読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

起業に理由は必要なくて、目的を達成するための手段のひとつ

ぼくの考え
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160114164720j:plain

 

大学生活をぼーっと過ごしてきた僕には不思議で仕方がなかった。

 

起業をする人って、何が理由でするんだろう。

 

目立ちたいから?お金が欲しいから?

 

けれど、そうじゃなかった。起業をする人はそんなものよりも大切な目的を持っていました。

 

起業に理由は必要ない

 

行動する理由をガッチリ固めてからじゃないと動けないタイプの僕には驚きでした。

 

起業をしたいと言う方や、起業をした方にその理由を聞いても、確固とした理由がなかったから。

 

僕は起業ってもっと大変で、理由の裏付けまでガッチリ固めてから行うものだと思っていました。

 

起業家は理由ではなく目的を重んじる

 

かっこいいと思ったのが、起業家の方には確固とした目的があること。

 

決してブレず、全ての行動に通じる目的が。

 

その目的があるから、それを成し遂げるために行動を起こす。

 

起業ってすごく難しいことを考えなきゃいけないとばかり思っていたけど、その目的はとてもシンプル。そしてその人の行動全てに通じるもの。

 

起業は目的を達成するための手段のひとつ

 

例えば最近読んだ本だと、家入一真さんの「お金が教えてくれること」

 

家入さんの場合は行動の全てに通じる目的が「表現すること」でした。

 

その目的を達成するための手段として、ひとつは芸術家になること。

 

けれど芸術家になることはできなかったから、他の手段を使うしかない。

 

そして目的である「表現すること」を達成するための手段のひとつとして起業を選んだ。

 

これを理解した途端、僕の中にあった「起業家の目的は起業することなんだろう」という考えが壊れました。

 

起業は目的を達成するための手段のひとつに過ぎない。すごぐシンプル。

 

考え過ぎるよりまず行動

 

こうなると人生の目的探しを始めてしまうけれど、それは違う。

 

まずは目的を明確にしてから…なんて考えるとそれには終わりがなくて、人生の目的探しのために何よりも大切な時間を使ってしまってはもったいない。

 

実は動き出す前から目的が決まっている人なんて少ない。

 

とにかく色々やってみた後で自分の行動を振り返って、それらに通じるものがあれば、それこそが人生における目的だとわかる。

 

目的がないと動かないんじゃなくて、その順番を変えてまずは色々なことに挑戦することが大切。行動あるのみだ。