読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわタワー

服マニア学生ブロガーが洋服に関するあれこれを独特の切り口から記事にしてお届けするファッション系ブログ

失敗しない服選びをするための超シンプルで簡単な方法

ファッション
スポンサーリンク

f:id:kota04:20151209194109j:plain

 

僕は古着屋でアルバイトをしていることもあり、服に触れる機会がとても多いです。

 

たくさんの服を見ているので、仕事中に欲しいと思った服を見つけたら、営業終了後に買うこともしばしば。

 

けれど買ったもののすぐに着なくなってしまう服が多く、古着屋で働き始めてから改めて服選びの難しさを実感しています。

 

 

僕が服選びに失敗していた理由

買ってすぐに着なくなってしまう服がとにかく多いので、これはお金がもったいないと思い僕は自分の服選びの基準を考え直してみることにしました。

 

するとすぐに着なくなってしまう服を買う前には、いつも共通することを考えていたことが分かりました。

 

値段が安いからと自分を説得する

僕の働いている古着屋には、安い服では500円から売っています。

 

500円で1着買えるとなれば、少しデザインが気に入らなかったりサイズが合わなくても、「安いからいっか」と値段で自分を説得してしまいます。

 

でも、安いからと買ってもあまり気に入らない服って結局そんなに着ないんですよね。

 

タンスの肥やしになって、スペースを取るからまたその服を売りに行く。

 

これの繰り返しなので、お得な値段で買えた様で実は損をしていると気付きました。なんてアホな。

 

試着をしてからも迷っている

f:id:kota04:20151209195357j:plain

 

普通、欲しい服を見つけたらその後に試着をして、サイズが合えば迷わず買いますよね。

 

けれど、失敗した服を買った時のことを思い返してみると、大抵は試着をした後も買うか迷っていたんです。

 

この服格好良いけど、何だか自分のキャラじゃない。

 

そう思ったにも関わらず買ってしまったものは、かなりの高確率で後悔しています。

 

失敗しない服選びをするための方法

それじゃあ失敗しない服選びをするにはどうすればいいのか?

 

その方法は至って簡単で、ずばり自分の直感に従うこと、ただそれだけです。

 

服選びをする際に自分の直感に従うことだけを意識していれば、自ずと次の様なことが分かってきます。

 

好きと似合うは全くの別物と割り切る

服選びを繰り返す内に、なんとなく自分はこういう系統の服が好きだっていうのが分かってくる様になります。

 

例えば僕だったら、ゆるーい雰囲気や、何故かベージュ色の服が好きです(中学生の頃から部屋の絨毯やカーテンが全てベージュだったのが関係してたりして)。

 

そういった服が好きで、手に取るのですが試着すると似合わないなんてことも多々ありあります。

 

僕はベージュの服が好きですが、着るとなんだかおじいちゃんみたく見えちゃうんですよね。

 

これを何度も繰り返す内に気付いたのが、好きと似合うは全くの別物だということです。

 

たくさんの服を見る内に「この服は好きだけど自分のキャラには似合わない」と判断できる様になったり、好みで尚且つ自分に似合う服にも出会える様にもなります。

 

服は直感に従って選ぶべし

f:id:kota04:20151209194434j:plain

 

僕は服を買いに行くと選ぶのに割と時間が掛かっていましたが、あることを常に意識する様になってからは服選びに掛ける時間も、無駄な服を買うことも激減しました。

 

迷ったものはいらないもの

 

こう考えることで服を選ぶ時は完全に直感だけを信じる様になりました。

 

僕の経験上、少しでも迷ったら結局それはあまり欲しくない服なんです。

 

本当に欲しい服であれば、少し触っただけでもこれだ!と思えるんです。

 

その時の感覚には「ピンとくる」って例えが最も似合います。

 

そんな服には滅多に出会えませんが、それに出会った時の嬉しさは半端じゃありません。

 

なんとなくで服を選ぶスタンスを、直感に従って選ぶ様に変えてみると、それだけで服選びは何倍も楽しくなるし、自然とセンスも磨かれてお洒落になれちゃいます。

 

心から好きな服を着ていると気分が良くて、それだけで1日が楽しくなりますよ!