ワンクリックで洋服を買える時代の寂しさ。

時々ネット通販で洋服を買うことがあるのですが、ぼくはその度にどこか寂しさと虚しさを感じます。

家から一歩も出ずに買い物できるのってすごく便利なんだけど、洋服に限ってはそうじゃなくてもいいなって。

 

洋服が好きならきっと、同じことを思っている人はいるはずで。

これからの時代にネット通販がどれだけ勢いを伸ばしても、実店舗は根強い支持を受け続けるんだろうなと思った話です。

スポンサーリンク

なんといっても実物に触れられない寂しさ

ぼくがネット通販で服を買うとき、そのほとんどは好きなブランドの古着です。

過去コレクションで発表されたものの、買い逃して手に入れることができなかったもの。

それをブランド古着屋さんの通販サイトで見つけたりしたときに買っています。

 

今はネットで買ってもすぐに届くので、手に入れるまでのスピードでいえば実店舗で買おうと大差はありません。

買う場所は違えど前々から欲しかった服は届く。

それなのに、ネットで買うといつも少し寂しさを感じます。

 

その原因は他でもなく、実店舗で買うのと違って実物に触れることができないから。

触れて生地感を確かめたり、試着することができないからです。

 

試着をしてから購入を決めることも多々ある

洋服を買うとき、主に何を重視しているか?

ぼくにとってのそれは生地感だったり、試着したときの”しっくり感”だったりします。

 

デザインに惚れて一目惚れで買うこともあるんだけれど、試着をしてから購入を決めることもそれと同じくらいあった。

人間関係で例えるなら、第一印象はイマイチでも何度か会う内に仲良くなっていくような感覚です。

 

 

購入の決め手になるのは、洋服の背景にあるストーリー

実物に触れて試着して、スタッフさんからその服が生産されるまでの背景にあるストーリーを教えてもらう。

ぼくが大好きなブランドのお店へ行くとき、いつもそんな買い物の仕方をしています。

 

「この服は特にここにこだわって作って、編み方には◯◯を採用していてね・・・」

「最初は全然違う生地を使う予定だったんだけど、いちばん雰囲気に合うのはこの生地だったから方針を変更して・・・」

そんなお話を聞くのが大好きで、服を1着買うにしても2時間くらいお店に長居してしまうこともあります。

 

しかしネット通販で買うとなればそのストーリーを知ることはおろか、触れることも試着もできない。

そこにぼくは寂しさを感じているんだと思います。

 

だからぼくはできるだけ実店舗へ足を運んで洋服を買う。

ネット通販で買った洋服に深い思い入れを持つことができないのは、きっとそんな違いがあったから。

 

スポンサーリンク

”モノづくり”にこだわり続けるブランドだけが支持される

これからの時代、消費者にそういったストーリーを伝えることのできないブランドは廃れていくのでしょう。

最近は色々なメディアで”中間層のブランドは消え去り、一部のドメとファストが生き残る”という予言を目にします。

ぼくもまさにその通りだと思っていて。

 

中間層とは具体的に言えば、チェーンのセレクトショップでしょうか。

今、セレクトショップは利益を重視するあまり形を変えている。

”セレクト”とは名ばかりで、実際には利益率に苦しむあまり自社オリジナルブランドの服ばかりを売り出しています。

 

でも、その姿勢じゃ生き残れない。

ストーリーを語るために、”どういう意図をもってこの服をセレクトしたか”という部分を大切にしなくちゃいけないと思っています。

 

たぶんぼくは、ネット通販が便利になるにつれて実店舗へ足を運ぶ回数が増えるのでしょう。

変化の時代を、服屋さんの実店舗はどのような形に変化しながら駆け抜けていくのか。

いち服好きとしてぼくはとても楽しみにしています。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳。「ブログを始めよう」と決意するも、パソコンを持っていない状況からスタートして今に至ります。三度の飯より服が好きなファッションブロガー。最近はデュエルマスターズにドハマり中。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。