読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

自分の長所を明確に把握すると就活へ向けた自己分析が捗る

おすすめの本
スポンサーリンク

f:id:kota04:20151224143653j:plain

 

今の時期、大学3年生の僕は就活が本格化する3月に向けての準備期間真っ只中です。

 

理想としては大手の面接解禁前に何社か受けて面接練習もしたいと思っているのですが、それ以前に面接の質問に対して受け答えをするのに必要になるのが自己分析。

 

一言に自己分析と言ってもその方法は何通りもあるし、そもそもこれまでの21年の人生を分析するなんていくら時間があっても足りません。

 

更に言ってしまえば、自己分析をどこまで行っても自分がどんな人間かなんて誰にも到底把握はできません。

 

何だか効率悪いなぁ…と思いながらも、自己分析をしなければ面接での受け答えに困るのは確実なので、効率良く自己分析を行える方法を探していたところ、出会ったのが今日紹介する本です。

 

 

さあ、才能に目覚めよう

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (461件) を見る
 

 

この本自体は3章まではしっかり読みましたが、その後は飛ばしながら読んでいました。

 

じゃあ何で飛ばしながら読んだ本を勧めるんだと思うかもしれませんが、この本に付属している「ストレングス・ファインダー」というツールが自己分析を行うのにめちゃめちゃ役立つんです。

 

ストレングス・ファインダーとは?

f:id:kota04:20151224143838j:plain

 

ストレングス・ファインダーを簡単に説明すると、スタート後から次々と2択の選択肢が表示されるので、自分が当てはまる方を選んで約30分ひたすら答えるだけの簡単な診断です。

 

その診断の結果として人間の持つ34の強みの内、自分が持っている強みを上から順に5つ見つけてくれるというもの。

 

たったこれだけのシンプルな診断ですが、ストレングス・ファインダーは200万人以上を対象に行ったインタビューのデータを踏まえて作られているので、その診断結果はめちゃめちゃ当たると評判です。

 

その上、自分と強み5つが全く同じ人なんてまずいないので、その5つの組み合わせはまさに自分だけの個性を表す結果になっているんです。

 

ストレングス・ファインダーで判明した僕の強み

f:id:kota04:20151224144002j:plain

 

僕もストレングス・ファインダーを使って診断を受けてみました。

 

その結果、上位表示された僕の強みは以下の5つです。

 

【慎重さ】

【回復思考】

【責任感】

【公平性】

【適応性】

 

上位表示されているものほど強く表れているそうなので、僕が持つ一番の強みは慎重さになります。

 

この5つの単語が並んでいるのを見ただけでも、自分では「あー…これ俺だ」と思えるくらい当たってます。

 

もちろん強みの結果表示だけではなく、それぞれの強みの解説もあります。

 

診断の結果、主に目を通しておきたいのは自分が持つ強みの解説です。

 

先ほど僕が飛ばしながら読んだというのは、この本がつまらないからではなく、自分が持つ強みの解説だけを読んでいたからです。

 

 ちなみに僕が持つ一番の強みである慎重さの解説はこんな感じです。

 

慎重さ

あなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。

あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。すべてが秩序正しい様に見えますが、表面化には数多くの危険が待ちかまえていることを感じ取っています。

あなたはこれらの危険を否定するよりは、一つひとつを表面に引き出します。

そうして、危険は一つずつ特定され、評価され、最終的に減っていきます。言うなれば、あなたは毎日の生活を注意深く送る、かなりまじめな人です。

たとえば、何かがうまくいかない場合に備えて、あらかじめ計画を立てることを好みます。あなたは友人を慎重に選び、会話が個人的な話題になると、自分のことについては話をせず、自分自身で考えることを好みます。誤解されないように、過度に誉めたり認めたりしないように気をつけます。人になかなか打ち解けないという理由で、あなたを嫌う人がいても気にしません。あなたにとって、人生は人気コンテストではないのです。

人生は地雷原を歩くようなものです。そうすることを望むならば、ほかの人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けるかもしれません。しかし、あなたはちがう方法を取ります。

あなたは危険を明確にし、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。あなたは細心の注意を払って進みます。

 

太字にした部分は特に当たっていると思いました。

 

僕は人付き合いは広く浅くよりも狭く深く派だし、更にその友人たちと話をしていても、基本的に自分が考えている本音の部分は絶対に言わないタイプです。

 

本音の部分だけで話をする友達なんて高校の同級生で1人いるかな?ってくらいです。むしろそいつにすら話さないことも多々あります。

 

けどそれは友達を信用してないからじゃなくて、僕の根本的な部分に自分のことは自分で解決したいという考えがあるからです。

 

めちゃめちゃ当たってます。他の4つの強みの解説を読んでも、「これ俺じゃん…」と全て見透かされてる感すらありました。

 

就活へ向けた自己分析に最適

f:id:kota04:20151224144125j:plain

 

こういったツールを使って自分の強みを把握しておくと、自己分析を効率良く進められる様になります。

 

面接では長所や短所は絶対に聞かれる質問ですが、自己分析して自分の強みを把握できていないと長所の様な短所を答えてしまったり、その逆も然りです。

 

そういったことにならない為にも、自己分析を始める前に自分の強みを把握しておくことはかなり重要だと思いました。

 

今回僕が買った本は「さあ、才能に目覚めよう」でしたが、「さあ、リーダーの才能に目覚めよう」にもストレングス・ファインダーを受ける為のコードが付属しています。

 

注意が必要なのは、ストレングス・ファインダーは1冊につきコードが1つ付属していますが、そのコードが使えるのは1度きりです。

 

中古の本を買うと使用済みのコードが付属している可能性があるので、なるべく新品で買うことをおすすめします。

 

グッドポイント診断も活用すべき

こういった自己分析に役立ちそうなツールを他にも探してみたところ、「リクナビNEXT 」 で会員登録をするとグッドポイント診断を受けられたので僕も試してみました。

 

このグッドポイント診断もストレングス・ファインダーと同じ様に2択の質問に対し約30分ひたすら答えていくと自分が持つ5つの強みを教えてくれるというものです。

 

f:id:kota04:20151225124343p:plain

f:id:kota04:20151225124358p:plain

 

こっちもめちゃめちゃ当たってます。この5つの単語が並んでいるのを見ただけでも「これ俺だ…」と思えてきます。

 

そしてやっぱり慎重さは僕が持つ強力な強みなんだ!

 

ストレングス・ファインダーとグッドポイント診断を両方受けることで、更に自分の強みに自信を持つことができる様になりました。

 

ストレングス・ファインダーを受ける為には本を買う必要があるので1,700円くらい掛かりますが、グッドポイント診断は「リクナビNEXT 」に無料で会員登録をすればすぐに受けられるので受けるべし!

 

本来は転職をする社会人の方が利用するサイトですが、就活を控えている大学生もグッドポイント診断で自分の強みを把握することは自己分析に大いに役立つので使わない手はないです。

 

弱点のない完全無欠の人間なんてまず存在しないので、弱点を補いながら進むよりも、自分の強みを知って、それを伸ばしながら突き抜ける方が何十倍も魅力的な人間になれるはず!

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (461件) を見る
 

 

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう