもらい、スポーツショップに並んでいるサッカースパイクを眺める。色とりどりの、様々なデザインをしたそれら。
自分で好きなものを選ぶ。洋服は母親に買ってきてもらっていた当時、自分の意思で何かを選ぶという行為には、とてもワクワクしたものです。
これも格好いいけど、こっちもいいな。どれも格好よくて、本当に迷う。
 
実際に履いてみると、尚更ワクワクする。まだ始めてもいないのに、サッカーが上手くなった気さえする。
色々と履いてみた後で、足の幅やサイズ的にもしっくり来たAdidasのスパイクを買ってもらいました。シルバーを基調として、お馴染みの三本線が入ったデザイン。
 
それを履いて練習へ行く。サッカーをする。
他の友達が履いているスパイクを見る。どれも格好いい。あいつは、ああいうスパイクが。あっちは、派手なのが好きなんだ。
 
「これ、カンガルーの革なんだって。インサイドがそれだから柔らかくて、すごくボールを蹴りやすいんだよ」
サッカーの上手い友達は、スポーツショップで見た1万円以上もするスパイクを履いていたりして。
すると、素材にもいい革を使っている、ということは、そんな会話の中で少しずつ学んでいきました。
天然皮革と人工皮革は、本物の動物の革を使っているか、人工かの違いということも。
ぼくが買ってもらったのは、恐らく発売から少し経って安くなったスパイク。素材には人工皮革を使っているようでした。
 
残念なことに、ぼくはサッカーを続けていても、その腕ならぬ足がメキメキと上達することはありませんでした。
鈍いし、ぼーっとしているし。上手くならないから、段々と楽しくなくなってしまう。自分が悪いのに、悪循環に陥ったりして。
 
それでも中学校へ入学後も、モテそうだからという理由でサッカー部に入り続けていて。
レギュラーで試合に出ることはまずないけど、相手の学校との二軍同士対決になれば得点できるフォワード。気付けば、ぼくは二軍のエースと呼ばれるようになりました。
二軍。一軍が試合しているときは、グラウンドの周りをずーっと、ぐるぐる走っている。
そのお陰で体力だけは一軍のメンバーよりも自信があって、今でも走ることは好きで。
去年から、沖縄でフルマラソンに挑戦するようになったのは、もしかしたら二軍の経験があったからかもしれません。
 
話が逸れましたが、そうやってサッカーを続けるうちに、ずっと履いているスパイクに表情の変化があることに気が付いて。
なんか買ったときより、皺くちゃになってる。汚れてるともまた違うけど、この感じは不思議と好きだな。なんて思うように。
 
サッカースパイクを買い替える理由。色々ありますが、小・中学生の頃は成長して足が大きくなること、穴が空いたり破けること、スパイクの裏が削れることなどが主な理由でした。
それなりに練習へ行っていれば、スパイクは削れる。小さい頃から物を大切に使って、物持ちがいいと言われていたぼくは、スパイクも破けることなく持っていて。
 
足は大きくなっていく。それが理由で買い替えたりはしました。その度に、誰も履けなくなったスパイクは当然、処分。
それでも最初に買ってもらったスパイクだけは、なぜか捨ててしまうことは嫌でした。
足が大きくなって、少しばかり小さいと感じるようになっても、新しいスパイクを履きながら、時々そいつを履いてみたり。
 
先ほども書いた通り、ぼくが最初に買ってもらったAdidasのスパイクは人工皮革。
本革が魅せるような、本格的な経年変化がある訳ではないのですが、今思えばこのスパイクに感じた妙な愛着が、今もぼくをレザーアイテムの虜にしているのかもしれません。
 
これがきっと、ぼくが経年変化を好むようになった原体験のひとつ。
Adidasのサッカースパイクって、型落ちしたモデル以外だと結構高くて、あまり履いていた記憶がありません。
大人になってスーパースターを買ったのは、もしかすると当時の憧れに、大人になった今、自分のお金で手を伸ばしてみたかったからなのかもしれません。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

1994年生まれの24歳。大学在学中にブログを始め、卒業後はブロガーとして独立。主にファッション系の記事を書いています。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?