読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

アーペーセーのプチスタンダードデニムを穿き始めて1ヶ月後の変化

デニム色落ち日記 ファッション おすすめアイテム
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160428234952j:plain

こんにちは、いわたです。

ぼくはこのブログを多くの人に読んで頂きたいので、普段は読者目線を研究し心掛けながら記事を書いています。

けれどぼくはブログの楽しさって他にもたくさんあると思っていて、その内のひとつが過去の出来事を日記として残しておけること。

もちろん読んで下さる方にも伝えることを意識していますが、これはデニムの経年変化を日記として記録するためにも書いている、そんな記事です。

 

人生初のリジッドデニムを買って1ヶ月が経った

ぼくが人生初のリジッドデニムを買ってからおよそ1ヶ月が経ちました。

そもそもリジッドデニムって何?どこが楽しいの?と思った方はぼくが先月書いたこの記事を読んで頂けると嬉しいです。

リジッドデニムは男のロマンと言っても過言ではありません。

このアーペーセーのプチスタンダードデニムを穿き始めて1ヶ月が経ったということで、その期間における変化を写真と共に見ていきたいと思います。

 

ちなみにこの1ヶ月で私服を着る機会があったのはおよそ15日くらい。

その内の10日以上はプチスタンダードデニムを穿いて過ごしていました。

徐々にぼくのワードローブに欠かせない1本になってきました。

まだ十数回しか穿いていないけれど、愛着は半端じゃないですね。

 

この1ヶ月におけるプチスタンダードデニムの変化

まずは買ってから1度も穿いていないプチスタンダードデニムの写真。

しっかりと糊がついていて、パリッとした雰囲気ですね。

f:id:kota04:20160326015911j:plain

 

続いておよそ1ヶ月が経過、十数回着用したプチスタンダードがこちら。

f:id:kota04:20160428230707j:plain

…まあ、あまり変わりません。

まだ十数回しか履いないのにバリバリ色落ちしてる方がびっくりですよね。

 

部位ごとに購入時と1ヶ月経過後の写真を見ていてもつまらないので、ここからは1ヶ月経過したプチスタンダードの各部位のみを見ていきます。

1ヶ月ごとの変化を記録するのはかなり地味なものですが、1~2年後に振り返ったときに変化の軌跡を楽しむために毎月更新していきます。

まさにぼくしか得しない記事。

けれどこれを読んで下さっている方に少しでもリジッドデニムを育てる楽しさを伝えられたらいいな。

 

ポケット付近のヒゲ

デニムを育てる中で表れてくるヒゲとは太ももの付け根部分に寄ったシワを指します。

f:id:kota04:20160428231328j:plain

デニム以外でも、普通のボトムスを穿いて座ったりすると太ももの付け根あたりにシワが寄りますよね。

まだ生地に糊がついたままで硬いリジッドデニムにはそういったシワが刻まれてアジになっていくんです。

現時点ではまだ1ヶ月穿いただけなのでうっすらと見えるだけですね。

 

ヒザの伸び具合

続いて日常生活においてヒザ部分の生地はどれだけ伸びたのか。

f:id:kota04:20160428232055j:plain

普通に生活していれば立ったり座ったりを繰り返すので、ズボンのヒザ部分が伸びてしまうのは避けられません。

これが顕著に目立つようになった状態をヒザ抜けと呼ぶのですが、あまり好ましくないことなんですよね。

ぼくの場合も1ヶ月穿いただけですがはやくもヒザ部分の生地が伸びてきています。

この写真だとプチスタンダードの綺麗なテーパードシルエットが伝わりやすいですね。

 

ヒザ裏のハチノス

続いて後ろ側の部位を見ていきましょう。とは言っても現時点で変化があったのはヒザ裏のハチノスのみ。

f:id:kota04:20160428232459j:plain

ボトムスのヒザ裏には特にシワが集中します。

ヒザ裏には様々な方向からシワが寄せられ、複雑な模様を形成することからその見た目をハチノスと呼びます。

生地が色落ちしたときにバッキバキのハチノスがあるのはあまり好きではないので、コントラスト控えめに育てていきたい。

 

穿き始めてからくおよそ1ヶ月が経った今、特筆すべきはこれくらいでした。

 

裾上げなしでロールアップ×2回

裾に関しては洗濯すると3~4cm縮むとのことだったので、未だに裾上げはしていませんし、今後もしない予定です。

f:id:kota04:20160428233231j:plain

ロールアップ×2回でジャストとまではいきませんが、裾が長すぎるということもありませんでした。

店員さんに「足長いですね」と言われてドヤ顔でした。

こうして赤耳を見せていますが、リジッドなのでロールアップをしていると生地にダメージが目立ちそうです。

現時点でロールアップの線に沿ってインディゴ染料の跡がついています。

これが目立つ前に洗って裾を縮めるか、はたまた理想の色落ちを目指してリジッドで穿き続けるか。

そのタイミングを判断するのに少し迷いそうです。

 

この記事のまとめ

リジッドデニムに興味のない方にとっては少し退屈な内容かもしれません。

が、経年変化を報告する記事は毎月書いていく予定なので読んで頂けると嬉しいです。

この記事を読んでいる皆さんにもリジッドデニムを育てたいと思って頂けるように頑張って書いていきます。

過去にリジッドデニムを育てた経験のある先輩はブログのお問い合わせフォーム等からアドバイスを頂けると喜びます。

それでは今月もプチスタンダードをガンガン穿いていこう。

プチスタンダード購入時に書いた記事はこちら

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【読者登録ボタン】

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑