ランニング用に超おすすめ!音質最高な防水ワイヤレスイヤホンを紹介する

全ランナーにおすすめしたい。

このイヤホンの存在をもっと早く知りたかったな・・・。

 

スポンサーリンク

ランナー最大の悩み。走っているとイヤホンのコードが邪魔すぎる!

半年ほど前から、適度な運動をしようと毎朝ジムへ通っています。

軽い筋トレとランニングを合わせて、ジムにいる時間はおよそ1時間くらい。

社会人になると本当に体を動かさなくなるので、ちょっと走るだけでもすごく気持ちいいですよね。

 

ランニングを日課にしている皆さんは、高確率でイヤホンを付けながら走っていると思います。

お気に入りの音楽を聞いた方がモチベーションも上がりますよね。

ぼくはジムで流れているゴリゴリのヒップホップじゃ、ちょっとテンションが上がりません。

 

ランニングをするときには必須アイテムのイヤホン。

ぼくはこれまで、下記リンクのイヤホンを愛用していました。

 

このイヤホンの前までは5,000円と、ぼくにしては少し奮発して買ったイヤホンを使っていたのですが、それは非防水対応。

走っているとかなり汗をかくので、耐えきれず数ヶ月で壊れてしまいました。

 

スポーツ向きで防水仕様のイヤホンをと思いこれを購入。

「今度は走っていても壊れないぞ」と気に入っていたのですが、これにも限界がきたようです。

 

というのも、有線イヤホンでもフルレングスのジャージを穿いて走っているうちなら、スマホをポケットに入れて使うのもギリギリ大丈夫。

しかし気温が上がってハーフパンツを穿き走るようになると、ポケットがついていない仕様のモノもちらほら。

仮についていても、ハーフパンツだと走ると揺れるスマホの振動はなかなかのもので、かばおうとするとランニングのフォームが崩れてきてしまう。

 

「こんなんじゃ、集中して走れないよ」

同じ思いをしたことがある人は、絶対にぼくだけじゃないはず。

 

Ankerのワイヤレスイヤホン、SoundBuds Slimが超おすすめ

真夏になっても意地を張ってフルレングスのジャージを穿き、ポケットにスマホを入れながら走っていたぼく。

それが祟ったのか、ついにはスマホの重さに耐えきれずポケットが破れてしまいました。

 

夏でも快適に音楽を聞きながら走る方法はないものか・・・。

そう思いながらAmazonで防水仕様のイヤホンを眺めていると、完全にランナー向きなイヤホンを発見しました。

 

それがAnkerのワイヤレスイヤホン、SoundBuds Slimです。

有線ではなく、Bluetoothでスマホと繋ぐため文字通り”ワイヤレス”でミニマルな見た目が特徴的。

 

今までイヤホンを買い換えるとき、ワイヤレスという選択肢もなくはありませんでした。

紛失しそうで避けていたのですが、今となってはランナーが使うイヤホンにはワイヤレスがベストだと確信。

晴れてワイヤレスイヤホンデビューを果たしたぼくが、AnkerのSoundBuds Slimを激推しする理由を並べていきます。

 

コードに邪魔されずランニングフォームを調整できる

なんといってもワイヤレスイヤホンを使う一番の利点はこれ。

コードがないので、それに一切邪魔されずランニングフォームを確認できるんです。

 

有線のイヤホンをコードが背中を沿うように使うのもアリですが、結局はポケットのスマホと繋がっているので邪魔でしかない。

ところがAnkerのSoundBuds Slimをはじめとしたワイヤレスイヤホンなら、コードが邪魔になりません。

それもそうだ、そもそもコードがないんだもんな。

 

あれが手元に来ると手に引っかかったりして、かなりイライラしますよね。

ワイヤレスならそんな事故は一切ないので、ひたすら走ることだけに集中することができます。

どうして今まで有線のイヤホンを使っていたんだろう。ワイヤレスなら本当にストレスフリーです。

 

ポケットにスマホを入れる必要がないので走りやすい

ジム通いでランニングマシンを使っている人に限られますが、ぼくがワイヤレスに切り替えてよかったと思う一番の理由はこれ。

当たり前ですがBluetoothを使ってスマホとイヤホンを無線で接続するので、スマホをポケットに入れておく必要がないんです。

 

ということは、揺れるスマホをかばってランニングフォームが崩れることもない。

それが気になって走ることに集中できない・・・なんてことも、絶対にありません。

 

これがもう、今まで有線のイヤホンを使っていたぼくにとって革命的なまでに快適です。

どうして今までワイヤレスのイヤホンを使ってこなかったんだろう、本当に・・・!

 

さすがAnker。音質のクオリティに一切の文句なし!

いち音楽好きとして、何より気になるのがイヤホンの音質クオリティ。

そもそも防水仕様が施されている時点で、音質にはあまり期待をしていませんでした。

なぜなら前まで使っていたaudio-technicaの防水イヤホンは、どこか音がこもって聞こえていたからです。

 

しかしAnkerは違った。めちゃくちゃ売れている小型スピーカーを販売しているだけありますね。

音質のクオリティには何ひとつとして文句がありません。

それもぼくが以前使っていた、5,000円ちょっとのイヤホンよりもかなりいい。

 

低音の美しさと迫力には驚きました。

特にヘヴィメタルが好きな人には本当におすすめしたいです。

R&Bを聞いても、低音によるドスの聞き具合が抜群にいい。

 

スポンサーリンク

これだけ便利で2,000円台!買わない理由が見つからなかった

Bluetoothで繋ぐワイヤレス型で、防水加工がされている上に音質も抜群にいい。

何よりガジェットアイテムには定評のあるAnkerが製造しているイヤホンとなれば、値段もそれなりにするのでは?

 

そう思っていたのですが・・・このイヤホン、なんと2,399円(Amazonにて2017年7月時点)で買えるんです。

ここまでくると、買わない理由はひとつも見つかりませんでした。文字通り”即買い”して大正解。

最後にこの、超お買い得なイヤホンの特徴をまとめておきましょう。

 

AnkerのSoundsBuds Slimが超おすすめな理由

・ワイヤレスなので、走っているときにコードが手元の邪魔をしない

・スマホをポケットに入れる必要がないので、走ることだけに集中できる(ランニングマシンを使っている人向け)

・小型スピーカーが大ヒットしているメーカーなだけあって、音質は文句なしの高クオリティ

・重低音に迫力あり。ヘヴィメタルとR&B好きなら歓喜するレベル

・それでいて値段は2,000円台という安さ。コスパがとてもいい

 

デメリットを挙げるとすれば、Bluetoothで繋ぐワイヤレスタイプなのでイヤホン自体の充電も必要なことでしょうか。

全てのワイヤレスイヤホンに共通することなので特筆はしませんが、使ったら充電は忘れないようにしたいですね・・・。

 

AnkerのSoundsBuds Slim、心の底からおすすめです。

特にハードロックやヘヴィメタルが好きなランナーなら絶対に必須アイテムですよ!

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳。「ブログを始めよう」と決意するも、パソコンを持っていない状況からスタートして今に至ります。三度の飯より服が好きなファッションブロガー。最近はデュエルマスターズにドハマり中。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。