読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

SNSで人間関係に疲れを感じているのなら、そんなものはもう絶ってしまおう

ぼくの考え
スポンサーリンク

f:id:kota04:20161018185407j:plain

SNSやネット上での人付き合いって本当に疲れますよね。

ぼくも今でこそTwitterのアカウントを持っていますが、それはブログを開設するにあたってやむを得ず作ったものなんですよ。

 

「SNSを使うのは好きだけど、たまにそこでの人付き合いが面倒臭いと感じる」

そう思っている方って少なくないと思うんです。

よく思い出してみてください。あなたはSNSを心地よく使えていますか?

 

SNSへの投稿は承認欲求の表れ

f:id:kota04:20161018185608j:plain

そもそもSNSは人と人とのコミュニケーションを円滑にするために作られたツールですが、大半の人はそれを意識していません。

あなた自身の投稿や、タイムラインに流れてくる他人の投稿を読んでみてください。

それらの内容のほとんどは、投稿者本人が自らの承認欲求を満たすためにされているということに気が付きませんか?

 

1日の中で起きた出来事から良い部分だけを切り取って投稿にし、それを見た人からの『いいね』やコメントを心待ちにしている。

はたまた「すごい」「羨ましい」のコメントを貰うことで自身の承認欲求を満たす。

人間は他人に認められたい生き物なので仕方ないですし、ぼく自身も無意識に投稿を行うとそうなります。

 

けれど、そんな褒めてオーラ全開の投稿がたくさん並んでいるのを見ると、なんだか疲れてしまいますよね。

個人的には、タイムラインに流れてくる「内輪ノリ」の会話を見て冷めた気分になることも少なくありません。

 

スマホからTwitterアプリを消したら心が穏やかになった

f:id:kota04:20161018190320j:plain

SNSが嫌いすぎてなぜかLINEのアカウントすら消したことのあるぼくは、ずっとそれらを見ているのが好きではありません。

けれど、特にTwitterはあの手軽さゆえに少し時間が空くとアプリを開いてしまうことも多いんですよね。

暇つぶしに覗くとあっという間に時間が過ぎていたり、褒めてオーラ全開の投稿に交じった暗い内容の投稿を見て気分が沈んだり。

これは時間を有効に使うためにも、いい気分を保つためにもよくない。

そう感じたぼくは数週間前にスマホからTwitterのアプリを消してみたんです。

 

するとどうでしょう・・・ぼくの中に不要なノイズの入る隙間が減り、心が穏やかになりました。

たまに覗きたくなっても、ネットを開いて検索しなければならない手間があるので、その回数は大幅に減っています。

これはSNS疲れを感じている人に是非試してほしいですね。

 

苦手な人の『フォロー』は外していい

もっと言うと、自身がSNSをより心地よく使うためには、苦手な人のフォローは外していいと思うんです。

ぼくはTwitterのアプリを消してそれ自体を覗く機会は減りましたが、たまに覗いたときでも気分を害したくはない。

 

そう思ったことから、思い切ってTwitterでフォローしている人を減らしてみました。

「あいつにフォロー外されたんだけど・・・なんなの?」

そんなことを思われたっていいんです。周りの目は全く気にしなくていい。

それでも気になるならフォローは外さずミュート機能を使えば大丈夫です。

 

SNSは好きな人とのコミュニケーションを楽しむためのツールなんだから、もっと自分勝手に使いましょうよ。

お陰でぼくは今、とても心地よくTwitterを使えていますよ。

 

フォローする基準は「尊敬できるかどうか」でいい

こうしてTwitterのフォローを減らしながら、ぼくは自らの中にある「人をフォローする基準」を考えてみたんです。

フォローを外したのは有益な情報を呟かない人や、暗い投稿をする人でした。

加えてなんとなくフォローを外すのは申し訳ないな・・・と思っていた人のフォローも外して気が付きました。

 

Twitterで人をフォローする基準は「その人のことを尊敬できるかどうか」でいい。

それに該当しないなら、フォローしなくていい。

 

すごいと思っても、その人のことを尊敬できなければフォローはしなくていい。

見たくない人のことはフォローしなくていい。

これはブロガーであるぼくの個人的な話ですが、SNS上では「この人は本当にすごいな」と思うブロガーさんにも出会うんですよ。

すごいと思った上で尊敬できるのならフォローしてその姿勢や考え方を吸収するべき。

 

だけど、そう思わないのならフォローする必要はない。

ぼくは弱い人間なので、すごい人の投稿を見ると、その人と自分を比べて劣等感を感じ、勝手に落ち込んでしまいます。

けれどそんなことで落ち込むくらいなら、その人の投稿は見なくていい。

 

ネット上にはすごい人もたくさんいますが、勘違いしてはいけないのは、すごい人=無条件に尊敬できる人ではないということ。

ぼくみたいなタイプの人間はその部分を明確に判断することが必要不可欠でした。

 

元々ぼくはすごい人の背中を見て頑張る、というよりは危険な人を反面教師に「こうはならないぞ」と自分を追い詰めるタイプ。

それなのに、ただ自分よりレベルが上の人たちを眺めていたら「ぼくには無理かも」とマイナス思考になるのも無理はないんですよね。

 

不要なノイズを取り除いて、尊敬できる人だけの背中を追っていけばいいんだと、ぼくはぼくの性格に合った判断をしたんです。

それだけで今はとても心地よく、そして前向きな気持ちでSNSを使えています。

 

SNSを上手く使えば素敵な出会いは訪れる

f:id:kota04:20161018190512j:plain

これまでSNSのマイナスな面しか伝えてきませんでしたが、それらは本来とても素敵なツールです。

SNSを上手く使えばリアルではまず会う機会のなかった人と出会えるし、それきっかけで人生が変わる可能性もゼロじゃありません。

ぼくもSNSのお陰でブロガーの方とお会いする機会が増えて毎日ワクワクしています。

もう、これまで行っていた大学の飲み会に魅力を感じなくなったほどです。

 

「人脈を作らなきゃ」と言って、人と人との繋がりではなく見返りを求めてSNSを使う人は論外。

けれど、本気で素敵な出会いを探そうと思っている人にとってはSNSほど適したツールはないんですよ。

SNSを上手く、そして気持ちよく使って本当に大切な人とだけ人間関係を築ければ心は自ずと幸せになっていきます。

SNSでの人間関係に疲れを感じている人は、まずは他人の目を気にせず、自らの『フォロー一覧』を見直してみてはいかがでしょうか。