読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

”おしゃれは自己満足”をモットーに、コーディネートよりも洋服そのものにフォーカスした情報をお届けするファッションブログ。

清潔感はぼくの敵

ファッションコラム

f:id:kota04:20170210122144j:plain

最近、スニーカーが欲しくて色々探しています。

白や黒じゃつまらないので、その他の色でぼくのファッションと相性がいい色。

たぶんカーキかボルドーのスニーカーを買うんじゃないかな。

 

ぼくが買い物をするときは、一目惚れか徹底的なリサーチを済ませた後、このどちらかしかありません。

今回は一目惚れするようなスニーカーと出会っていないので、徹底的なリサーチを行っている最中です。

 

いつもの流れとして、まずはZOZOTOWNを覗いてみる。

そこで良さそうだと思ったものがあれば、そのブランドの関連商品も調べてみる。

「良さそうだな」と思ったら取り扱いのあるお店で試着するし、気に入らなかったら他の通販サイトも覗きます。

 

余談ですが、ぼくは基本的に好きなブランドの服以外はネット通販で買いません。

好きなブランドの服ならサイズ感や雰囲気は把握しているけれど、それ以外に関しては予想を外すこともあるからです。

ネット通販も急速な成長を遂げているけれど、洋服に関してはまだまだ課題が残されていると思ってます。

 

新品特有の「清潔感」が嫌い

ZOZOTOWNなどの通販サイトを使って洋服を探すと、基本的に新品のアイテムがたくさん出てきますよね。

ぼくはそこに並んだ綺麗な洋服を見てずっと違和感を感じていました。

「なんかこれ、理想的なんだけどぼくが探していたものと違うな」って。

 

そんな違和感の正体が最近わかったんです。

ぼくは新品特有の清潔感が苦手で、嫌いなんだって。

だから今まで新品の洋服をあまり買う気になれずにいたんですよね。

 

新品の洋服はどこか薄っぺらい

思えば、ぼくが持っている服のほとんどはブランド古着屋で買ったものでした。

基本的に新品の洋服にはどこか薄っぺらい雰囲気が漂っているんです。

生地の話ではなく、雰囲気の話。

 

これを分かりやすい言葉で表現するなら「清潔感」に当てはまります。

ぼくはこの「清潔感」にどこか薄っぺらさを感じるし、これがあんまり好きじゃない。

 

これがある服を着ると、コーディネートがどこかありきたりな雰囲気になってしまうし、途端に薄っぺらくなる。

なんて言えばいいんだろう・・・なんだか、すごくつまらないんですよね。

 

とはいえぼくも、欲しい服があってもそれがブランド古着として流通するのを待つなんてアホなことはしません。

欲しい服は新品や古着を問わず買うけれど、それもデザインのソースが古着にあるものばかり。

新品なんだけれど、どこか古めかしい雰囲気を持っていたり。そんな服が大好きです。

 

清潔感は薄い顔をしたぼくの敵

それともうひとつ、ぼくが新品の服を好まない理由がありました。

ずばり、ぼく自身の顔が薄っぺらいからです。

 

よく例えれば今流行りの塩顔って言うんでしょうか。別に、自分の顔がそんなに嫌いな訳じゃありません。

ただ、これまで色々な洋服を着た中でぼくが出したひとつの答えとして、清潔感のある洋服は似合わない。

 

理由は単純で、薄い顔をしたぼくが清潔感のある洋服を着ると、それはそれはつまらないコーディネートが完成するからです。

ただでさえ薄っぺらいぼくの顔や体型と、薄っぺらい洋服を組み合わせたところで全く面白くない。

ぼくがよく「お前スーツ似合わないな」と言われる理由もここにある・・・。

 

傍から見れば「女子ウケ」はいいのかもしれませんが、ぼくはファッションにそれを求めていません。

第一に自己満足できることを考えると、これほど退屈なファッションはないなと強く感じたのです。

 

ぼくにとって、清潔感のあるファッションは死ぬほどつまらない。

 

洋服は少し褪せた雰囲気でちょうどいい

そんな理由で、今はスニーカーを探しているのに、どうも欲しいものに出会えません。

今年は古着にもたくさん手を出すって決めたし、古着屋さんでスニーカーを買うことにしようかな。

 

ちなみに新品でスニーカーを買うなら・・・と候補を出すと、やっぱり古着のような雰囲気を持つものに惹かれました。

今のところ、心の底から欲しいと思えたのはゴールデングースだけ。

 

ぼくの敵である清潔感を持った服やスニーカーを買ったところで、少し褪せた雰囲気にするまでに時間がかかる。

新品で買ったジャックパーセルも、ピカピカな状態で履いていた時期は正直苦痛だったもんな。

少し汚れて初めて、コーディネートに取り入れたいと思うようになりました。

 

ぼくにとって洋服は、少し褪せたくらいの雰囲気でちょうどいい。

薄っぺらいぼく自身の雰囲気に面白みを足してくれるのは、いつだって少し色褪せた洋服でした。