いつまでも過去の肩書きや経歴を語る、ダサい大人にはなりたくない

大学を卒業してからのぼくが完全に思考停止していたことに気付いてからは、自分の言動にも違和感を抱くようになりました。

関連記事▶︎独立してからずっと感じていた停滞感の正体に気がついた。

 

いつまでも過去の肩書きや経歴を語り続けるのは死ぬほどダサい。

そんな状況に自分が陥ったときは、今一度現状を見直してみるべきなんだと気付きました。

だって、肩書きや経歴を更新できていない=自分が全く変化していないという、非常にわかりやすいサインだから。

 

スポンサーリンク

肩書きや経歴は常にアップデートし続けるもの

というのも、常に自身の殻を破り成長し続けているのなら過去の経歴にとらわれる必要はないと思うんです。

新しいことに手を出し、それを次々と自分のスキルとして身につけながら人としてレベルアップしていくはずだから。

人と会ったとき、自分は何をしている人なのかを説明するための道具が肩書きや経歴。

それは思考を止めていない人なら常にアップデートし続けていくのが自然なことです。

 

ところがぼくがブログで自分について話すとき。

何をしている人なのかを説明するために使っていた言葉を思い返してみると、そこに並ぶのは決まって同じものでした。

”就活を蹴って新卒で独立した”とか、”パソコンを持っていない状態からブログを始めて今、生計を立てている”だとか。

 

それってもう既に1年以上も前の話で、未だにそれを語り続けているぼくは肩書きを全くアップデートできていません。

言い換えれば全く前に進んでいない。肩書きや経歴がずっとアップデートされていない。

いやお前、これまで何してたんだよ。

どれだけ自分の頭で考えることなく生きてきたかが、一瞬でわかってしまう。死ぬほどダサいぞ。

 

3ヶ月〜半年以上、肩書きor経歴のアップデートがない場合は要注意

自分は前に進んでいると思っていても、実際は同じ場所でずっと足踏みしているだけだった。

ぼくがそんな自分の姿に気付いたのは、かれこれ半年以上は肩書きと経歴のアップデートがないと認識したから。

 

3ヶ月〜半年以上、肩書きもしくは経歴のアップデートがされていないなら、それは自分が思考停止しているサインです。

肩書きはそんなに短いスパンじゃ変わらないと思うけど、少なくても経歴くらいは。

 

”ここ最近はこんなことをしていました”って、これを3ヶ月スパンで違ったことを話せるようじゃないとアウト。

恥かしながらぼくは半年くらい前から経歴をアップデートできていません。本当に何も考えていない。

これってめちゃくちゃダサいことだから、今後は気をつけていかなきゃ。

 

話は逸れるけれどぼくは今年の3月、ふとしたきっかけで出会った女の子に告白して振られています。

その子の職場は駅前にある大型デパートだったので今でもよく足を運ぶのですが、そこへ行くたびに当時のことを思い出して。

で、思うんです。「そういえば、あの頃から数ヶ月が経ったのに俺は何も変わってないな」って。

 

その子が派遣社員から正社員になって異動し、もう同じ場所にはいなくて前に進んでいることを考えると余計に。

デパートへ足を運ぶたび、ふとした瞬間に「自分はみっともないな」と心の底から思う。

でも、それももう終わりにする。

 

スポンサーリンク

”最新の自分が最高の自分”であろうとすること


”最新の布袋が最高の布袋”

ぼくが大好きなギタリストの布袋寅泰さんは、常にその言葉を掲げながら音楽活動を続けられています。

今年で活動は36年目、未だに進化し続ける布袋さんは本当にカッコいい。

 

BOOWY時代からカッコいいけど、年齢を重ねた今の方がもっともっとカッコいい。

退化じゃなくて進化し続ける、超一流アーティストのプロ意識を感じます。

 

一般人のぼくでも同じく、常に進化し続けるにはこの意識がとても大切になると思っていて。

”最新のいわたが最高のいわた”

常にそれだけは忘れないようにしながら前へ前へ進んでいきたいと思います。

 

いつまでも過去の肩書きや経歴しか武器にできない大人は超ダサい。

それはいつまでも自分が変化していないサインです。

また3ヶ月後には、新しい経歴を語れる自分になっているぞー!

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳。「ブログを始めよう」と決意するも、パソコンを持っていない状況からスタートして今に至ります。三度の飯より服が好きなファッションブロガー。最近はデュエルマスターズにドハマり中。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。