「テレビに出たい」も、「街で声を掛けられてみたい」も、口に出して宣言したら全部叶ったよ

f:id:kota04:20161209105429j:plain

ぼくは新しく何かに挑戦する前から「できない」やら「どうせ無理」と後ろ向きな言葉を吐く人が嫌いです。

 

どうしてまだ1歩も踏み出していないのにそんなことが言えるのかな。

むしろそうやって思い込んでいるから自然と後ろ向きな姿勢になっちゃうんですよ、きっと。

 

スポンサーリンク

言霊が自らの姿勢を前向きに変えていく

言霊って言葉がありますが、ぼくはこれを信じています。

新しく何かを始めるなら、その前から「ぼくにはできる」と口に出して宣言すれば姿勢もきっと前向きに変わる。

その前向きな姿勢と、「宣言したからには結果を出さなくちゃ」という焦りが自らの背中を押してくれるんです。

 

今まで不言実行がカッコイイと思っていたぼくですが、それはつまり周りに目標を宣言しないということ。

辛くなったら自分で勝手に、そしていつでも逃げ道を作れちゃうんですよね。

 

願いを口に出せば、驚くほどに叶っていく

f:id:kota04:20161209105138j:plain

何かを始めるなら、まずは周りにそれを宣言してみるといいですよ。

ぼくも以前、やりたいことを100つ並べたリストを作ってブログ上で絶対に叶えると宣言しました。

で、これを今見返すとびっくりするくらい多くのことが叶っているんですよ。

 

「雑誌かテレビに出る」と、当時のぼくからすれば夢のようなことを書いていますが、これも叶っちゃいましたからね。

あと、「街中で声を掛けられる」も叶いました。

福岡の天神を歩いていたら、初対面の人に「ブロガーのいわたさんですか?」って・・・芸能人気分を味わった。

 

これらの経験からぼくは、言霊の力って本当にあると思っているんですよ。

 

「できない」という言葉は自らを悪循環に陥れる

ぼくは自分の実体験から、夢や願いをガンガン口に出して宣言するのはとってもいいことだと思っています。

もちろんそれが口だけで行動が伴わないのは超ダサいから、必然的に自分を追い込むことになるんですけどね。

その環境に身を置くことで初めて、今やるべきことが見えてくると思うんですよ。

 

けれど夢や願いを宣言するのとは逆に、まだやったことのない物事に対してすぐに「できない」と後ろ向きな台詞を吐く人。

これには悪い意味で言霊が働いています。

 

自分ではその物事を「成し遂げられない」という意味で「できない」と言っているのかもしれません。

しかしその言葉は自分でも気が付かない内に、自らに対して「お前にはできない」と言い聞かせているようなもの。

これじゃあどんどん自信が削がれていって、自らの可能性を下げてしまう。

 

「できない」という言葉を口にする度に今よりもっと悪い状況に陥って、その悪循環により深く足を突っ込むことになるんですよ。

 

スポンサーリンク

たった今から「できない」を禁句にした生活を始めよう

そんな悪循環から抜け出す方法はとっても簡単です。

日頃から「できない」という言葉を口にしないよう心掛けること。たったこれだけでいいんですよ。

 

「できない」やら「どうせ無理」やら・・・後ろ向きな言葉は一切禁句にした生活を、たった今から始めましょう。

冗談めいた話をしているときならその必要はありませんが、自分の夢や願いに直結した話をしているときは絶対にです。

 

そして自ら「やってやる」と宣言をするんです。

言霊の力が働いて、自然と今までよりも前向きな姿勢で日々を過ごせるように変わっていきますよ。

ぼくはこれからも、やりたいことリストに並べた項目を叶えるために前向きな姿勢で進み続けます。

The following two tabs change content below.
いわた (岩橋康太)

いわた (岩橋康太)

大学を卒業後、就職せずにブログの収入で生計を立てている22歳。「ブログを始めよう」と決意するも、パソコンを持っていない状況からスタートして今に至ります。三度の飯より服が好きなファッションブロガー。最近はデュエルマスターズにドハマり中。
詳しいプロフィールはこちら
いわたのTwitterをフォローする
お問い合わせはこちら

もう1記事読んでいきませんか?

いわたが着なくなった服と想い、ネットで売ってます

オンライン通販サイト「iwatashop」では、いわたが着なくなった服を販売中。

商品は随時追加しています。