読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

とにかく服の系統がバラバラな僕の楽しいことと困ること

ファッション
スポンサーリンク

f:id:kota04:20151024150720p:plain

僕が思うに、お洒落な人は共通して自分のスタイルを貫いています。

 

その人の中にこだわりがあって、それを基軸に服を買ったり、コーディネートを組んだり。

 

ところが僕は違います。周りの方々からよく言われる言葉は「ほんと色々着るよね」

な、超雑食人間。

 

これは自分でも自覚していて、良いんだか悪いんだか…と思っています。

 

ファッションは自由で自己満足だと僕は思っているのですが、あまりにもジャンルにとらわれず自由過ぎる位に色々な服を着る僕が楽しいと思うことと、困ることを挙げていきます。

 

 

ファッションの系統がバラバラで楽しいこと

まずは楽しいと思うことから。

その日の気分でガラッと服装を変えられる

僕は割と、出掛ける前に聞いた1曲に朝の気分を左右されます。

 

youtu.be

例えばこんな曲を聞いた朝には何だかスタイリッシュな格好をしたくて全身真っ黒のハイブランドオンリーで出掛けてみたり。

 


Nirvana - Smells Like Teen Spirit - YouTube

 

Nirvanaを聞いたならカート・コバーンの様に古着を着てみたり、ゆるい格好をしてみたり。

 

まるでその曲の世界観を自分がファッションで表現している様な感覚になるので、その日の気分に合わせて色々な格好ができるのはとても楽しいです。

 

これは色々な服を買う人ならではの楽しみ。

 

そして記事を書いていて思ったのは、僕のファッションのルーツは音楽にあるということと、その好みも超雑食だということ。

 

音楽も色々聞きます。HR/HMからロック、パンク、プログレ…。

 

あれ、基本的に雑食人間なのかな。

 

未知の発見があるワクワク

僕は基本的に、服を買う時に手持ちの服との合わせやすさはほぼ考えません。

 

確かに重要ですが、それを考えちゃうと買える服が限られてきちゃうから。

 

自分の直感を大切に、この服は素敵だ!とか、格好良い!欲しい!と思った物を買う様にしています。

 

その結果、帰ってから手持ちの服と合わせるのがとても楽しみになります。

 

実際に合わせてみると、ハイブランドとヴィンテージなのに「これめっちゃ合う!意外!」みたいな発見があってとても楽しい。

 

そうすると自分の視野がどんどん広がって「ジャンルにとらわれる」って概念すら無くなっちゃうんです。

 

ファッションの系統がバラバラで困ること

色々な格好をできるので楽しいですが、困ることも少しあります。

 

お店での買い物に困る

これはつい昨日痛感したことです。

 

僕は昨日、全身ハイブランドで買い物に出掛けました。

 

着ていた服はATTACHMENT、Comme des Garcons、FACETASM…。

 

そんな格好でふらっと古着屋に入ったので、どんな服を試着してもまあ合わないこと。

 

手持ちの服との合わせやすさは考えないとは言っても、その日の服装にくらい合ってくれないと流石に買うかどうかの判断に迷います。

 

結局かなり迷って買いましたが、ファッションの系統がバラバラな人がハイブランドのお店、カジュアルなお店、古着屋…とハシゴすると、その服を買うかどうかの判断に迷うことは少し困ります。

 

たまに買い物を失敗する

た、たまーにですよ。

 

あんまりにも直感で服を買うので、たまに「これどうやって合わせるんだよ」って服を買っちゃうこともあります。

 

f:id:kota04:20151024154404j:plain

 

今年の失敗でデカかったのはこれかなぁ。

 

中古で36,000円くらいで買ったものの、年経たずの内にブランド古着屋に売っちゃいました。

 

し…失敗は成功の元って言いますからね!これもいい経験ですよね!きっと!

 

そろそろファッションの系統を定めたい

f:id:kota04:20151024160251j:plain

そんな僕ですが、最近少しずつ自分の好みというか、ブレない軸みたいなのを見つけた気がします。

 

ジャンルはバラバラだとしても、基本的にゆるい服装が好きみたいです。

 

ブランドに関しては高校3年生の頃から好きなiroquoisをもっと好きになりました。

 

最近は頭からつま先まで全身iroquoisなんてことも珍しくないくらい、大好き。

 

僕が色々なブランド、ジャンルの服を着て感じたのは「このブランドだけ!」とか「このジャンルの服しか着ない!」

 

と最初から絞ってしまうのではなく、とにかく色々な服を着てみて、その中で何となく自分の好みを把握できたら、それを基軸にファッションを楽しめばいいということです。

 

僕の軸なんて「ゆるい雰囲気の服」とかなり曖昧ですが、この軸を持ってるだけでファッションが更に楽しくなりましたよ!

 

祐真朋樹の衣裳部屋へようこそ Welcome to my closet!  Autumn-Winter

祐真朋樹の衣裳部屋へようこそ Welcome to my closet! Autumn-Winter

 

 

男の着こなし最強メソッド 服は口ほどにものを言う

男の着こなし最強メソッド 服は口ほどにものを言う

 

 

もちろん色々なアイテムの着こなし方を知っているに越したことはないので、最初から知識を身に付けておきたい方にはこういった本がおすすめです。

 

特にメンズノンノ等のスタイリングも務めている祐真さんの本を読んでおけばまず失敗しないはず!