読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

視野を広げたいなら、まずはその狭い世界を飛び出してみよう

ぼくの考え
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160226190644j:plain

こんにちは、いわたです。

 

僕は趣味の1つでもあるブログの書き方を教わってから、その面白さや奥深さにドハマりしてきましたが、始めて半年が経った今、少し思うことがでてきました。

ブログに限らず何か趣味を持っている人なら思うこともあると思います。

1つのことに夢中になりすぎると、つい視野が狭まってしまうんですよね。

 

狭い世界に依存し過ぎている

この記事を読んでいる方にもそれぞれ趣味はあると思いますが、半年前からブログを趣味にしている僕はブロガー界、もっと言えば学生ブロガー界という狭い世界に依存し過ぎていると思うんです。

僕は近い内の目標としてこのブログを月に10万PVを達成できるレベルにまで到達させることを挙げています。

そのためには当然、SEOを意識しながら地道に記事数を増やしていく努力をしなければならないことは分かっています。

幸いなことにその努力は辛いものだとは思っていません。むしろブログを書くことは好きなので今では僕の趣味の1つとなっています。

それでも少し感じました。今の僕は狭い世界に依存しすぎています。

 

僕はSNSの狭い世界が嫌いだった

f:id:kota04:20160226190421j:plain

ブログ開設と同時にTwitterとFacebookを始め、毎日のめり込むようにしてタイムラインをチェックしています。

記事を書けばSNSで呟きもするし、反応があればとても嬉しい。

 

今となっては楽しんでいる僕ですが、もともとはSNSが嫌いだったんですよね。過去にはこんな記事も書いているくらいです。

www.iwata09.com

www.iwata09.com

大学1年生の頃にも今とは違うTwitterのアカウントを持っていましたが、1年くらいすると飽きて退会していました。

当時はリアルの友達としか繋がっていなくて、外へ向けて発信をしていた訳ではなかったので、めちゃめちゃ狭い世界だったんですよね。

次の日に大学へ行っても、Twitterのタイムラインで繰り広げられていたリアルの友達同士の会話が話題になると、ものすごく狭い世界を生きている気がしてつまらなかった。

そんな狭い世界を抜け出したくてTwitterを辞め、ついでに「何で常に誰かと繋がってなくちゃならないんだ」とLINEのアカウントも消すような人でした。

 

今となってはTwitterをやっていなかったら会っていなかったであろう人もたくさんいるので、自分の考えを外へ外へ発信をするためのツールとしてTwitterは絶対にやった方がいいとは思っています。

けれど知り合いだけと会話するためのツールとしてやる意味があるかと言われたら、僕はそこには価値を見出せない。

 

「恋は盲目」と同じ原理

f:id:kota04:20160226191057j:plain

話を戻すと、狭い世界に依存し過ぎて視野が狭まっている状況っていうのは、恋人ができて、その人のことが好きで好きでたまらないときと全く同じ状況だと思うんです。

まさに「恋は盲目」で、そこだけに集中してしまっているから周りが全く見えていない状況なんですよね。

こうなってしまったらもう世界は恋人を中心にしか回らない。一気に視野が狭くなってしまいます。

 

趣味と距離を置いてみる選択

僕の場合は半年前からずっとブログが恋人だったので(文字に起こすと何かヤバい)、ブログを始める前と比べて視野が狭くなっていました。

たくさんのブロガーさんとお会いするようになったという点でいえば刺激が増えたので世界は広がっているんですけど、そこに依存しすぎていた気がします。

 

今までほぼ毎日、記事を更新しなくともデザインカスタマイズをしたりと何らかの形で必ずブログに触れてきました。

そんな僕がたった3日間だけですが趣味のブログから離れてみました。

 

離れてみると点みたく小さな世界だった

f:id:kota04:20160226190926j:plain

夢中になっているから気が付かなかったものの、ブロガー界、ましてや学生ブロガー界なんてめちゃめちゃ狭い世界でしかないんですよね。

もっと広い視野を持って生きていった方が圧倒的に面白いはず。

記事だって読者目線で考えたらそっちの方が絶対に魅力的ですよね。

色々な経験をしている人の体験記とか読んでてすごく面白いですもんね。僕もそうやって自分にしか書けない記事を増やしていきたい。

 

1つのことに依存しない姿勢が個性を生む

何か一つに依存しすぎずに広い視野を持って、たくさんのことに飛びついた後でそれをアウトプットする場としてブログを書いていきたいです。

僕の場合はブログですけど、例えばこの記事を読んでいるあなたの趣味がギターを弾くことだとします。

ギターの世界も面白くて奥が深いのでついのめり込みがちですが、新しい弾き方を取り入れたいと思ってもその世界だけを見ていては何も生まれないんですよね。

 

それでも広い視野を持っていればユニークな発想が生まれます。

具体例を挙げると、僕がめちゃめちゃ面白いと思うのはギタリストのMIYAVIさん。

ギタリストでありながらもベースのスラップ弾きを取り入れてギターの世界に衝撃を与えましたよね。

youtu.be

ロックの世界に歌舞伎の要素を取り入れてたりもして、その発想はどこから来たの?と聞きたくなるくらい視野が広い。

youtu.be

1つのものに依存しすぎずたくさんのことを取り入れる姿勢。僕はこれを身に付けたい。

 

まとめ

 何かに依存してしまっているのであれば、それと少し距離を置いてみるだけでも視野は自然と広がってきます。

僕も開設半年を迎えたこのブログにもっとたくさんの要素を取り入れて、より個性的で僕にしか書けない記事を書いていけるようにしたいです。