読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

UNIQLOのスウェットをハイブランドっぽく着こなすためのコツ2つ

おすすめアイテム
スポンサーリンク

f:id:kota04:20161103100241j:plain

ぼくはUNIQLOが大好き。

洋服を選ぶときに質を最優先するぼくは、ハイブランド顔負けの高品質な服を売っているUNIQLOが大好きなんですよ。

 

「質に対しての価格設定に納得できるか?」

常にこれを自分に問い続け、イエスの答えが返ってきた服だけを買っています。

価格相応、はたまたコスパの良い服しか絶対に買わないワケです。

UNIQLOが好きなぼくはファストファッションも、インポートブランドも全く買う気になりません。

それにお金を使うくらいなら、UNIQLOへ行けばよっぽどコスパの良い服を買えるから。

ただし、そんなUNIQLOで服を買うにしても、ひとつだけ気にしなくてはならないポイントがあるんです。

 

UNIQLOの服をシルエットで選んではいけない

それが、UNIQLOの服にシルエットの良さを求めてはいけないということです。

圧倒的な生産力のお陰でハイブランド泣かせな高品質の服を作るUNIQLOですが、それぞれの服におけるシルエットが少し残念なのは懸念点。

たまにシルエットも綺麗な、いわゆる「当たり服」も見かけますが、UNIQLOに売っている殆どの服はジャストサイズで着るとダサく見えてしまいがち。

誰でも似合う国民服というメリットの裏には、こんなデメリットが潜んでいるんです。

 

UNIQLOの服は1~2サイズアップして着るのが賢明

そんなデメリットを上手くカバーする方法がサイズアップです。

ここ数年はずっと、洋服のサイズをあえて大きめに設定したビッグシルエットが空前の大ブーム。

今まではサイズが合っていない服を着ているとダサいと思われがちでしたが、UNIQLOの服を普段の1~2サイズアップしてこの波に乗ってみましょう。

するとデメリットだったシルエットの残念さを隠しながら流行に乗ることができて一石二鳥なんですよ。

ただしこれはトップスに限った話なので、ボトムスに関してはもはや一部を除いては最初からUNIQLOで買うことをおすすめできません。

 

UNIQLOのスウェットが本当におすすめ

f:id:kota04:20161103100334j:plain

そんなUNIQLOのトップスでぼくが心の底からおすすめしたいのがプルオーバーのスウェットです。

UNIQLOにおけるトップスの中で断トツコスパの良いアイテムがスウェット類。

パーカーやスウェットに使われている生地の品質はハイブランド顔負けです。

UNIQLOのパーカーは国民的な人気を誇るゆえ街中で人と被りがち。

だからこそぼくは声を大にして、フードの付いていないプルオーバーのスウェットをおすすめしたいんです。

1着1,990円+消費税で手に入りますが、セレオリで1万円出して買うのと同等の品質をしています。

 

f:id:kota04:20161103100832j:plain

袖の縫い付け方はラグランを採用せず、至ってスタンダード。

 

f:id:kota04:20161103100524j:plain

ここまでしっかり詰めて編まれたリブのスウェットが2,000円ちょっとで買えるとは本当に驚きです。

 

f:id:kota04:20161103100648j:plain

裏地の仕様も丁寧。このキメ細かさが抜群の着心地を実現しているのでしょう。

 

f:id:kota04:20161103102610j:plain

やや首元狭めのTシャツを着てレイヤード。少しだけインナーの首元が見えるだらしなさが好きです。 

 

UNIQLOのスウェットをハイブランド風に着こなすコツ

そんなUNIQLOのプルオーバースウェットをオシャレに、ハイブランドのそれっぽく着こなすためのコツをお教えします。

とっても簡単な2つのコツを知って抑えるだけなので、この記事を読み終わったら是非UNIQLOへ足を運んでみてくださいね。

 

コツ① ジャスト+1~2サイズアップさせて買う

1つ目のコツは先ほども言ったように、ジャストサイズよりも1~2サイズ上のそれを買うことです。

ぼくの場合は普段のジャストサイズがMなので、それより2つ上のXLを買いました。

普段Sでジャストな人はLを、Lでジャストな人は最も大きいXLサイズのスウェットを選んでみましょう。

XXL以上は通販限定でサイズ展開をしているので、Lでジャストな方はそれを利用して2サイズアップさせるのもアリかもしれません。

これだけでも流行りのビッグシルエットに乗っかることができますね。

 

コツ② 裁ちハサミでサイドにスリットを入れる

f:id:kota04:20161103100442j:plain

2つ目のコツを取り入れるだけで急激に「UNIQLOっぽさ」が消えてなくなります。

ベーシックなスウェットのサイズを上げてもやはり少し野暮ったいだけで、どこか寂しい見た目。

変化を加えるには、もう自らの手で服に加工を施す以外の方法は残されていません。

 

そこでぼくがおすすめしたいのは、裁ちハサミで両サイドにスリットを入れること。

スリットとは切れ目のことで、機能性の面で言えばこれを入れることで服が体の動きに合わせて動いてくれるので着心地が良くなります。

チャイナドレスは大きくスリットが入った服の代表例ですね。

 

今すぐUNIQLOのスウェットを買いに行こう

そこらのブランドよりも抜群に品質が良いUNIQLOのスウェット、これは買いです。

ただシルエットだけが残念なので、今回のような工夫は必要になってきます。

これだけで劇的におしゃれに見せることができるので是非試してみてくださいね。

個人的には黒を買って着込むと、それなりに褪せてきて古着っぽさを楽しめるのもちょっとしたポイント。

 

最近はハイブランドや売値の高い服=高品質という思考停止な考えを払拭するため、売値に関わらず「本当に良い服」だけを着続けていたいと考えています。

そのためには売値や説明を聞いただけで「ああ、これはいい服なんだな」と納得せず、自分の目でそれを判断する必要がある。

値段に関わらず、「いい服」はたくさん存在しているので、それらを掘り起こしていけたらと思っています。

逆に売値ばっかり高くて、それに見合っていない品質の服だって山ほど存在します。

デザインを重視する人にとってはいいんでしょうけど、ぼくの服選びは品質が最優先なので気になってしまうんですよね。

とにもかくにも、セレクトショップで1万円のスウェットを買うくらいなら、UNIQLOのそれがおすすめ。

ただし、ジャストサイズで着たい人は前者を選ぶ必要がありますけどね。

オーバーサイズで安くオシャレに流行を楽しみたい人は是非試してみてください。

 

UNIQLOのスウェットは安く買える分、良い意味で雑に着れるのでぼくはこれをパジャマにも、おしゃれ着にもしています。

出掛けるときに着て、お風呂上りに2着目に着替えつつ寝て、起きたらそのまま出掛けるってすごく楽そう。

ぼくはそれを実現するために追加で2着は買い足そうと考えているところです。

 

あわせて読みたいUNIQLOシリーズ

UNIQLOインナーダウンは買わない理由が見つからないくらいおすすめ

Uniqlo Uのフルラインナップを見てきたから、その感想を正直に述べる