読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

有言実行への第一歩。「人生でやりたいことリスト100」を作ってみた

ぼくの考え おすすめの本
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160717115739j:plain

こんにちは、いわたです。

突然ですが…皆さんは何かやりたいことができたとき、それを周りに宣言してから行う有言実行タイプですか?

周りに目標を宣言して後戻りできない状態を作れば、実行するしかなくなるので成功する可能性も高まります。

これってすごくいいことで、ぼくも取り入れていきたいと思っていました。

 

有言実行する体質を作りたい

なんせぼくは典型的な日本人思考で不言実行するタイプ。

一度やると決めたことを曲げたりはしませんが、目標を達成した後で周りの

「えっ、いつの間に?」

って反応を見て心の中でドヤ顔するのが好きという悪趣味具合。

 

でもこれって少しズルくて、周りに宣言していないのでその目標は自分にしか分からないんですよね。

つまり途中で挑戦を諦めても最初から何もなかったように振る舞えてしまう。

そんなことを繰り返していたら諦め癖が付いてしまうので、自分のためにも良くありません。

 

ということでぼくも物事を有言実行する体質作りに励むことに。

そのためにも「人生でやりたいことリスト100」というものを作ってみました。

 

人生でやりたいことリスト100とは?

f:id:kota04:20160717115859j:plain

やりたいことを100個並べてリスト化することで、人生における目標設定をして進むべき道を明確にするためのもの。

それらを実現するために今何をすべきか逆算して考えれば行動がスムーズになります。

 

更に自分は何に興味があるのかも再認識でき、それらをグループ分けすれば自分の根底にある軸を見つけるのにも役立つ。

おまけにブログなどで公開すれば自身を有言実行せざるを得ない環境に放り込むことができちゃいます。

ちょっとした自己分析にも使える上、有言実行する体質作りにも持ってこいだなんて素晴らしすぎる。

 

「人生でやりたいことリスト100を作る」という概念は上記の本を書いたロバート・ハリスさんが生み出したそうです。

…と紹介しておきながらぼくはこの本を読んでいません。

 

ぼくが読んだのは「ビズリーチ」という企業の社長である南壮一郎さんが書いたこちらの本。

この本の中で南社長は人生でやりたいことリスト1,000を作っていました。

やりたいことを列挙して大まかにグループ分けすることで、自分の中にある軸が見えてくると書いてあります。

これに感化されてやりたいことリストを作ろうと思ったのですが…さすがに1,000個考えるには時間がかかる。

やりたいことリスト1,000は時間があるときに作るとして、今回はその100個バージョンを作ってみました。

 

いわたのやりたいことリスト100

という訳でこれがぼくの人生におけるやりたいことリスト100です。

小さいことから大きなことまで、くだらないことから夢のようなことまでひたすら並べています。

※2016年12月追記:打消し線の入っている項目は達成済み

1. 47都道府県全てに足を運ぶ

2. 人生の相棒となるダブルのライダースジャケットを買う

3. 最高に気に入ったリュックを手に入れる

4. 年上の女性と付き合う

5. ブログで新卒の初任給以上を稼ぐ

6. 生地選びからこだわって服を作る

7. 人生を通して1万冊の本を読む

8. 海外旅行をする

9. macのノートパソコンを買う

10. Twitterのフォロワーを1万人以上にする

11. 福岡でマンハッタンを食べる

12. 歯の矯正をしてみたい

13. シドのマオと対談する

14. 何らかのジャンルで第一人者になる

15. 普通二輪免許を取る

16. 雑誌かテレビに出る

17. 本を出版する

18. 誰かの目標になるような人になる

19. 腕毛を永久脱毛する

20. 自分に最も似合う髪型に出会う

21. ほくろの除去手術を受けてみたい

22. webライターの仕事をする

23. ファッションモデルの仕事をする

24. 金髪にする

25. 自分に自信を持てるようになる

26. 英語を喋れるようになる

27. 原付で日本一周する

28. 好きなことで生きていく人を増やす

29. 新たにファッション以外のメディアも立ち上げる

30. モノより経験にお金を使う

31. 1人暮らしをする

32. バンジージャンプをする

33. バンドを組んでステージに立つ

34. ショッピングセンターのバックルームに入る

35. ギターでBAD FEELINGを弾く

36. 「もうお金には興味がない」と言えるくらい稼ぐ

37. 応援してくれた人に恩返しをする

38. 世間に対するブロガーのイメージを上げる

39. 街中でナンパする

40. どんな天候でも着れるマウンテンパーカーを手に入れる

41. 自分に似合うリングと出会う

42. 思いを込めた渾身のオピニオン記事でバズる

43. カラオケの精密採点で95点を出す

44. ギターのエフェクターに詳しくなる

45. 一眼レフカメラを買う(ミラーレス)

46. 有名YouTuberの動画に出る

47. めちゃめちゃ快適なベッドを買う

48. 筋トレして細マッチョになる

49. 原田翔太さんにお会いする

50. 指パッチンできるようになる

51. 料理上手になる

52. 汗っかき体質を治す

53. 白塗りして渋谷を歩く

54. 1ヶ月間デジタルデトックス生活をする

55. 母校で講演する

56. 学歴コンプレックスを克服する

57. エクセルを使いこなす

58. 隣にいる人が軽く引くほどのタイピングスピードを手に入れる

59. 小さな成功体験を100個集める

60. 街中で「いわたさんですか?」と声を掛けられる

61. 電車の中で自分のブログを読んでいる人を見かける

62. お気に入りのブランドをもうひとつ見つける

63. ファッションのコミュニティを立ち上げて主催する

64. 好きなブランドの展示会に呼ばれる

65. 歌を歌って人を感動させ泣かせる

66. バック転できるようになる

67. 視力を1.0以上にする

68. 身長を180cmにする

69. 他の誰でもないぼくにしかできない仕事をする

70. 生でパリコレを見る

71. 大好きなブランドの忘年会に行く

72. 尊敬できる恋人を作る

73. 街中でサインを求められる

74. 自他共に認めるミニマリストになる

75. ものすごく可愛い人に告白される

76. 自分で自分を理解する

77. 雨の日でも履ける靴を買う

78. 夏フェスを体験する

79. 河村隆一のライブに行く

80. 自分の生活に本当に必要なものを知る

81. 2日に1冊は本を読む習慣をつける

82. ドヤ顔で「毎朝ジムに通ってるよ」と言う

83. 眉毛の手入れを上手くなる

84. 「車の運転上手いね」と言われる

85. クマゼミを捕まえる

86. 夜景の綺麗なレストランでデート

87. 1日に10回「おしゃれですね」と言われる

88. 靴を30足揃えて毎日違うものを履く

89. 究極の白Tを複数枚買ってそれだけで夏を過ごす

90. 雰囲気イケメンになる

91. 髭を伸ばす

92. 会社で働かずに生きる

93. ガジェット系に詳しくなる

94. 肩書きを「いわた」にして生きる

95. 洋服に関わる仕事をする

96. 陥入爪を完全に治す

97. 丸1日をベッドの上で暇して過ごす

98. 好きなブランドの服を「ここからここまで下さい」と言って買う

99. バリオスに乗って高速道路を走る

100. 後悔しない人生を送る

 

ひたすらにやりたいことを並べるところから始めよう

f:id:kota04:20160717120028j:plain

基本的に家でパソコンをいじっているインドアなぼくでもやりたいことが100個は思い浮かびました。

ほんの3日くらいでパッと思いついた100個なので、後から「あれもこれも」と増える可能性が大いにあります。

生きていくにつれて更に増えるのも当たり前。

こうして並んだやりたいことを眺めながら「〇番を達成するために今何ができるだろう」

と逆算して考えることで今やるべきことが見えてきます。

 

だからまずはひたすらにやりたいことを並べてみましょう。

どんなにくだらないことだって、夢のようなことだっていいんです。

より具体的にやりたいことリストを作りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

この記事のまとめ

【やりたいことリストを作ることで得られるメリットまとめ】

・作って周りに見せれば自分を有言実行せざるを得ない環境に追い込める

・人生における目標が明確になる

・今やるべきことが見えて行動しやすくなる

・それらを分類すれば自身の根底にある軸が見えてくる

やりたいことリストをブログで公開したからには達成するしかありません。

不言実行だったぼくも、こうして少しずつ有言実行する体質を身に付けられるよう変えていきます。

やりたいことを考えているその瞬間すら楽しいし、たくさんのメリットがあるのでおすすめですよ。

▼そもそも「やりたいこと」がない人へ

やりたいことがない人へ。まずは今目の前にあることに集中してみよう