読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

「就職しません」宣言から半年。ぼくはブログの収入で1人暮らしを始めました

いわたのエピソード
スポンサーリンク

f:id:kota04:20161201161308j:plain

「ぼくは大学を卒業しても、就職しません」

今年の夏にこんな宣言をしてから、早いもので半年が経ちました。

当時のぼくは「ブログの収入で生きていくんだ!」と大口を叩いたものの、月に4~5万円しか稼げていなかったんです。

 

「これからもっと収入を増やしてやる」

自分に対する大きな期待と、少しの不安を背負って就職への道を断ちました。

それからおよそ半年が経った今日、ぼくはブログの収入だけで1人暮らしをスタートさせたのです。

 

ぼくは1秒でも早く自立したかった

まだ大学4年生のぼくには、卒業までにあと4ヶ月の時間があります。

それなのにどうしてこのタイミングで1人暮らしを始めたのか?

 

理由はたったひとつで、ぼくは1秒でも早く自分の力で自立して生きたいと思っていたからです。

「大学を卒業しても就職しない」

偉そうに大口を叩いておきながら実家でぬくぬく生活するなんて、お前は自分に甘すぎるんじゃねーの?

 

ぼくは自分を客観視し、それがどれだけダサいことかを痛感し、そこからは1人暮らしすることを直近の目標としてきました。

性格上、1人暮らしのために貯金しよう・・・なんてタラタラしていても一向に事が進まないことは分かっている。

だから欲しい服があったら我慢せずに買って、美味しいご飯を食べたいなら躊躇せず食べて、貯金は一切しないまま。

 

それでも1人暮らしがしたい・・・そんな強い思いがあるとき、どうすれば実現することができるのか。

答えはたったひとつで、そんなの収入を増やすしかないんですよね。

やるべきことが決まったら、あとはそれに集中するのみ。

その結果としてぼくは今、楽しく1人暮らしをできるだけの収入を手にすることができています。

 

いつでも自分の直感には素直でいたい

ぼくは今でこそ、毎月の収入は大学を卒業して1年目の社会人と同じくらいです。

いつでも1人暮らしを始められる状況になったとき、残るはいつ物件を決めるかという問題だけでした。

 

しかしいざ自立するとなれば、ぼくにも少なからず不安はあるわけで・・・。

物件探しが面倒なことも相まって、なかなか事が進まないまま時間が過ぎたある日。

 

朝起きたその瞬間に「よし、今日中に物件を契約してこよう」

唐突に思い立ったんです。

そう思えたなら、あとは自慢の行動力を活かして直感に素直に動いてあげるだけ。

気付いたら契約書にサインを終え、そのことは家族にも事後報告でした。

 

ぼくは自分の直感を何よりも大切にしています。

洋服を買うにしてもそう。少しでも迷いがあったらそれは要らないもの。

少しでも嫌だと感じたことはすぐに辞める。

 

ぼくが人に褒めてもらえることは肌の白さと行動力くらいなのですが、その行動力は直感に素直に従ってあげるための道具に過ぎません。

直感が進みたい方向に、自慢の行動力を活かしてあげるだけなのです。

常に、そして必ず直感には素直に従って動く。これがぼくの信条になっています。

 

人生を楽しくするのに必要なのは、少しの勇気だけ

幸いなことにぼくは新しいことが大好きで、ワクワクしたらそれにすぐ飛びつけるだけの行動力は持っています。

だからぼくは常にワクワクしながら生きていて、人生が楽しい。

周りにいる「もっと楽しく生きたい」と言っている人もそうすればいいんじゃないかな?

 

・・・と思っていたのですが、どうやらそうではないようです。

今の社会に不満を持っている人は、自分を変えたくても、そのための第1歩を踏み出す勇気がないように思えます。

確かに新しいことに挑戦するときは、ぼくの中でもワクワクと不安は7対3くらいのバランスで渦巻いていました。

 

行動を起こして楽しく生きているぼくと、踏みとどまって不満を抱えたまま生きている人の間には何の差があるんでしょう?

そこに才能や潜在能力の差なんて微塵もありません。

あるのは新しいことに挑戦するために少しの勇気をもっていたか否か、たったそれだけなんですよ。

むしろ才能や潜在能力なんて、そこらのFランク大学に通っているぼくよりも、あなたの方が数倍上なはず。

 

ぼくから言わせてもらえば、日本人って悪い意味で賢すぎると思うんですよ。

あれやこれや考えて、リスクがどうとか怖いとか・・・そんな言い訳で身の回りを固めていたら、いつまで経っても何も変わりませんよ?

 

そんなものは実際に行動してみないと具体的には把握できないんだから、行動しながら考えればそれでいいんです。

みんな情報をたくさん仕入れて賢くなりすぎている。

それで行動できなくなるなら身も蓋もないので、ぼくみたいにバカで単細胞な方がよっぽどいいですよ。

世間知らずで賢くないぼくですが、だからこそ考え過ぎて立ち止まったりはせず、即行動に移せる強みを持っています。

 

少しネットで探せば、尖った口調であなたが送っている人生を批判するような記事はたくさん見つかりますよね。

けれどいいんです、外野は放っておきましょう。そんな人はあなたの人生に微塵も関係ないんですから。

大切なのはそんなものに流されて思考停止するんじゃなくて、物事を自分の頭で考えて、自分の意思で決断を下すこと。

ぼくみたいなFランク大学生にだってそれができて楽しく生きているんです。

この記事を読んでいるあなたはぼくより何倍も頭が良くて能力があるんだから、必要なのは決断を下す少しの勇気だけ。

それさえ持てれば、実現するための行動力なんて後からいくらでもついてきますよ。

 

ぼくはもっと大きな仕事がしたい

f:id:kota04:20161201161433j:plain

晴れて1人暮らしをスタートさせたぼくは、直近の目標を叶えました。

ゆえにこれから新しい目標を立てて、さらに大きく活動していきたいと考えています。

 

今の収入はブログと、それに付随してスキルを売りながら得ているものに過ぎません。

これからの目標はまだ少し曖昧ですが、ぼくはもっと大きな仕事をしていきたいな。

洋服をデザインして、生地を選んで、売る。自分のブランドを立ち上げるのも面白そうでワクワクするなー。

 

ひとまず直近の目標を達成したぼくは、これに満足せずまだまだ前に進んでいきます。

これからもさらに加速して、思いっきり人生を楽しんでいくぞー!

 

(追伸:Amazon欲しいものリストを公開させて頂きます。

ここからプレゼントを送って頂けると、ぼくがひたすら喜ぶ仕組みになっています。)

いわたの1人暮らしに必要・欲しいものリスト