読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

”おしゃれは自己満足”をモットーに、コーディネートよりも洋服そのものにフォーカスした情報をお届けするファッションブログ。

季節の変わり目に大活躍!いわたが2月にヘビロテしたお気に入りの洋服を5着紹介するよ

お気に入りの洋服

f:id:kota04:20170228223024p:plain

ぼく、結構YouTubeを見るんです。

YouTuberさんって、毎月月末になると「〇月のお気に入りアイテム」の紹介を定番動画にしていますよね。

 

女性のコスメYouTuberさんなら、その月によく使ったお気に入りのコスメを、

男性のファッションYouTuberさんなら、その月によく着たお気に入りの洋服を。

 

ぼくは毎月これを結構楽しみに見ていたので(女性YouTuberさんのコスメ紹介も)、ちょっとやってみたかったんですよね。

・・・ということで、ファッションが大好きで毎月10着は洋服を買うぼくも、2月のお気に入りアイテムを紹介してみたいと思います。

 

2月の服装は冬モードから春モードへの移行時期

2月ってまだ寒いんですけど、外の空気はほぼ春モード全開ですよね。

特に「洋服は着たい時期の3ヶ月前に買う」をモットーにしているぼくにとって、気分はもう完全に春。

 

2月の半ば、めちゃくちゃ寒いのに気分はとっくに春なぼくは、何度か麻のコートで出掛けて心底後悔することもありました。

・・・やっぱり気温はまだ低くて寒い。けど、気分はもう春!そんな時期が2月です。

 

今月よく着たお気に入りの洋服を振り返っても、徐々に春モードへと移行していることが見てとれます。

それじゃあ、ぼくの2月におけるファッションを支えてくれたお気に入りの洋服を5着紹介しましょう!

 

2月のお気に入り第5位:iroquoisのロング丈カットソー

f:id:kota04:20170228204237j:plain

いっとき全く着ない時期が続き・・・けど手放すのは少し惜しかった。

そんな理由から、少し前までずっと中古相場よりやや高めの値段でメ〇カリに出品していたカットソー。

 

これが2月に入って突然、コーディネートを組むときに何度か登場するようになりました。

この、ずっとタンスの肥やしになっていた服がある日を境に突然かつ再び活躍しはじめる現象・・・。

絶対、服好きあるあるだと思うんですよ。この現象、なんて名付けるのがいちばんしっくりくるんですかね?

 

f:id:kota04:20170228204603j:plain

ありきたりなファッションが嫌いなひねくれ&こじらせマンなので、ぼくはコーデにレイヤードを取り入れることが多いです。

このカットソー、異様に着丈が長いのでそんなぼくの要望を見事に満たしてくれちゃいます。

 

分類としてはヘンリーネックカットソーなのですが、ボタンが謎に12個も付いている変なヤツ。

裾付近のボタンを開けてあげると動きが出るので、これもいいアクセントになってくれます。

 

f:id:kota04:20170228204916j:plain

引用:http://wear.jp/kfct/9128938/

ぼくが実際にコーディネートを組んで、WEARに載せたのがこんな感じ。

このコーデ、インナーがただの白Tだったりしたら超つまらなくないですか?

 

そこに異様なまでの着丈な長さでアクセントを加えてくれるんです、このヘンリーネックTシャツ。

春本番に1枚で着るのは難しそうだから、ちょうど季節の変わり目に活躍してくれそうな1着でした。

 

2月のお気に入り第4位:OLD JOEのジェンツベスト

f:id:kota04:20170228205223j:plain

これも去年の9月に買ってからずっとタンスの肥やしになっていたんですが、およそ5ヶ月の期間を経て冬眠から目覚めたようです。

 

ベストってかなり上級者が着るアイテムってイメージが大きかったんです。

・・・が、ぼくのファッションに大きな影響を与えた人がよく着ていたんですよね、こういうの。

 

それゆえ、ぼくもいずれはベストを格好良く着こなせる男になりたいと思っていたんです。

ちなみにぼくのファッションに大きな影響を与えた人は2人いて、1人はバンド「黒夢」のボーカルである清春。

もう1人はブランド古着屋で働いていた頃、20代前半なのにいっつも50年代のアメリカ人みたいな格好をしていた社員さん。

 

OLD JOEというブランド自体は、そんな社員さんに教えてもらって初めて知りました。

ぼくは今でも漠然と、渋~いアメカジスタイルに憧れを抱き続けているんです。

 

f:id:kota04:20170228205816j:plain

ベストに苦手意識を抱く人のほとんどって、首元における開きの大きさにそれを感じていると思うんです。

OLD JOEのジェンツベストは首元の開きがかなり控えめ。

ネクタイでも締めない限りボタンは閉めませんが、インナーが隠れてくれるだけで着こなしのハードルも下がります。

 

あとは適当なシャツとジーンズ、もしくはスラックスを合わせればそれなりに渋いスタイルをキメてくれる便利なヤツ。

 

f:id:kota04:20170228210254j:plain

引用:http://www.iwata09.com/entry/best7

ぼくのファッションにおけるアイデンティティーは総柄アイテム。

上下共に総柄アイテムのやかましいコーディネートに、全体を引き締める役割としてベストを投入してみました。

 

2月はこのベストがお気に入りすぎて、これをベースに「ベストの着こなし」を解説する記事も書きました。

この記事ではぼくの私服を総動員して、着こなしが難しいと言われるベストを使ったぼくなりのコーデを5つ紹介しています。

 

ブログの話をすれば、この記事こそ2月に最も力を入れて書いた1本。

夜中に突然思い立ってからコーディネートの撮影を始め、写真を取るだけでも2時間は掛かった大作です。

この記事、まだ読んでない人は絶対に読んでみてくださいね。とにかく苦労したので。

 

2月のお気に入り第3位:UNIQLO Uのインディゴ染めパーカー

f:id:kota04:20170228213333j:plain

服好きとして、今回のUNIQLO Uコレクションにもフルで目を通してきました。

いつも新宿の伊勢丹で見ているルメールデザインの極上かつシンプルなアイテムを安く買える機会です。

 

ぼくは街で色々な人と服装が被ることを嫌う「逆ミーハー」なひねくれ者。

それゆえ流行を把握するとあえてそれを避けて通ったりするのですが・・・今回は買っちゃいました。

 

トップスに暗めの色が多いぼくなので、春へ向けて少し明るめトーンの洋服も買い揃えていました。

その一環としてこのパーカー。柔らかく着心地のいい生地をインディゴ染料で染めています。

ボディこそコットン100%ですが、リブにはポリエステルも30%配合。

袖リブはかなりしっかりした作りになっていますが、このお陰で伸びがよく腕まくりをしても窮屈さを感じません。

こういった類のパーカーってリブが腕時計と干渉して若干気持ち悪かったりするけれど、それがないのも素敵です。

 

2月のお気に入り第2位:iroquoisのシンサレートブルゾン

f:id:kota04:20170228214041j:plain

MA-1がかなり流行った14AWシーズンにiroquoisから販売されたブルゾン。

見た目こそMA-1そのものですが、これをそう呼ぶのはいかがなものか・・・と思うくらいひねくれた仕様になっています。

 

ドロップショルダーに製品染めと、iroquoisらしさを象徴する「ゆるさ」が色々な部分に散りばめられたブルゾン。

 

f:id:kota04:20170228214251j:plain

中綿もかなりたっぷり入っていて、それでいて中身はただのポリエステルではなく、機能性素材のシンサレート。

羽毛布団・・・つまりダウンジャケットのそれと比べても劣らない暖かさを持つハイクオリティな化学繊維です。

 

それゆえ見た目は軽めなブルゾンながらも、保温性はとっても高い。

ロングコートとは違いサラッと羽織れるので、2月は外へ出かけるたびこれを着ていた気がします。

 

特に心が春気分で、インナーが必然的に軽くなっていくので尚更ですね。

インナー次第で秋から真冬まで着れる超便利アイテム。少し古いアイテムですが、これは買っておいて本当によかったです。

 

ぼくのWEARを覗くと、今年の冬は本当にこればっか着ています。

よく言えばこういったブルゾンの着回し方における参考になるかもしれないので、ぜひアカウントを覗いてみてください。

いわたのWEARコーディネート一覧

 

2月のお気に入り第1位:POLO Ralph Laurenの40’s レプリカジーンズ

f:id:kota04:20170228214920j:plain

そして栄えある第1位は・・・こちら!

千葉県は柏市の古着屋で買った、POLO Ralph Laurenの超ワイドデニムです。

 

これだけ太いボトムスを買ったのは22年の人生で初めて。

今年の春はかなりカジュアルで明るい色をした服を取り入れていきたいので、それを支える柱として買ってみました。

 

もう年なのか、趣味が完全に変わったのか・・・

「このトップスに合うのはこれしかない!」ってタイミングでしか、細身のスキニーは穿けない体質になっちゃったんですよね。

もともとゆるくてカジュアルなファッションが好きなぼくは、足にピタッとくっつくタイトなボトムスに苦手意識がありました。

 

だから今年の春は、思いっきり太めなボトムスに振り切ってファッションを楽しんでみたいんです。

少し前から太めのバギーパンツをイメージして色々な古着屋を探し回っていたので、これを見つけたときは嬉しかったな。

 

これはまだ最近買ったばかりで1回しか履いていません。

色々なトップスと合わせながら、気に入ったコーディネートが見つかればWEARにも載せてみたいと思います。

 

今年の春は明るめトーンのファッションを楽しみたい

ということで、2月におけるぼくのコーディネートを支えてくれたお気に入りの洋服を5着紹介してみました。

 

何度も言ってますが、今年の春は明るめトーンのファッションを楽しんでみたい。

・・・というのも、ぼくのクローゼットにはほぼ黒とカーキ、ブラウンの洋服しかないんですよね。

ボトムスは濃紺色から水色まで様々ですが、そのほとんどがジーンズ。

 

よく言えば自分の好みを完全に把握しているから系統がブレないんですけど、最近はそれにも少し飽きを感じています。

ブランドでいうとiroquoisは大好きだけど、今までのように全身をiroquoisで固めるのは少しつまらない。

落ち着いた色味の中に総柄でアクセントを加えて渋さを出す、決まりきった自分なりのスタイルも退屈・・・。

 

要するに今のぼくは服装面で変化を求めているんです。

もっと明るい色を。オレンジ色のトップスなんかも積極的に着てみたいと思ってます。

 

せっかく春なんだから、もっと明るい色をした服も着てみたいな。

いい意味で自分らしくないファッションを楽しみたいと考えています。

 

以上が、ぼくの2月におけるコーディネートを支えてくれた、そして活躍したお気に入りの洋服5着でした。

毎月およそ10着の服を買うぼくですが、買った服はぼくが運営するファッションコミュニティ内にて逐一紹介しています。

ぼくが普段どんなお店で、いくらくらいで、どういった服を買っているのか興味を持って下さった方。

是非ぼくが運営するファッションコミュニティもチェックしてみてください。

 

ぼくが主体となって「ファッションを教える」ことはなく、参加者同士の交流をメインとしたコミュニティを形成しています。

そもそもファッションなんて誰かに教わるものじゃありませんからね。

それぞれがそれぞれのアイデンティティーを大切に、周りの目を気にせず楽しむもの。

このコミュニティは「おしゃれは自己満足」がモットーです。

 

おまけ:ブログが面白くなることを願ってピンキーリングを買ってみた

f:id:kota04:20170228221246j:plain

最近行きつけの古着屋さんにて、小さめのスプーンリングが入荷していたので買ってみました。

少しだけサイズを調整して、右手の小指につけるピンキーリングとして活躍中。

右手小指にリングを付ける意味は「自分らしさの主張」「表現力の向上」だそうです。

 

ぼくはこれからもブロガーとして、多くの人に楽しんでもらえる、面白いと感じてもらえる記事を書き続けていたい。

だから「表現力の向上」を願って、右手の小指に付けるピンキーリングを買いました。

 

今はこれを家にいるときも、外出するときもずっと付けるようにしています。

これで簡単に面白い記事を書けるようになったらいいな・・・