読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

イケハヤ本「武器としての書く技術」はやっぱりブロガーのバイブルだった

ブログ論
スポンサーリンク

f:id:kota04:20160402003543j:plain

こんにちは、いわた(@iwata09_com)です。

早いものでぼくがブログを始めてから7ヶ月が経ちました。

始めた当初は「ブログなんて文字を書いて公開すればいい」と思っていました。

が、そんなに単純ではないことを痛感。

ハマればハマるほど奥が深い世界だと知りました。

 

今後もっと読まれる記事を書くためにプロブロガーのイケダハヤトさん著

「武器としての書く技術」を読んでみました。

まだブログを開設する前の人へ向けて書かれた部分の多い非常に親切な本。

もちろん8ヶ月目のぼくにとっても勉強になることばかりだったので書評を書いて残しておきます。

 

ウェブ上で読まれる文章を書くには工夫が必用

f:id:kota04:20160402005610j:plain

ぼくはこれまでがむしゃらに記事を書き続けてきました。

しかしウェブ上で読まれる文章を書くには細部にまで工夫が必用なことを再認識。

武器としての書く技術には、その具体的なノウハウがたくさん詰め込まれていました。

たとえばその具体例をひとつ挙げるとすれば以下のようなもの。

①その文書で何を伝えたいか(料理名を決める)  ②まず書きたいことを箇条書きにしてみる(材料を集めてくる)  ③どういう流れがベストか考える(手順を考えながら調理)  ④具体例などを入れながら肉づけしていく(味付け)  ⑤伝わる文章に味つけしていく(スパイス)

引用:武器としての書く技術 

タイトル決め→見出しを作る→見出しの並び替えをする→具体的な体験談を入れる→読みやすさを考慮する

といった記事を完成させるまでに必用な要素と流れがめちゃめちゃ分かりやすく解説されています。

 

多くのブロガーさんが悩むのが読みさすさを考慮するの部分だと思いますが、ここもバッチリ解説されています。

こういった部分って結構感覚的ですが、そこも明確に言語化されているのですぐに真似できちゃいます。

 

人間はどうせバカなんだから恥を恐れるな

やはり尖ったイケハヤ節は健在です。

「そんなちっぽけな悩み、くだらないですよ」と言わんばかりにブロガーが抱える悩みをズバッと斬るのが心地いい。

中でも特に印象に残ったのがこの一文でした。

最大限頭を働かせた末に紡ぎ出された言葉なら、どんなに中途半端で、未熟であれ、発信しておくべきです。バカだと思われたっていいじゃないですか。実際、そこが自分の限界なわけですし。

引用:武器としての書く技術 

 ぼくも自分の意見を自由に言える場所としてブログを作ったんだから、ガンガン意見を飛ばしていきたい。

けれどオピニオン記事を書くとなると「こんなんじゃ叩かれるんじゃないか」と怖気づくことがあるんです。

そんなぼくも上記の一文を読んで、考え過ぎていたことに気がつきました。

結局どんな人の意見も偏っているんだし、完璧なんて目指していたらいつまでも意見を発信できない。

恥にとらわれたら何もできないから書いた記事はとりあえず公開してしまう。

ぼくはこれからそんなスタンスでブログを運営していきます。

 

効率良く記事を書いてブログを続けるには

f:id:kota04:20160402005410j:plain

これには本当に驚きでしたが、イケダハヤトさんが1記事を書くのにかかる時間はなんと15分。

この「武器としての書く技術」が出版されたのは約3年前なので、今ではもっとハイペースかも。

ふとした空き時間にサクッと書けるようになれば、それだけ書くことも継続しやすくなるのです。  机を整え、お茶とお茶菓子を用意し、どっしりと腰を落ち着け「よし、今日は頑張って書くぞ!」とやってるうちは、続かないわけです。もっと気軽に、「ちょっと昼飯早く食べ終わったから、今のうちに書いておくか」「ミーティングまで空き時間が20分あるから、あの本の感想をサクッと書いておこう」という具合に、フットワーク軽く取りかかれるようになって初めて、ブログは継続します。

引用:武器としての書く技術

イケダハヤトさんは、効率良く記事を書いてブログを続けるにはスピードを上げることが大切だと書かれています。

確かに「20分空きがあるからこの時間で1記事書いちゃおう」

なんて発想で記事を書くことができるようになれば無敵ですね。

記事を書くときにはお茶を用意してどっしり腰を落ち着けるぼくとはまるで違う。

さすがに1記事20分は真似できませんが、

記事執筆における理想の形やブログとの向き合い方に関しては学ぶことが多かったです。

 

イケダハヤトさんの優しさがにじみ出た1冊

ブロガーの中ではイケダハヤトさんのスタンスに対して賛否両論が飛び交っていますが、ぼくは好きです。

この本でも尖ったイケハヤ節が満載ですが、所々にこれからブログを始める人や初心者ブロガーへの応援メッセージが。

「こうやっておけばいいんですよ」と冷たく突き放すのではなく、具体的な道を示した上で背中を押してくれます

イケハヤさんの尖ったキャラはネット上だけで、実際にお会いしたら絶対いい人なんだろうなと思いました。

読めば具体的なブログノウハウをたくさん学べる上、イケハヤさんの人柄の良さを垣間見ることができる素敵な本。

これからブログを始める方にも、既にブログを始めている方にも心からお勧めの1冊です。

これぞブロガーのバイブル。まだ読んでない方は是非読んでみてください。


【読者登録をお願いします】

 

【あわせて読みたい記事】

文字だけでは感情までを伝えられない

超ローカルな記事を書いたら近所にブロガー友達ができた話

まだ流行で消耗してるの?「服の流行に敏感だね」は悪口です